「ブラジル」の記事一覧

ブラジル、29日のコロナ感染6.9万人・死者1595人 ともに過去最多

ブラジル保健当局は29日、同国の新型コロナウイルスの新規感染者が6万9074人(訂正)と1日当たりで過去最多となり、累計で250万人を突破したと明らかにした。 1日の死者は1595人と、これまでの最多を更新した。累計の死者は9万0134人。 *発表者側の訂正により、新規感染者の数を7万0074人から6万9074人に訂正します。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【関連記事】 ・コロナ危機で、日本企業の意外な「打たれ強さ」が見えてき...

ブラジル大統領ボルソナロ「コロナ規制は経済殺す」 自ら感染しても再び持論展開

ブラジルのボルソナロ大統領は18日、新型コロナウイルス感染拡大抑制のために実施されたロックダウン(都市封鎖)はブラジル経済を「窒息させており、殺しつつある」と述べた。 大統領は、一部自治体で実施された規制に言及し「賃金と仕事がなければ人は死ぬ。封鎖は殺す」と主張。一部の政治家は外出禁止令により、経済が窒息させられたと述べた。 ブラジル経済は今年、新型コロナ流行により6.4%のマイナス成長になると予想されている。 7日に感染が確認された大統領は、ブラジリアの官邸の敷地内で、マスクを着用し、数メートルの...

ブラジル、経済活動再開で感染速度5倍へ 首都ブラジリアがホットスポット

ブラジルの首都ブラジリア一帯の中で最も貧しく、人口の多いセイランディア市で先日、80歳の老婦人が路上で倒れ、病院に搬送、人工呼吸器を付けられた。近所の人たちが地元メディアに語った。 だがこれは、単なる新型コロナウイルスの感染症事例ではなかった。女性はマリア・アパレシア・フェレイラさん。ボルソナロ大統領夫人の祖母だったからだ。マリアさんは秩序なく広がるほこりっぽいセイランディアで育った。ここが今、新型コロナのホットスポット(大流行地)になっているのだ。 公衆衛生専門家によると、ブラジリアは今年3月、新...

ブラジル大統領ボルソナロ、2度目のコロナ検査も陽性

ブラジルのボルソナロ大統領は15日、新型コロナウイルス感染の再検査でも陽性だったと記者団に明らかにした。 大統領の感染は7日に判明、その後体調は良好とし、今週の検査で陰性なら通常の公務を再開すると発言していた。 ブラジルの感染は米国を除いて世界最悪となっているが、大統領は「ちょっとした風邪」として 感染拡大を軽視。死者が7万4000人を超え、感染者が200万人に迫っている現状でも、自分は健康体なので感染しても重症にはならないと主張している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイ...

ブラジル、大統領感染もコロナ制限は大幅緩和 マリンスポーツ解禁で海上は「密」に

紺碧に広がる海に無数のボートが浮かぶのは、ブラジル南東部リオデジャネイロのボタファゴ湾。 アメリカに次いで新型コロナウイルス感染が急拡大するなか、リオデジャネイロ市は制限の大幅緩和を断行し、マリンスポーツなどを解禁した。 海上で「密」になるボートの群れに、コロナを軽視し続けながらついに感染したボルソナロ大統領──ブラジルの不安な光景は果てしなく続く。 <2020年7月21日号掲載> 【関連記事】新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領 【話題の記事】 ・ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰も...

ブラジルのボルソナロ、新型コロナに感染 リスクなお軽視

[サンパウロ/ブラジリア 7日 ロイター] - ブラジルのボルソナロ大統領は7日、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たと明らかにした。発熱の症状があるものの、健康状態は良好という。同国では新型コロナ感染者が160万人超、死者が6万6000人超に達しているが、ボルソナロ大統領は新型コロナの脅威を軽視し、専門家の提言を否定していた。ボルソナロ大統領はこの日の会見でも、健康リスクを重要視しない姿勢を示し、「検査を受けていなければ、分からなかっただろうが、陽性だった」と語った。その上で、「5日に具合が悪く...

中南米、新型コロナ死者10万人突破 10月までに約39万人に増加=米研究所

米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)は24日、中南米地域の新型コロナウイルス感染による死者数が10月までに38万8300人に急増するとの見通しを示した。ブラジルとメキシコが3分の2を占める見込みという。 同地域では感染が急拡大しており、今週、死者が10万人を突破した。 IHMEによると、死者はブラジルで16万6000人、メキシコで8万8000人を超える見通し。 アルゼンチン、チリ、コロンビア、エクアドル、グアテマラ、ペルーの予想死者数は、それぞれ1万人超。パラグアイ、ウルグアイ、ベリーズを...

中南米の新型コロナ拡大、死者10万人突破 メキシコとブラジルが深刻

ロイターの集計によると、中南米の新型コロナウイルス感染症による死者が23日、10万人を超えた。欧州や一部のアジア諸国では流行が下火になっているが、中南米では感染が急拡大しており、収束の兆しは見えない。 ブラジルで新たに確認された死者は1374人、新規感染者は3万9436人に上った。死者の累計は5万2000人、感染者は110万人を超えている。累計死者数が5万人を超えている国は、現時点で米国とブラジルのみだ。 メキシコ保健省によると、23日の同国の新規感染者は6288人で、793人の死亡が確認された。1...

ブラジル裁判所、ボルソナロ大統領に公共の場でのマスク着用を命令

ブラジルの連邦裁判所は23日、ボルソナロ大統領に対し、公共の場でのマスク着用を命じた。同国は新型コロナウイルス感染者数が米国に次いで世界で2番目に多いが、大統領はマスクを着用せず政治集会に出席するなどしていた。 裁判所は、大統領が連邦直轄区による感染抑制策に違反し続けた場合、1日2000レアル(387ドル)の罰金が発生するとした。 司法当局は、この決定の撤回方法を模索中としている。 23日に確認された新型コロナによる死者は1374人、過去24時間の感染者数は3万9436人。 累計では、死者数が5万2...

一部の国で新型コロナ感染拡大 WHO「中南米の流行を懸念」

世界保健機関(WHO)は22日、一部の国々で新型コロナウイルスの感染が拡大しており、特にブラジルなど中南米地域での流行が懸念されると表明した。 テドロス事務局長は一日の新規感染者数が21日に約18万3000人と過去最高を更新したと明らかにした。 WHOで緊急事態対応を担当するライアン氏は「人口の多い一部の国々で流行が同時に拡大しているため、感染者が増えている」と指摘。インドなどで見られるコロナ検査の拡充が感染者の増加につながっているとも考えられるが、それだけでは説明できないと述べた。 ロイターの集計...