「フェイクニュース」の記事一覧

ロシア、ファイザー製ワクチンで「多数の死者」との偽情報の拡散を画策か

<欧州のインフルエンサーたちに届いた偽情報拡散の依頼。多額の報酬を提示した注文主は何者だったのか> 「米ファイザー製の新型コロナワクチンを接種して多数の死者が出た」との偽情報を発信し、同ワクチンの信用を落としてほしい──フランスやドイツの人気ユーチューバーに、そんな依頼が舞い込んだ。 注文主は「ファジー」と名乗るロンドンの広告代理店。依頼メールで注文主は、莫大な報酬を提示しつつ「ファイザー製ワクチンは健康に悪いのに、一部の国の政府が積極的に購入しているのはなぜか」と問い掛けるよう下手な英語で指示。信...

米ワクチンを潰すため、西側インフルエンサーを買収していたロシア

<ロシアと関係するとみられる代理店が、「ファイザー製ワクチンは危ない」とするニセ情報の拡散を依頼していた> 米動画投稿サイト「ユーチューブ」で、情報を発信しているフランスとドイツのインフルエンサー数名が、ロシアと関係があるらしいPR代理店から奇妙な取引をもちかけられたことを明かした。金と引き換えに、米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの信用を落とすために、ワクチン接種で死者が何百人も出たという偽の情報をフォロワーに伝えるよう頼まれたという。 複数のユーチューバーがこの代理店からのメールのスクリーンショットをネット上に投稿した。その画像によれば、依頼したPR代理店はファジー(Fazze)と名乗る、ロンドンを拠点とする「インフルエンサー・マーケティング・プラットフォーム」らしい。 ガーディアン紙によると、ファジーは先日、健康と科学をテーマに動画を配信しているフランスのユーチューバー数名に接触し、「ファイザー製ワクチンを接種した人の死亡率は、アストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた人よりほぼ3倍多い、と説明してほしい」と頼んだ。 ユーチューブやインスタグラムやTikTokにニセ情報を掲載する際、情報を裏付けるデータが含まれたレポートへのリンクを張ることも条件だった。リンク先は仏ルモンド紙の記事やソーシャルニュースサイトのレディット、エシカル・ハッカーのウェブサイトに投稿されたレポートなどだった。 標的はファイザー リンク先のルモンド紙の記事の内容は、欧州医薬品庁(EMA)からロシアのハッカーによって盗まれたと言われるファイザー製ワクチンのデータに関するもの。他のリンク先のレポートは削除されたと、ガーディアン紙は報じている。 ファジーはインフルエンサーらに「一部の政府が国民の健康に害を与えるファイザー製ワクチンを積極的に購入しているのはなぜなのか」をフォロワーに尋ねてほしいと、下手な英語で依頼していた。 ガーディアン紙とフランスのニュースサイト、ヌメラマ(Numeram)の調査レポートによると、ファジーは、インフルエンサーらに「この話題に関心があり、熱心に追及したいという態度を示す」よう求め、投稿記事や動画のなかで「広告」や「スポンサー」という言葉を使用しないことも要求していた。 チャンネル登録者数120万人を誇るフランスのサイエンス系ユーチューバー、レオ・グラセットは、代理店からの電子メールをスクリーンショットにしてツィッターでさらした。 C'est étrange. J'ai reçu une proposition de partenariat qui consiste à déglinguer le vaccin Pfizer en vidéo. Budget colossal, client qui veut rester incognito et il faut cacher la sponso.Éthique/20. Si vous voyez des vidéos là dessus vous saurez que c'est une opé, du coup. pic.twitter.com/sl3ur9QuSu— Léo Grasset (@dirtybiology) May 24, 2021 「奇妙な話だ。私は動画でファイザー製ワクチンを攻撃するというパートナーシップ提案を受けた。報酬は莫大で、クライアントは正体を明かさず、資金提供のことも秘密にしろ、ということだ」と、グラッセットは24日にツイートした。 ===== 同様に、チャンネル登録者数150万人のドイツのユーチューバー兼ポッドキャスターのミルコ・ドロチュマンも、ファイザー製ワクチン関連の死者に関する「情報キャンペーン」への参加を求める電子メールのスクリーンショットを投稿した。 「興味深い。代理店から『情報キャンペーン』に加わらないかと打診された。リークされたというコロナワクチン接種による死亡に関する文書へのリンクを共有してほしいという話だ」と、 ドロチュマンはツイートした。 Sehr interessant: Eine Agentur meldet sich und fragt, ob ich Teil einer „Informationskampagne" sein will. Es geht darum, einen Link zu angeblich geleakten Dokumenten zu Todesfällen bei Corona-Impfungen zu teilen. Gegen Geld. Sitz der Agentur: London. Wohnort des CEO: Moskau. pic.twitter.com/5x0Wqx79oZ— Mirko Drotschmann (@MrWissen2Go) May 18, 2021 ファジーの住所は、ロンドンのパーシー街5番地となっているが、そこに同社は登録されていない。そのかわり、同社の経営陣はモスクワ出身者でロシアの起業家との関係があることが判明した、とガーディアン紙は報じている。 ファジーのサイトは25日の時点でアクセスできなくなり、本誌は接触できなかった。 ロシアの仕業と思われるコロナワクチン関連のニセ情報活動は、今に始まったことではない。今年4月に発表された欧州連合(EU)の機関の報告書によれば、ロシアは政府省庁や企業やロシア寄りのメディアを使って、「西側諸国とEUはロシアが開発したコロナワクチン、スプートニクVに対する破壊活動を試みている」というニセ情報を拡散する大がかりな活動を開始した。 多岐にわたるニセ情報活動 米国務省は3月、ロシア諜報機関の指示でファイザーとモデルナが製造するコロナワクチンに関するニセ情報を拡散する3つの情報配信サイトを特定した。 ロイター通信によると、これらのサイトは「ファイザーとモデルナのワクチンだけでなく、国際機関や軍事紛争、抗議行動、そして国民を分裂させる問題など、さまざまな種類のニセ情報を拡散した」と、国務省の広報官は語った。 「国務省は引き続きロシアの悪質なオンライン活動を暴き出す」と、広報官は付け加えた。「そして、引き続き同盟国やパートナーと緊密に協力し、世界中のニセ情報に対応していく」

「ビル・ゲイツが太陽光を遮って人口を減らそうとしている」は本当か?

<もちろんそんなことはゲイツにも不可能だが、デマのもとになった研究は実在する。それは成層圏に塵を散布して気温を下げることを目標とするものだ> マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツが陰謀論の標的になるのは今に始まったことではない。経営の一線から退いた今は慈善活動に注力するゲイツだが、彼自身も彼が支援するプロジェクトの関係者も荒唐無稽なデマや中傷に悩まされてきた。 このところネット上で騒がれているプロジェクトは、ハーバード大学の研究チームが進めている「成層圏制御摂動実験」(SCoPEx)だ。 これは太...

1月20日、トランプは「自分の大統領就任式」に出る?

<ネット上ではトランプ支持者がトランプの「2度目の就任式」を呼び掛け、すでに6万人が参加を表明している> ドナルド・トランプ大統領支持者が、来年の1月20日にトランプの「大統領就任式」を企画している。そして、同日に行われるジョー・バイデン次期大統領の就任式のかわりに、このイベントに出席するよう呼び掛けている。 「ドナルド・J・トランプ2度目の就任式」と称するフェイスブックのオンラインイベントには、32万7000件を超える回答があり、うち6万人が参加を予定している。説明書きによると、同イベントはトラン...

代表的な英語の陰謀論サイト、暴走は続くがエンゲージメントは下降気味

<「ファクトチェック・ニュース」という名前のサイトまである、コロナ禍と米大統領選のデマを載せた135のサイト。その大半ではユーザー離れが起きているが、政治サイトのいくつかは......> 大きなデマを発信したら、ついでに別の大きなデマも流してしまえということだろうか。ネット上の情報の信頼性を評価するニューズガード(筆者はそのスタッフ)が、今回の米大統領選について重大な偽情報を掲載していると判定した135件のサイトのうち、63%に当たる85件は新型コロナウイルスに関するデマも発信していた。 懸念すべき...

デマ情報の「スーパースプレッダー」を放置するフェイスブック

<53件の問題投稿のうち、同社が誤りと認定していたのは3件のみ。米大統領選に関する誤情報の発信源をフェイスブックが放置している実態が明らかに> SNS各社がデマ情報の拡散防止策を掲げるなか、フェイスブックが米大統領選に関する誤情報の発信源を放置している実態が浮き彫りになった。メディア報道の信頼性を評価するニュースガードは、デマ情報を発信・拡散する「スーパースプレッダー」となっているフェイスブックの40のアカウントを特定。計2290万人のフォロワーに届いたとみられる53件の問題投稿のうち、同社のファク...

ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデンの動画を加工か

米ツイッターは16日、トランプ大統領が投稿した民主党のジョー・バイデン大統領候補に関する動画に「操作されたメディア」ラベルを表示した。 ラベルが表示されたのは、バイデン氏がラップグループ「N.W.A」の「ファック・ザ・ポリス」の曲を流したとする様子が写っている動画で、「一体これは何なんだ?」というコメントが付けられている。2回にわたり投稿された 実際には、バイデン氏がヒスパニック系米国人の文化遺産イベントに参加し、歌手ルイス・フォンシの「デスパシート」の曲を流していた場面とみられる。 ツイッターによ...

ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデンの動画を加工か

米ツイッターは16日、トランプ大統領が投稿した民主党のジョー・バイデン大統領候補に関する動画に「操作されたメディア」ラベルを表示した。 ラベルが表示されたのは、バイデン氏がラップグループ「N.W.A」の「ファック・ザ・ポリス」の曲を流したとする様子が写っている動画で、「一体これは何なんだ?」というコメントが付けられている。2回にわたり投稿された 実際には、バイデン氏がヒスパニック系米国人の文化遺産イベントに参加し、歌手ルイス・フォンシの「デスパシート」の曲を流していた場面とみられる。 ツイッターによ...

西側メディアを装うロシアのプロパガンダ戦略 旧ソ連時代の手口が復活か

フリーランスで働く英国在住の記者、ローラ・ウォルターズさんは6月、非営利メディア「ピース・データ」の編集担当者らに、中国がニュージーランドに及ぼす政治的影響について1000語の記事を送った。帰ってきた反応には熱がこもっていた。 「あなたの記事に深く感謝を申し上げます。中国(あるいはロシア)のような全体主義国家は世界中で、最も強力な民主主義国家に対してさえ何とか方法を見つけて干渉しようとしている。信じ難いことですね」。ロイターが閲覧したこの電子メールは、コミュニケーション・マネジャーのアリス・シュルツ...

ロシア、独立メディア装い米英にフェイクニュース流し選挙工作か Facebookがアカウント停止

米フェイスブックは1日、ロシアが独立メディアを装って米国と英国の左寄りの有権者に影響を及ぼそうとしていたと明らかにした。フェイスブックによると、「ピース・データ(Peace Data)」という報道機関を模倣する団体が、フリーランスのジャーナリストを起用し国内政治に関する記事を執筆させるなどして、11月3日の米大統領選挙に向け米国の政治や人種問題を巡る緊張の高まりをターゲットにしていた。ピース・データはフェイスブックで13のアカウントを保有し、2つのページを運営。フェイスブックは偽の情報を利用したなど...