「ニューヨーク」の記事一覧

米NY州、全米ライフル協会の解散求め提訴 幹部らが多額の資金流用か

ニューヨーク州のジェームズ司法長官は6日、全米ライフル協会(NRA)の幹部らが個人的な使途のために多額の資金を流用したなどとして、協会の解散を求める訴えを起こした。 NRAは米国で最も規模が大きく、影響力を持つ銃関連圧力団体で、与党・共和党の支持団体。ニューヨーク州に非営利団体として登録しているため、同州の法律が適用される。 訴訟の対象となったのはNRAと、ウェイン・ラピエール氏ら幹部4人。ラピエール氏はNRAのバイスプレジデントを務め、約30年にわたりNRAを率いてきた。 ジェームズ長官は、NRA...

NY市、コロナ隔離徹底へ検問所設置 感染急増35州からの旅行者に

米ニューヨーク市のデブラジオ市長は5日、新型コロナウイルス感染者が急増している35州から同市を訪れる旅行者の隔離義務順守を確実にするため、駅やトンネルなどに検問所を設けると発表した。 市警などは同日から、ニューヨーク市につながる橋やトンネルに検問所を設置する。6日には主要鉄道駅のペンシルバニア駅にチームを派遣し、訪問者に旅行に関する書類の提出を求める。 デブラジオ市長は、2週間の隔離が任意ではなく義務と改めて強調し、違反者に対する罰金が最大1万ドルに達する可能性があると警告した。 ニューヨーク市の保...

米南部3州でコロナ死者が最多更新 NYは隔離対象を22州に拡大

米国で新型コロナウイルス感染の再拡大に歯止めがかからない中、フロリダ、アラバマ、ノースカロライナの南部3州では14日、1日当たりの新型コロナ感染症による死者数がこれまでの最多に達した。 さらにフロリダ州での同日の新規感染者数は9000人超。前日の1万2000人、12日の1万5000人からは減少したものの、依然高水準にとどまっている。 アラバマ州の感染者も1673人増、ノースカロライナ州も1891人増となった。 また、感染が深刻なアリゾナ州でも4273人増加した。 7月に入り国内28州で1日当たりの新...

新型コロナが問うオフィスの存在意義 NYの象徴エンパイアステートビルにも変化の波

マンハッタンにそびえるエンパイアステートビルは、約90年にわたり米国の経済力の象徴だった。だが最近では、新型コロナウイルスとの困難な戦いの象徴になっている。 高さ443メートル、102階建てのアールデコ調のこの高層建築は、新型コロナウイルスの流行が深刻な状況に陥る中で、今はほとんど無人の状態だ。医療従事者など「エッセンシャル・ワーカー」に敬意を表するため、救急車の警告灯の象徴である赤と白のライトが点滅している。 都市封鎖(ロックダウン)が解除され、ニューヨーク市が経済再開の第2フェーズに入って1週間...

ニューヨーク都市圏3州、コロナ感染急増する南部8州からの訪問者に隔離義務付け

米複数州で経済再開に伴い新型コロナウイルス新規感染者数が急増する中、ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットの3州の知事は24日、ウイルス感染率が高い州から訪れる人に14日間の自主隔離を義務付けると発表した。 対象となるのは主に南部の州で、アラバマ、アーカンソー、アリゾナ、フロリダ、ノースカロライナ、サウスカロライナ、テキサス、ユタの8州。当初はワシントン州が含まれていたが、同州知事は後刻、それは誤りだったと発表した。対象は新規感染者の増加数に基づいて決定されたという。 一方、ホワイトハウスのデ...

米NY州も規制緩和「ステップ2」へ移行 4日から一部地域でレストラン営業へ

米ニューヨーク州のクオモ知事は3日、経済再開に向けた計画の第2段階で外食を認める方針を発表した。州内10地域のうち7地域で4日からレストランの営業が可能となる。 新型コロナウイルスの流行を受け停止された経済活動の再開計画では、レストランなど飲食サービス業の全面的な再開は第3段階まで予定されていないが、資金繰りの悪化で苦しむ事業を支援するため、レストランなどホスピタリティー業界や一部の議員らは外食を認めるよう働き掛けてきた。 ニューヨーク市は8日から経済再開計画の第1段階に入る予定で、今週から外食が認...

NY市、夜間外出禁止令7日まで継続 抗議デモに乗じ略奪相次ぐ

米ニューヨーク市のデブラジオ市長は2日、白人警官による黒人男性暴行死を受けた抗議デモの激化を踏まえ、前日発令した夜間外出禁止令を7日まで継続すると明らかにした。午後8時から午前5時までの外出が禁止される。デブラジオ市長とニューヨーク州のクオモ知事は前日、ニューヨーク市で1943年以来初めてとなる夜間外出禁止令を出し、午後11時以降の外出を禁止した。しかし、市内ではデモ参加者の一部が暴徒化し、略奪などが相次ぎ、百貨店メーシーズの旗艦店などが被害を受けた。ニューヨーク市警によると、1日夜から2日朝にかけ...

NY州知事ら、抗議デモが新型コロナ感染拡大につながる可能性を警告

米ニューヨーク(NY)州知事を含む政府当局者と公衆衛生専門家は、黒人暴行死事件に端を発する大規模な抗議活動や警察官の大量動員が新型コロナウイルスの感染拡大をさらに進める可能性があると警告した。 全米各都市に広がっている抗議活動では数百人、数千人の人々が集まっている。米国はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の拡大を食い止めるためのロックダウン(都市封鎖)の解除を進めている。 NY州のクオモ知事は1日、「過去数日における夜間の大規模な集まりがCOVID-19の拡大を進行させる可能性がある」と述...

NY州、新規入院者数がロックダウン前水準下回る クオモ知事「峠超えたが経済再開は加速できず」

米ニューヨーク州のクオモ知事は21日、新型コロナウイルス感染による州内の一日の新規入院者数が3月のロックダウン(都市封鎖)以前の水準を下回ったと明らかにした。 20日の過去3日平均の新規入院者数は246人で、前日の295人から減少し、3月20日時点から約半分に減少した。 クオモ知事は「峠を越えた」と述べたものの、州経済再開を加速するつもりはないとし、「安全にできるまでは再開できない」と述べた。州内では10地域のうち7地域で行動規制が緩和されているが、新型コロナによる死者が2万人以上に上るニューヨーク...

アメリカ、コロナ拡大阻止で受刑者を釈放。わざと感染しようとする者も?

<アメリカ国内各所の刑務所内では、感染拡大を阻止するため3月から釈放措置が取られているが、わざと感染しようとするかのような行動も見られた...> COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染が拡大する一方のアメリカでは、一般市民生活に加え、警察署、老人ホームや介護施設、刑務所、ホームレスシェルターなど、閉ざされた空間でのクラスター問題も深刻となっている。 特に刑務所やホームレスシェルターは衛生環境があまり良くない密室空間に大人数が密集するため、感染者数は増える一方だ。国内各所の刑務所内では、感...