「スポーツ」の記事一覧

ドリブルデザイナーになり、全てを手に入れた岡部将和は「夢ノート」を書いていた

<プロサッカー選手にはなれなかったが「挫折はしていない」――。今や日本代表選手にも指導を行うドリブルデザイナーが、初めて子供に向けた「マンガ本」を出した。少年少女たちに、自分の武器を見つけ、夢をかなえてもらうために> ドリブルデザイナー、岡部将和──。 あるいはその職業も名前も、初めて耳にしたという人がいるかもしれない。しかし、サッカー界で、とりわけ将来のプロサッカー選手を夢見る子供たちとその親の間では、かなり名の知れた人物だ。 現在、YouTubeをはじめとしたSNSのフォロワーは約240万人(子...

ラピノー、吠える 全米25州でトランスジェンダーの子供のスポーツ試合出場が禁止される?

<米女子サッカーのスター選手ラピノー、スポーツ界に性同一障害の子供の受け入れを訴え> アメリカでは最近、トランスジェンダー(性同一性障害)の子供がスポーツ試合に参加することを法律で禁じる動きが目立っている。そんな中、女子サッカーのスター選手ミーガン・ラピノーは、こうした動きを非難する文章を新聞に寄稿、「差別はすべての人を傷つける」と訴えた。 寄稿が掲載されたのは28日付のワシントン・ポストで、ラピノーはトランスジェンダーの選手を差別する法律は「LBGTQ(性的少数者)への激しい政治的攻撃」の一環だと...

都市部よりも歩かない……「クルマ依存」の地方で深刻な運動不足

<自動車の保有台数が多い地方ほど、1日あたりの平均歩数は少なくなっている> コロナ禍で巣ごもり生活が続くなか、国民の運動不足が懸念されている。高齢者では、フレイル(身体の虚弱化)の進行も怖い。 政府は適度な運動の実施を呼び掛けているが、国民も危機感を抱いているようで、昨年に週1回以上運動・スポーツを実施した人の割合は59.9%と過去最高だったそうだ(スポーツ庁)。とくにウォーキングや体操などに取り組む人が増えている。 健康維持のためなら、無理をしてジョギングなどをする必要はない。ちょっと汗ばむ程度の...

アメリカは2022年北京五輪をボイコットする?

<コロナ隠蔽や人権抑圧を理由としたボイコット論に中国は「五輪の政治家だ」と反発> アメリカの社会活動家や共和党の政治家は、2022年に開催される北京冬季五輪をアメリカはボイコットするべきだと訴えている。新型コロナウイルス感染症の感染拡大初期に情報を隠したとみられる中国政府の対応や、新疆ウイグル自治区のウイグル人たちに対する弾圧がその理由だ。 アメリカが過去に五輪をボイコットしたのは、1980年のモスクワ夏季五輪の一度だけだ。バイデン政権はまだ最終的な決断を下していない。だが、ジェン・サキ大統領報道官...

無観客でも満員御礼? スキージャンプ、選手の眼下に広がるのは…

スキージャンプ選手の眼下に広がるのは観客......ではなく、段ボール製の人型。 2月23日にドイツ・オーベルストドルフでノルディックスキー世界選手権が開幕したが、今年は新型コロナウイルスの影響で無観客に。 1953年に第1回が開催されてから初めてのことだ。 スキージャンプの試合は通常なら2万人以上が集まるのだが......。 <2021年3月9日号掲載> ===== 混合団体戦ノーマルヒルで優勝したドイツ代表のハイライト。選手の眼下には無数の人型が並ぶ FIS Ski Jumping-YouTub...

タイガー・ウッズ自動車事故「ウッズはエアバッグに命を救われた」

<ゴルフ選手のタイガー・ウッズがまたもや車でトラブル。車の前面が大破する大事故で、命は助かったが両脚に重傷を負った> 1月23日の朝、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊でプロゴルファーのタイガー・ウッズ選手の運転する車が道路を外れて横転し、大破する事故が起きた。備え付けのエアバッグのおかげで命に別状はなかったが、両脚に重傷を負った。 ロサンゼルス郡のアレックス・ビジャヌエバ保安官によれば、ウッズが運転していたSUVの損傷はひどく、死亡事故になる可能性もあった。 「車の内部にはほとんど損傷がなかった。だ...

韓国、コロナ感染急増が生み出した「モンスター」地下駐車場運動族

<フィットネス大好きな韓国で、コロナ対策でジムが使えなくなった人びとの取った行動とは?> 韓国ではジム好きな人が多い。以前、韓国人の友人になぜか尋ねたところ、健康のためでもあるが、男性の場合せっかく軍隊で鍛えた筋肉なのに落ちていくのが嫌だから。という答えが返ってきて妙に納得した覚えがある。 ジムに通うのは何も若者だけではない。近所の健康センターにもジム施設があり、老若男女筋トレだけでなく、ヨガやズンバなどの教室に安価で参加できる。 また、公園にも簡単なフィットネス器具が置かれている場所があり、公園で...

選手のボートをファンが追い掛ける… 水上パレードは何のお祝い?

2月7日に米フロリダ州タンパで開催されたNFL(全米プロフットボールリーグ)の優勝決定戦スーパーボウルで、地元チームのタンパベイ・バッカニアーズが連覇を狙うカンザスシティ・チーフスを撃破。 10日の水上での祝賀パレードでは、選手らが乗るボートを多くのファンがボートで追い掛け、スーパーボウル史上初となる開催地チームの優勝を祝った。 <2021年3月2日号掲載> ===== ボート上で喜びを爆発させる選手たち NFL-YouTube...

【動画】大坂なおみに敗れたセリーナが涙ぐんで会見を退席、引退の憶測が流れる

<16歳年上のセリーナに、大坂は「コート上で対戦することが夢のよう」と敬意を表したが> 全豪オープン・女子シングルス準決勝が行われた18日、大坂なおみにストレート負けしたセリーナ・ウィリアムズが、試合後の会見で感情を抑えられず、わずか数分で涙ぐみながら退席した。 テニス4大大会の最多24勝を目指すセリーナだが、偉業の達成は今年5月に開幕する全仏オープンに持ち越された。現在39歳のセリーナは、妊娠中の2017年に全豪オープンで優勝し、4大大会の最多優勝記録23勝を更新した。しかしその後は、4大大会の2...

韓国では自治体もサポート パリ五輪から正式採用でブレイクダンスに注目

<時代に合わせてオリンピックにも次々と新しい競技が登場> 本来なら昨年、第32回オリンピック競技大会が東京にて行われるはずだった。しかし、コロナウイルスの世界的感染拡大で今年に延期された。しかしコロナの感染第3波で東京をはじめ首都圏では緊急事態宣言が再度発出されようとしており、東京五輪が無事に開催できるかどうか、世界が注目している。 一方、東京オリンピック・パラリンピックでは新たな競技が7種目も追加される点も関心を集めていた。日本で人気の高い「野球」や「空手」はもちろん、若者に人気のある「スケートボ...