「パンデミック」の記事一覧

新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

<ロックダウンをせずに独自の感染対策を貫くスウェーデンでは、死者の9割を占める高齢者に対する行動制限も緩和しようとしている> スウェーデンは新型コロナウイルス対策としてロックダウン(都市封鎖)を実施せず、独自の方針を貫いてきた。若者を含む人口の大半には「密を避ける」程度の感染防止策ですませる一方、死亡リスクの高い70歳以上の高齢者に対しては他人との接触を避けることを求めてきた。今度は、高齢者に対しても感染防止のための制限を緩和する考えだ。 世界的に論争の的になっているスウェーデンの反ロックダウン戦略...

欧州のコロナ第2波、スペインなどで制限強化 仏大統領夫人ミシェルは隔離

欧州で新型コロナウイルス感染第2波の勢いが衰える様子を見せていない。多くの国で1日当たりの新規感染者がこれまでの最多を記録し、感染封じ込めに向けた制限措置を強化する動きが相次いでいる。累計の感染者数が100万人に迫っているスペインでは19日、複数の自治州で制限措置が強化された。保険当局によると、感染者数は今週末に約3万8000人増加。カタルーニャ州では、24時間営業のビジネスに対し午後10時から午前7時までの閉店が命じられた。同州では先週、レストランとバーの営業が15日間停止されたばかり。北部カステ...

インド、人口13億人の半数がコロナ感染も 来年2月までに

インド政府の専門委員会は19日、来年2月までに同国の人口13億人の少なくとも半数が新型コロナウイルスに感染する公算が大きいとの見通しを示した。インドの新型コロナ感染者数は現時点で累計755万人と、米国に次いで世界で2番目に多い。ロイターの集計によると、新規感染者数は9月半ばにピークに達した後、鈍化傾向にあるものの、1日当たりの感染者数は依然6万1000人超に上る。委員会を構成する専門家はロイターに対し「現時点で人口の約30%がコロナに感染し、2月までに最大50%が感染すると試算する」と述べた。政府の...

世界の新型コロナ新規感染1日あたり40万人突破 過去最多、欧州の感染第2波が急増

世界での新型コロナウイルスの新たな感染者が16日、初めて40万人超に達し、1日当たりの新規感染者数として過去最多を記録した。感染の第1波抑制に成功した欧州でここ数週間に再び感染者が急増しており、多くの国で新たな規制が導入されている。 欧州地域全体での1日当たりの新規感染者はインド、ブラジル、米国の合計よりも多く、過去1週間では平均14万人だった。 ロイターの分析によると、世界で報告された感染者のうち34%が欧州で確認されている。 同地域では現在、約9日間に100万人のペースで新規感染者が報告されてお...

集団免疫は人口の60%ではなく47%で獲得できる?──米研究

<「人が均一に交わる」ことを前提とした従来の数理モデルと異なり、「人々が親しい人とのみ交流する」ことを前提に集団免疫の獲得に必要な感染レベルを算出> アメリカは人口の約47%が感染した段階で、新型コロナウイルスの集団免疫を獲得する可能性がある──米医療保険会社ユナイテッドヘルス・グループ(ミネソタ州)の研究部門のチームが、このような推定を発表した。 研究者たちはプレプリント(ほかの研究者による査読が済んでいない段階の)の研究報告の中で、アメリカが同ウイルスのパンデミック(世界的大流行)を切り抜けるの...

中南米でコロナ禍の貧困が拡大 破れる中産階級の夢

新型コロナウイルスがチリに襲来したことで、47歳のベビーシッター、ロレナ・ロドリゲスさんは突然、仕事を失ってしまった。彼女は現金を確保するため、泣く泣く、何十年も大切にしてきた宝石類を質に入れることにした。 ラテンアメリカ諸国の半数以上の住民と同じように、ロドリゲスさんも非公式(インフォーマル)労働者であり、沿岸部の都市バルパライソの富裕な地域で[顧客の]2人の子どもの世話をしていた。夫と合わせて家計所得は月70万ペソ(約9万5000円)で、さして不満のない生活を送っていた。 だが3月になると、ロド...

インド、新型コロナ感染700万人突破 ヒンドゥー教の祝祭控え懸念高まる

インド保健省によると、11日に新型コロナウイルスの類型感染者数が700万人を突破した。南部の感染増が西部の減少を相殺した。 過去24時間に確認された感染者数は7万4383人、死者は918人で、累計は10万8334人となった。 政府統計に基づくロイターの算出によると、インドの感染者数は過去13日間で100万人増加し、累計感染者数が800万人に迫っている米国に次いで世界で2番目の多さとなっている。 初期対応で称賛された南部ケララ州で10日に確認された感染者数は、1万1755人と国内最多。隣接するカルナタ...

欧州、8日のコロナ新規感染が過去最多10万人突破 英・ロシアなどで急増

欧州の新型コロナウイルス新規感染者数が8日、初めて10万人を突破した。ロシアや英国では今週に入って感染者の急増が続いている。 感染が最も増えているのは英国、ロシア、スペイン、フランスで、過去3日間にそれぞれ少なくとも1万人を超える感染者が確認された。 ロシアは9日、新たな感染者が最多の1万2126人を記録した。当局は国民に今週末の外出自粛を呼び掛けているが、ロックダウン(都市封鎖)はされておらず、新たに実施する計画もないという。ただ報道によると、首都モスクワはバーやナイトクラブの閉鎖を検討している。...

世界のコロナ新規感染、8日は過去最多の33.8万人増 欧州中心に拡大=WHO

世界保健機関(WHO)は8日、世界の新型コロナウイルス感染者が過去24時間に33万8779人増加したと発表した。欧州での感染が再拡大する中、1日当たりの感染者数はこれまでの最多となった。 欧州の新規感染者は9万6996人と、同地域の過去最多を記録。とりわけ英国では1万7000人超、フランスでも2日連続で1万8000人超と、急増している。 国別ではインドの新規感染者数が7万8500人強、ブラジルが約4万2000人、米国が約3万9000人だった。 インドの1日当たりの感染者数は世界最多となっているものの...

コロナ禍で来年末までに世界の1.4%が極貧となる可能性=世界銀行

世界銀行は7日、隔年リポート「貧困と繁栄の共有」を発表し、新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)により、2021年末までに1億5000万人が極度の貧困に陥る可能性があるとの見解を示した。そうなれば、過去3年以上にわたる貧困撲滅努力が無に帰すことになる。 リポートは、今年中に1日の生活費が1.90ドルを下回る極貧人口が8800万─1億1500万人増加すると推定。2021年には、その人口はさらに1億1100万から1億5000万人に膨れ上がる可能性があるとしている。 予想の通りになれば、今年極貧状...