「トランプ政権」の記事一覧

「米コロナ致死率は世界最低」と繰り返すトランプの虚言癖

<データを挙げた反論にいらだち、事実誤認を指摘されると「フェイクニュースだ」と逆ギレ> アメリカのドナルド・トランプ大統領は19日に放送された保守系メディアFOXニュースとのインタビューで、アメリカの新型コロナウイルス感染症による致死率(報告された感染者の中の死亡者の割合)は世界的に見て「最も低い」と述べた。FOXニュースの重鎮クリス・ウォレスがデータを示してアメリカの致死率は「最悪」の部類だと指摘しても、トランプは主張を変えなかった。 トランプはこの数週間、アメリカの新型コロナウイルス感染症による...

米当局、ヨーロッパからの留学生を入国制限の適用除外に

米国務省は16日、議員宛ての文書で、新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて実施した海外からの入国制限について、欧州からの留学生を適用除外にする方針を明らかにした。 同省はまた、オペア(ホームステイ先から家事手伝いの報酬を得て学ぶ留学生)や米国のビザ保持者の家族についても、一部を入国制限の適用除外にするとした。ロイターは同文書を閲覧した。 トランプ政権は入国制限の段階的な解除に動いており、今回示した方針はその一環。トランプ大統領は3月に、欧州で新型コロナ感染者が急増したのを受け、欧州の大半の国々から...

トランプ政権、全ての中国共産党員の米国渡航禁止を検討 実現すれば中国の強硬な報復は必至

トランプ米政権が全ての中国共産党員とその家族による米国への渡航禁止を検討していることが16日、関係筋の話で分かった。米中間の緊張が一段と高まる恐れがある。 関係筋によると、この問題を検討している政府高官は大統領令の草案を準備し始めた。ただ、検討はまだ初期の段階にあり、トランプ大統領にはまだ諮られていないとしている。 検討には複数の連邦機関が関与。中国共産党員の子どもが米国の大学などに在籍することを拒否するかどうかも検討されている。 この件は米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が先に報じた。 こうした...

米当局、中国共産党幹部へのビザ発給制限 香港安全法制めぐり圧力強化

ポンペオ米国務長官は26日、香港の自治制限に関与した疑いがある中国共産党幹部に対するビザ発給を制限すると発表した。 ポンペオ長官は声明で「トランプ大統領は香港の自由の抑圧に関与した中国共産党当局者に対する措置を講じると表明していた。きょう、その措置を講じる」とし、「香港の高度な自治の制限に関与した疑いのある中国共産党の現職の当局者、および元当局者に対するビザ発給を制限する」と表明した。ただ具体的に制限の対象となる人物は特定しなかった。 その上で、中国に対し香港に「高度な自治」を認める確約を順守するよ...

米、テキサスなど5州13カ所の新型コロナ検査所を閉鎖へ トランプ政権「効果的な検査への移行期」

米5州にある新型コロナウイルス検査所13カ所に対する連邦資金や支援が月末に終了するというNBCの報道を受け、トランプ政権は24日、検査所の閉鎖ではなく「移行期」と説明した。NBCによると、これらはイリノイ、ニュージャージー、コロラド、ペンシルバニア、テキサスの5州にある検査所。テキサス州などでは最近新規感染者数が急増している。ジロアー厚生次官補はNBCの報道は誤解を招くと指摘。「旧プログラムからより効率的な検査所への移行期」とし、他の選択肢への「移行に適切な時期」として5州の当局者と見解が一致してい...

米、CCTVなど中国報道機関4社を政府「組織」認定へ 規制強化

米国政府は中国政府系の報道機関少なくとも4社を新たに在外大使館・外交使節団と認定し、米国内での運営に対する規制を強化する方針だ。事情に詳しい関係筋3人が3日、明らかにした。 早ければ4日にも国務省が発表する可能性がある。トランプ米大統領は5月29日、中国政府が香港への統制を強めたことに対する報復措置を表明していた。 関係筋2人によると、最大の国営ネットワークである中国中央電視台(CCTV)と国内2位の国営通信社である中国新聞社(CNS)が含まれる見込み。 米政権は今年2月、国営新華社通信を含む中国の...

トランプ政権、ブラジルにFDAが警告した抗マラリア薬200万回分供給

米国とブラジル両政府は共同声明で、米政府がブラジルに新型コロナウイルス感染症の予防・治療薬として抗マラリア薬のヒドロキシクロロキン200万回分を送ったと発表した。 ヒドロキシクロロキンは、トランプ米大統領とブラジルのボルソナロ大統領が新型コロナ感染症の予防・治療薬として有望だと主張している。トランプ氏は5月半ば、自身が予防薬として服用していることを明らかにした。 ただ、医学的なリスクが指摘されており、米食品医薬品局(FDA)は使用について警告を発している。 世界保健機関(WHO)も安全性に関する懸念...

米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による国家安全法受け=ポンペオ国務長官

ポンペオ米国務長官は27日、中国政府が香港への統制を強化する「国家安全法」を制定する方針であることを受け、香港に対し米国内法に基づく優遇措置を認められないと議会に報告したことを明らかにした。 声明で、香港に国家安全法を導入する中国の試みは「香港の自治や自由を根本的に弱める一連の行動」の新たな動きで、「香港が中国から高度の自治を維持しているとは言えない」と指摘。 その上で、状況を慎重に検討した結果、1997年(の香港返還)以前に適用された米国内法と同じ形での優遇を引き続き香港に認めることはできないとし...

米下院、320兆円規模の新型コロナ支援法案可決 トランプ政権と共和党は反対

米下院は15日、民主党による3兆ドル規模の新型コロナウイルス対策案を賛成208、反対199の僅差で可決した。5000億ドルの州政府向け支援や家計への追加現金給付、医療従事者などに対する支払いなどを盛り込んだ。 共和党内部では、州・地方向け支援を支持する声も一部で出ているが、上院で多数派を占める同党の指導部は法案に強く反対している。トランプ大統領も、仮に上院で可決されて自身に送付されても署名しない考えを示している。 ただ、下院民主党案を土台に追加対策を巡り共和党やトランプ政権との新たな協議が始まる可能...

ホワイトハウス、トランプのいる西棟スタッフにマスク常時着用指示

米ホワイトハウスが大統領執務室などがあるウエストウイング(西棟)で勤務するスタッフに対し、自身の席に付いている時以外は常時マスクを着用するよう命じたと、政府高官が11日明らかにした。 先週、トランプ大統領の身の回りの世話をするスタッフとペンス副大統領の報道官の新型コロナ感染が明らかになったことを受け、ホワイトハウス内での感染防止に向けた措置をさらに強化する。 トランプ、ペンス両氏はともにコロナ検査を毎日受けている。トランプ大統領はマスク着用には消極的で、これまで公の場でマスクを着用していない。 ホワ...