「パンデミック」の記事一覧

インド、新型コロナ感染700万人突破 ヒンドゥー教の祝祭控え懸念高まる

インド保健省によると、11日に新型コロナウイルスの類型感染者数が700万人を突破した。南部の感染増が西部の減少を相殺した。 過去24時間に確認された感染者数は7万4383人、死者は918人で、累計は10万8334人となった。 政府統計に基づくロイターの算出によると、インドの感染者数は過去13日間で100万人増加し、累計感染者数が800万人に迫っている米国に次いで世界で2番目の多さとなっている。 初期対応で称賛された南部ケララ州で10日に確認された感染者数は、1万1755人と国内最多。隣接するカルナタ...

欧州、8日のコロナ新規感染が過去最多10万人突破 英・ロシアなどで急増

欧州の新型コロナウイルス新規感染者数が8日、初めて10万人を突破した。ロシアや英国では今週に入って感染者の急増が続いている。 感染が最も増えているのは英国、ロシア、スペイン、フランスで、過去3日間にそれぞれ少なくとも1万人を超える感染者が確認された。 ロシアは9日、新たな感染者が最多の1万2126人を記録した。当局は国民に今週末の外出自粛を呼び掛けているが、ロックダウン(都市封鎖)はされておらず、新たに実施する計画もないという。ただ報道によると、首都モスクワはバーやナイトクラブの閉鎖を検討している。...

世界のコロナ新規感染、8日は過去最多の33.8万人増 欧州中心に拡大=WHO

世界保健機関(WHO)は8日、世界の新型コロナウイルス感染者が過去24時間に33万8779人増加したと発表した。欧州での感染が再拡大する中、1日当たりの感染者数はこれまでの最多となった。 欧州の新規感染者は9万6996人と、同地域の過去最多を記録。とりわけ英国では1万7000人超、フランスでも2日連続で1万8000人超と、急増している。 国別ではインドの新規感染者数が7万8500人強、ブラジルが約4万2000人、米国が約3万9000人だった。 インドの1日当たりの感染者数は世界最多となっているものの...

コロナ禍で来年末までに世界の1.4%が極貧となる可能性=世界銀行

世界銀行は7日、隔年リポート「貧困と繁栄の共有」を発表し、新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)により、2021年末までに1億5000万人が極度の貧困に陥る可能性があるとの見解を示した。そうなれば、過去3年以上にわたる貧困撲滅努力が無に帰すことになる。 リポートは、今年中に1日の生活費が1.90ドルを下回る極貧人口が8800万─1億1500万人増加すると推定。2021年には、その人口はさらに1億1100万から1億5000万人に膨れ上がる可能性があるとしている。 予想の通りになれば、今年極貧状...

イラン、新型コロナ感染・死者数が記録的水準 テヘランの学校・図書館・モスクを閉鎖

イラン保健省は5日、同国の新型コロナウイルス感染者数と死者数が記録的高水準に達しており、ほぼ全土が最大警戒レベルの「赤」の状態にあると明らかにした。対策チームのメンバーの1人は、国民が規則を軽視すれば野外病院が必要になる可能性があると警告した。 保険証のラリ報道官は国営テレビに対し、警戒レベルは31州中26州が最も警戒すべき「赤」、4州が2番目の「オレンジ」だと述べた 報道官によると、過去24時間に確認された新規感染者数は過去最大の3902人、累計では47万5674人。 過去24時間に確認された死者...

マクナニー米大統領報道官もコロナ感染、ホワイトハウス職員複数が陽性と報道

米ホワイトハウスのマクナニー大統領報道官は5日、新型コロナウイルス検査で陽性が判明したことを明らかにした。症状はないものの、すぐに隔離措置を取るという。複数の米メディアはホワイトハウス職員の間で相次いで感染が確認されたと報じている。 マクナニー報道官は「1日の記者会見前にトランプ大統領側近のホープ・ヒックス氏がコロナ検査で陽性となったことは知らなかった」と説明した。また、ホワイトハウス医師団は、報道陣を「濃厚接触者」とは見なしていないという。 ABCニュース、CNN、ブルームバーグニュースは、ホワイ...

WHO「10人に1人がすでにコロナ感染か、厳しい時期に突入」

世界保健機関(WHO)の緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は5日、世界人口の10人に1人がこれまでに新型コロナウイルスに感染した可能性があり、残りの90%の人が依然感染リスクにさらされているとの認識を示した。ライアン氏は、こうした試算は国ごと、さらに都市部と地方など地域ごとに異なるとしつつも、「世界は厳しい時期に差し掛かりつつある。コロナウイルスの拡大は続いている」と述べた。さらに、東南アジアの一部で流行が拡大しているほか、欧州の一部や地中海東部では感染者および死者が増加傾向にあると警鐘を鳴ら...

インド、新型コロナ死者10万人突破 冬に向け感染さらに拡大も

インドで3日、新型コロナウイルス感染症による死者が10万人を超えた。死者数は米国、ブラジルに次ぐ世界3位となり、収束の兆しはみえない。 インド保健省によると、死者数は10万0842人。感染者数は7万9476人増えて647万人となった。インドは、1日あたりの新規感染者数が世界で最も多い。 モディ政権は、3月下旬に感染防止のための厳しいロックダウン(都市封鎖)を導入。経済が大きな打撃を受けたため、経済再開に舵を切った。 専門家からは、これから冬を迎え、来月にはヒンズー教の祭事が予定されていることから、感...

トランプ、新型コロナに感染 側近の陽性反応受け検査、メラニアも

トランプ米大統領が新型コロナウイルスの検査を受け、陽性が確認された。自身のツイッターで明らかにしたもので、「自主隔離と回復のプロセスを直ちに開始する」としている。 自身の側近ホープ・ヒックスが新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたことを受けて検査を受けたもので、ともに検査を受けた夫人のメラニアも陽性だった。 側近のヒックスは他の側近とともに、トランプ氏が大統領専用機で移動する際に同乗することがよくあり、オハイオ州クリーブランドで9月29日に開かれた米大統領選の候補者討論会や30日にミネソタ州で開催...

異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった? 研究結果

<集中豪雨や異常低温が、第一次世界大戦中、欧州の死亡率は3倍に上昇させ、スペイン風邪の世界的流行の誘因となった可能性があることが明らかとなった......> 1914年から1919年にわたる欧州での異常気象が、第一次世界大戦の犠牲者の増加やスペイン風邪の世界的流行の誘因となった可能性があることが明らかとなった。 米ハーバード大学の気候科学者アレクサンダー・モア博士らの研究チームは、アルプスのコエッツリッツ氷河で採取した72メートルの氷床コアから気候史を分析し、2020年9月15日、その研究成果をアメ...