「トランプ」の記事一覧

中国はトランプ再選を願っている

アメリカの対中感情の悪化は不変なので、バイデンが当選すれば国際社会の信用を得て対中包囲網は強化されるが、トランプ再選ならアメリカ国内の分裂が進み国際社会におけるアメリカの信用失墜が加速するので中国に有利だと中国は思っている。 トランプ再選が中国に有利という中国人の心情 他国の大統領選挙に関して中国政府や中国共産党組織がものを言える立場にはないが、少なくとも中国大陸のネット空間における「世論」から見ると、「トランプ再選の方が中国には有利に働く」という意見が圧倒的に多い。つまり圧倒的多数が「トランプ再選...

米国で約300万人を擁する主要労組、バイデン支持へ 大統領選終盤で追い風に

米主要労働組合である北米建設労組が23日、民主党のバイデン大統領候補に支持を表明する見通しであることが明らかになった。大統領選終盤での労働者数からの支持獲得は、バイデン氏にとり主要な追い風となる。 関係筋によると、再選を目指すトランプ大統領も北米建設労組からの支持獲得を目指していたが、同労組は追加の新型コロナウイルス経済対策が打ち出されなかったことに失望したという。 同労組のマクガーベイ会長は声明で「バイデン氏は過去に行ったように、米国の労働者層の期待に応えるだろう」とし、「力強く持続可能なインフラ...

「トランプの再選確率、討論会後に小幅上昇」英ブックメーカー

米大統領選に関する英ブックメーカーの予想は、22日に行われた最後の候補者討論会を受けてトランプ大統領の再選確率がわずかに上昇した。 スマーケッツの予想では民主党候補のバイデン前副大統領が勝つ確率が66%と討論会前の68%から低下した。一方トランプ氏勝利の確率は32%から34%へ上昇した。 ベットフェアでも同様の結果が示された。過去24時間で900万ポンド(1200万ドル)超の賭け金が投じられたという。 ブックメーカーの予想では10月半ば以降、両候補の差が縮小しているが、依然バイデン氏の勝利が見込まれ...

アメリカ大統領選の最終討論会、トランプとバイデンがコロナ対応めぐり激しい応酬 初回より落ち着きも

11月3日の米大統領選に向けた最後の候補者討論会がテネシー州ナッシュビルで開かれた。現在も感染拡大が続く新型コロナウイルスを巡り、民主党候補のバイデン前副大統領と共和党のトランプ大統領は極めて対照的な見解を示した。 9月の第1回討論会は、トランプ氏がバイデン氏の発言にたびたび割り込み、双方がお互いを罵倒するなど混沌としたが、今回、トランプ氏は落ち着いた議論を展開した。それでも、両候補が互いに個人攻撃する場面も見られ、トランプ氏はバイデン氏とその家族に関する立証されていない汚職疑惑を主張した。 バイデ...

アメリカ大統領選の最終討論会、トランプとバイデンがコロナ対応めぐり激しい応酬 初回より落ち着きも

11月3日の米大統領選に向けた最後の候補者討論会がテネシー州ナッシュビルで開かれた。現在も感染拡大が続く新型コロナウイルスを巡り、民主党候補のバイデン前副大統領と共和党のトランプ大統領は極めて対照的な見解を示した。 9月の第1回討論会は、トランプ氏がバイデン氏の発言にたびたび割り込み、双方がお互いを罵倒するなど混沌としたが、今回、トランプ氏は落ち着いた議論を展開した。それでも、両候補が互いに個人攻撃する場面も見られ、トランプ氏はバイデン氏とその家族に関する立証されていない汚職疑惑を主張した。 バイデ...

アメリカ大統領選、期日前投票が早くも4750万人に 最終的に有権者の65%、1億5000万人との予想

フロリダ大学のマイケル・マクドナルド教授(政治学)らが運営するサイト「米選挙プロジェクト」の集計によると、米大統領選の期日前投票者数が約4750万人となり、2016年の前回選挙の同じ時点と比べて約8倍に膨らんだ。 投票日まで12日を残し、16年の期日前投票の合計(4720万人)も上回った。 多くの州は、新型コロナウイルス流行に対応し、有権者の安全のために郵送を含めた期日前投票を拡充している。 全米の世論調査では民主党候補のバイデン前副大統領が支持率で、再選を目指すトランプ大統領をリードしているが、激...

トランプ、CBSのインタビュー動画を放映前に公開 「偏向と憎悪、無礼」と批判

米ホワイトハウスは22日、CBSテレビの報道番組「60ミニッツ」が25日に放映を予定していたトランプ大統領のインタビューの未編集動画を公開した。 インタビューは20日に行われたが、トランプ大統領がCBSのベテラン記者レスリー・ストール氏に腹を立て、収録途中で打ち切っていた。 トランプ大統領は約38分にわたるインタビュー動画をソーシャルメディア上にリンクし、「60ミニッツとCBSを代表する偏向と憎悪、無礼を見てみよ」とコメントした。 動画には、政府の新型コロナウイルス対応などを巡るトランプ大統領の回答...

「イランとロシアが米大統領選介入を試み」 米情報機関トップが緊急発表

トクリフ米国家情報長官は21日、ロシアとイランが今年の米大統領選への介入を試みたとの見解を示した。 長官は急きょ開いた記者会見で、「一部の有権者登録情報をイランとロシアが別々に入手したと確認した」と述べた。会見には米連邦捜査局(FBI)のレイ長官も同席した。 米国の有権者登録情報は大半が公開されている。ラトクリフ氏は、「イランが有権者を怖がらせ、社会的混乱をあおり、トランプ大統領にダメージを与えるためのなりすましメールを送っている」ことが米当局によって既に確認されたと続けた。 大統領選まで残り2週間...

トランプの「大罪」移民親子引き離し 545人の子どもが今も親と再会できず

<トランプが大統領選で再選されようとされまいと、米政府の手でいい加減に引き離された親子に対する非道は贖わなければならない> トランプ政権の厳しい移民政策の下、2018年に米南部のメキシコ国境地帯で親から引き離された移民の子どものうち、545人が今も親と再会できていないことが判明した。ホワイトハウスの報道官は、トランプ政権は親子を再会させようとしたが、家族が子どもたちの引き取りを拒否したと説明した。 トランプ政権は2018年、不法入国者を厳しく取り締まる「ゼロ・トレランス(寛容ゼロ)」政策を導入。メキ...

アメリカ大統領選挙、トランプは激戦州で経済回復へ支持訴え 「バイデン不況」警告

11月の米大統領選に向け、共和党のトランプ大統領は20日、激戦のペンシルベニア州で選挙集会を開き、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)と経済的打撃から回復するためには自身の再選が必要だと訴えた。 ペンシルベニア州北西部エリーの空港で開いた集会でトランプ氏は、同州で勝利を収めれば再選を果たせる可能性があると強調。民主党候補のバイデン前副大統領は州のエネルギー・製造業の雇用を破壊すると主張し、「今回の選挙は、現在進んでいる特大のトランプ・リカバリーか、バイデン不況かの選択だ」と述べた。 また...