「トラベル」の記事一覧

日航傘下LCCジップエア、28日就航タイ路線はバンコク発のみ旅客便 成田発は貨物便の異例の対応

日本航空傘下の格安航空会社(LCC)、ジップエア・トーキョーは19日、成田―タイ・バンコク線におけるバンコク出発のみの旅客便を就航させると発表した。28日から週5便で始める。タイから日本への帰国需要の取り込みを目指す。新型コロナウイルスの影響でタイへの旅客便飛行禁止措置が続いているため、成田出発便は当面、貨物専用便としての運航を継続する。 成田─バンコク線を巡っては、当初5月にジップエア設立後初の旅客便として就航を予定していたが、新型コロナ感染拡大の影響より延期を余儀なくされた。一方、貨物は需要が高...

米国防総省「航空機内のコロナ感染リスクは極めて低い」 ただし感染者1名で搭乗時の移動など考慮せず

米国防総省は15日、航空機内で新型コロナウイルスに感染するリスクは極めて低いとする調査報告書を発表した。コロナの打撃から立ち直ろうとする航空業界にとっては朗報になる。 調査は軍人やその家族らによる米民間航空機での移動を管轄する「トランスポーテーション・コマンド」が主導し、調査資金も拠出。それによると、機内が満席であっても、マスクをして着席した搭乗者の頭部周辺の「呼吸域」では、漂う粒子の割合は平均0.003%だった。感染者は機内に1人との想定で、搭乗者の客室内での移動は勘案していない。 実験は米ユナイ...

ドタバタ続きの「GoToトラベル」 北海道周遊して分かったコロナ禍の観光業の今

<批判も多い一方、助かっている宿泊・飲食施設も多い> 7月から始まった、政府による観光支援策「GoToトラベル」キャンペーン。鉄道事業者は補助金を活用した安価なきっぷを発売、NEXCO(高速道路)でもETC割引などで旅行需要の喚起を促している。 今年はコロナ禍により、Jリーグも少なくとも9月末までアウェイ席を設置しないこととなった(私はジェフ千葉を応援しており、例年アウェイ試合に出かける)。そこで9月に遅い夏季休暇を取得し、十分感染対策を行ったうえで旅に出ようと思い立った。一人旅なら道中で人と会話す...

GoToトラベル上限引き下げ問題、予算を柔軟追加 混乱最小限に=官房長官

加藤勝信官房長官は13日午前の会見で、Go Toトラベル事業において、予算枠の問題で旅行事業者によって割引率に差が生じたことについて、観光庁において予算の追加給付が柔軟に行われるとして、利用者や事業者の混乱を最小限に抑制し、あらためて適切に対応する必要があるとの認識を示した。 東京発着の旅行がGo Toトラベルの追加対象となったことにより制度利用者が大幅に増加し、一部旅行業者で利用が想定を大幅に上回り、割引率を引き下げる動きがみられた。 この問題については観光庁がオンライン各社に確認したところによる...

日韓が8日から往来再開 ビジネス目的の長短期滞在者

日本の外務省は6日、ビジネスを目的とした韓国との往来を8日から再開すると発表した。出張など短期滞在者、駐在など長期滞在者の両方が対象となる。 日本が往来の再開で合意したのはシンガポールやベトナム、台湾など10カ国・地域目となる。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、人の往来を制限している。 茂木敏充外相は6日の定例会見で「まずは経済交流が回復軌道に乗ることが重要」だと発言。その上で、第2次世界大戦中の徴用工問題などで冷え込んだままの日韓関係について、「外相間、外交ルートで意思疎通をしっかり続け...

ANAとJAL、10月の国内線予約回復 GoToトラベルの東京発着追加で

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は30日、政府が観光需要刺激策「GoToトラベルキャンペーン」の対象に東京発着の旅行も10月から加える方針を示して以降、同月の新規の国内線予約数が回復傾向にあることを明らかにした。 ANAでは、昨日までの7日間(9月23日ー29日)に入った新規予約数が、政府が東京発着を追加する方針を初めて示した直前の7日間(9月5日―11日)に入った予約数に比べて、10月搭乗分は3.5倍、11月搭乗分は7.6倍になっている。連休を除く土日の1日当た...

コロナ禍でダブつく航空機 中古機より中古部品に人気で解体・部品業者に商機

新型コロナウイルスの世界的大流行により航空機の運航休止が広がる中、航空機の解体や中古部品の売買を手掛ける事業が持ち直しの兆しを見せている。航空各社が航空機の引退を前倒ししているためだ。 企業幹部やアナリストの話では、航空機の解体や中古部品の保管、売買を行う企業は、運航休止中の航空機に商機を見い出している。その一方、年間30億ドル規模と推計される中古部品市場では、保守費用の軽減を図る航空会社からの需要にもかかわらず、供給の急増によって価格が下がる恐れがある。 新型コロナの大流行により航空産業は不振が続...

独ルフトハンザ、10月から搭乗客に新型コロナ抗原検査を提供へ

ドイツ航空大手ルフトハンザは10月から、旅客にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の抗原検査を提供する方針で、カナダと米国の空港に検査センターを開設する選択肢を検討している。幹部が22日、明らかにした。 世界の航空業界は各国に対し、旅客需要に打撃を与えている移動規制と隔離規則に代わる対策として、新型コロナ検査陰性という条件を受け入れるよう求めている。 航空業界は主に、研究機関で数時間かけて結果が出るPCR検査の活用を支持してきたが、国際航空運送協会(IATA)は22日、現場で実施が可能で通常...

政府、GoToトラベルに東京追加 イベントの観客人数制限も緩和へ

西村康稔経済再生相は11日、10月1日から観光支援事業「GoToトラベル」の対象に東京都を追加する方針を明らかにした。イベントを開催する際の人数制限も緩和し、経済活動の再開を徐々に拡大する。 新型コロナウイルス感染症対策分科会後に会見した西村経済再生相は「これまで踏んできたブレーキを慎重に上げていく、そういう思いで感染防止策と経済・社会活動の両立を図っていく」と語った。 GoToトラベルの東京追加は、10月1日の開始を予定しつつ、今後の感染状況を見極めて最終的に判断する。これまで除外されていた東京発...

ANA、ハワイ線を半年ぶりに再開 10月に成田=ホノルル間で2往復

ANAホールディングス傘下の全日本空輸がハワイ線を10月に再開する方針を明らかにした。 - 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月下旬から運航を取り止めていたが、ビジネス客や留学生などの利用で一定の需要が見込めると判断した。再開は約半年ぶりで、成田━ホノルル間で月2往復する。 世界各国では新型コロナ感染拡大を受けた出入国制限措置が続いており、コロナの影響で全日空の国際線は計画の約9割が運休している。今回の運航でも、旅客は入国後に2週間の待機を求められることになる。 成田出発は10月5日と19日を予...