「ナワリヌイ」の記事一覧

ロシアで「40万人デモ」が計画中 プーチン政権の重大リスクに

<服役中のナワリヌイは体調不良を訴えてハンストを実施中だが、彼を支援する大規模なデモが計画されている> 毒殺未遂事件を生き延びてロシアに帰国した反体制派指導者のアレクセイ・ナワリヌイが1月に逮捕されると、ロシア全土に抗議デモの嵐が吹き荒れた。だがこの春、それを上回る規模の抗議運動がプーチン政権にさらなる揺さぶりをかけるかもしれない。 懲役2年6カ月の判決を受けて服役中のナワリヌイは、両手の感覚が麻痺するなどの体調不良を訴え、治療を求めてハンガーストライキを行っている。彼の支援ネットワークは再び大規模...

毒殺未遂ナワリヌイが今度は刑務所で体調悪化 反政府デモ再拡大の可能性も

<ロシアに帰国後、すぐに拘束されて収監されたナワリヌイだが、刑務所内でひどい体調悪化を訴えているという> モスクワの刑務所で服役しているロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイの体調悪化が懸念されている。 プーチン大統領の不正を告発してきたナワリヌイは、昨年8月の毒殺未遂の後、ドイツでの療養を経て今年1月に帰国。過去の有罪判決の執行猶予手続きに違反したとして懲役2年6カ月の有罪判決を受け、収監された。 陣営幹部によれば、ナワリヌイは背中のひどい痛みと右足の麻痺を訴えているが、鎮痛剤を与えられただ...

【世論調査】ロシア反政府デモ、肯定派は半年で半減?

ロシア政府による抗議デモへの弾圧は、人々の意志をくじくのに成功している。 反体制派の指導者アレクセイ・ナワリヌイの釈放を求め、1月23日~2月2日に3度行われたデモでは1万1000人以上が逮捕され、デモ隊に暴力を振るう警察の動画も拡散された。 そんななか世論調査会社レバダセンターが1月29日~2月2日に行った調査では、今後の抗議行動に参加すると答えた人は15%と、昨年11月の19%から4ポイント減少。政治的抗議を肯定的にみている人も、昨年8月の47%から22%に激減している。 反政府デモの機運がしぼ...

ロシアの政権転覆が成功しない理由──ナワリヌイとエリツィンは違うから

<毒殺されかけ、ロシア帰国後に逮捕された反政府活動家ナワリヌイの釈放を求めて、何万もの市民が抗議デモを行っている。しかし、それがプーチン独裁の終焉につながる可能性は極めて低い> 厳寒のロシアで、何万もの市民が街頭に繰り出した。去る1月23日のこと、反政府派の著名活動家アレクセイ・ナワリヌイの即時釈放を求める抗議デモだった。 ナワリヌイは5カ月前、化学兵器に使われる神経剤ノビチョクで毒殺されかけ、ドイツで治療を受けていたが、1月17日に帰国した途端に逮捕された。今は首都モスクワ市内に収監されており、こ...

バイデン政権、反政府デモ弾圧のプーチンを厳しく非難

<ロシア外務省は「あからさまな国内問題への干渉」と反発> ロシアで反政府活動家アレクセイ・ナワリヌイの拘束に抗議する集会やデモが各地で起き、1日で約5000人が逮捕された問題で、アメリカ政府は1月31日、「平和的な抗議運動の参加者」への支持を表明するとともに、逮捕者の即時釈放を求めた。 アメリカのアントニー・ブリンケン国務長官はロシア政府に対し、各地で起きたナワリヌイ支持者のデモに対する厳しい締めつけや取り締まりをやめるよう求めた。 「アメリカはロシア当局が平和的な抗議運動の参加者やジャーナリストに...

ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

<ロシア全土で展開された前例のない反政府デモは「ロシアの春」につながるのか> ロシアでは1月23日、約100の都市や町で、反体制派活動家アレクセイ・ナワリヌイの暗殺未遂と身柄拘束に抗議する大規模なデモが行われた。国民がここまで反政府感情をむき出しにするのは、ロシアでは珍しい。 デモの参加者たちは凍てつく寒さや高圧的な機動隊、新型コロナウイルスの感染リスクもものともせず、政府に対する怒りの声をあげた。報道によれば、首都モスクワでは4万人が参加したほか、抗議はロシア全土に広がり、約3000人が警察に身柄...

ナワリヌイ退院後初のインタビュー映像公開 「ロシア当局が神経ガス使用」

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏が5日にロシアの著名ビデオブロガーと行った2時間以上におよぶインタビューの動画がユーチューブで公開された。 同氏の動画が公開されるのはベルリンの病院を退院してから初めて。 この中でナワリヌイ氏は、ロシアの情報機関が自身に神経ガス「ノビチョク」を使用したと信じていると表明。これは来年の議会選を控えて当局が自身を脅威だとみなしているために起きたと説明した。 同氏は「彼ら(ロシア当局)は下院選挙を控えて自らに脅威となっている大きな、大きな問題があることを理解した」と述べた...

ロシア反体制派指導者ナワリヌイ「毒殺未遂の背後にはプーチンがいる」 ロシア当局は反発 

ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は1日発行予定の独誌シュピーゲルとのインタビューで、自身に対する毒殺未遂疑惑の「背後にはプーチン大統領がいる」との見方を示し、他の可能性は考えられないと語った。 ロシア政府はナワリヌイ氏の主張に反発。ぺスコフ大統領報道官は「根拠がなく、侮辱的で受け入れられない」と述べた上で、「米中央情報局(CIA)のスペシャリストがナワリヌイ氏と連携していると断言できる」と非難した。 これに対し、ナワリヌイ氏は自身のウェブサイト上で「ぺスコフ氏を提訴する」と述べ、主張を...

ロシア反体制指導者ナワリヌイが退院「手が思い通り動かず足も震える」

先月飛行機内で体調が急変しベルリンの病院で治療を受けていたロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が退院した。同病院が23日明らかにした。 ナワリヌイ氏は一時昏睡状態となっていた。ドイツ政府は、独仏に加えスウェーデンで実施された検査で神経剤ノビチョクが使われた証拠が得られたと指摘している。 ナワリヌイ氏が入院していたシャリテ病院は声明で「治療に当たった医師団は患者の経過と現在の状態から完全な回復は可能と考えている。しかし、重度の中毒による長期的な影響を測定するにはまだ早い」と説明した。 同氏は...

ロシア反体制派指導者ナワリヌイ、空港ではなくホテルで狙われた? 宿泊先のボトルから「ノビチョク」検出

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏の関係者は17日、同氏が滞在したシベリア西部の都市トムセクのホテルの部屋にあった、中身が入っていない水のボトルから、旧ソ連が開発した神経剤「ノビチョク」が検出されたと明らかにした。当初、同氏に毒物が盛られたのは空港だとみられていたが、そうではないことを示しているという。 ナワリヌイ氏のインスタグラムに投稿された動画によると、8月20日、同氏が救急搬送されたとの報が入ってから1時間後に同氏のスタッフらがホテルの部屋を捜索。 スタッフは可能な限り全てのものを回収するよう...