「ブラジル」の記事一覧

ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

<ブラジルが無策に転じたのは、コロナ対策会議で「高齢者が最もリスクが高い」と報告したとき。ある高官が「年金の赤字が減って結構」と言ったという> ブラジルの保健当局は当初、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために迅速に手を打ったのだが、報道によれば、ジャイル・ボルソナロ大統領の首席補佐官室の介入により、方針が転換された。その後のブラジルの対応には国内外の批判が集中している。 ブラジルには目下、保健相が不在だ。ネルソン・タイシ保健相は5月15日に就任後わずか1カ月で辞任した。感染防止より経済を優先し、ス...

ブラジル国民の過半数、失業増でも新型コロナ対策の規制強化望む

27日に発表された最新世論調査で、ブラジル国民の過半数が、新型コロナウイルス感染拡大抑制策による経済への悪影響が統計で示されはじめたにもかかわらず、より厳しい社会的距離(ソーシャルディスタンス)を支持していることが分かった。 調査会社ダッタフォリャが25・26日に2069人に電話で実施した調査(誤差2%ポイント)によると、回答者の60%が自宅待機指示の強化に賛同した。 ブラジルは世界第2位の感染国となっており、26日時点の累計死者数は2万4512人に達している。 一方、経済省から発表されたデータでは...

米、ブラジルからの入国制限 新型コロナウイルス感染対策で

米ホワイトハウスは24日、過去14日間にブラジルに滞在した外国人の入国を禁止すると発表した。ブラジルで新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受けた措置。永住権保持者や米国市民の近親者、航空便の乗務員などは対象外となる。 ホワイトハウスのマクナニー報道官は今回の措置について、外国人による感染持ち込みを防ぐ一助になるとした上で、ブラジルとの商業取引には適用されないと強調した。 オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)はホワイトハウスの発表に先立ち、米CBSの番組で「一時的な措置となることを...

新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

<貧困層が次々とウイルスの犠牲になっているのに、ボルソナロ大統領は危機の存在さえ真っ向から否定する> 世界の指導者の中でも、ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領ほどコロナ禍への対応のひどさで「注目」されている人物はいないかもしれない。 ブラジルでの新型コロナウイルスの感染者は22万人を超え、死者は1万5000人に迫る。いずれも世界で6番目に多い。(編集部注:18日にイギリスを抜き、感染者数は世界3位に)それでもボルソナロは、新型コロナウイルスについて「国民への脅威はない」と主張。異を唱える者がいれば...

ブラジル、19日は新型コロナ感染者・死者ともに最多記録 トランプは渡航禁止を検討

ブラジルで19日、新型コロナウイルス感染症による死者が1179人増加し、1日当たりの死者としては過去最多となった。こうした中、トランプ米大統領は、ブラジルからの渡航禁止を検討していることを明らかにした。 1日当たりの死者数は、今月12日に記録した881人がこれまでの最多だった。保健省によると、累計の死者数は少なくとも1万7971人に上る。 ブラジルの新型コロナ感染者数は18日、英国を抜き、米国、ロシアに次いで世界で3番目となった。19日は新規感染者が1万7408人と、こちらも過去最多となり、累計感染...

ブラジル、新型コロナウイルス感染25.4万人 英国抜いて世界3位に

ブラジル保健省が18日発表した国内の新型コロナウイルス感染者は累計25万4220人だった。ブラジルは英国を抜き、米国、ロシアに次いで世界で3番目に感染者の多い国となった。 18日時点で新型コロナ感染症による死者は674人増え、累計1万6792人となった。 保健省のデータによると、引き続きサンパウロで最も感染拡大が続いており、感染者は6万3066人、死者は4823人に上っている。リオデジャネイロがこれに続き、感染者は2万6665人、死者は2852人。[リオデジャネイロ ロイター]Copyright (...

ブラジル、新型コロナウイルス感染が約23万人に 世界4位

ブラジル保健省は16日、新型コロナウイルス感染者が1万4919人増え、23万3142人に達したと発表した。感染者はイタリアとスペインを超え、米国、ロシア、英国に次ぎ世界で4番目となった。 死亡者は、816人増えて1万5633人に達した。 国内では十分なウイルス検査が行われておらず、米国、ロシア、英国の検査数を大きく下回っている。 ボルソナロ大統領は、新型コロナ対策で専門家の意見に耳を傾けず、マラリアの薬として知られる「クロロキン」を新型コロナの患者に使うことを主張。約1カ月の間に保健相は2度も代わり...

ブラジル大統領、感染者・死者とも大幅増でも規制緩和 ジムや理髪店の営業許可

ブラジルのボルソナロ大統領は11日、ジムと理髪店を不可欠なサービスと認定、営業継続を許可した。国内で新型コロナウイルスの感染者と死者数が大幅に増加する中、外出規制を緩和した。 大統領は以前から、州政府や地方自治体による外出規制策は行き過ぎだと批判している。「人命の問題は職と同列に扱われるべきだ。経済活動がなければ生きていけず、医師も医薬品もない」と述べた。 当初、生活に不可欠として営業を許可されていた薬局や食料品店などに続き、同大統領は宝くじ販売店や教会などを追加。3度目の指示となる今回は、不可欠な...

ブラジル、6日の新型コロナ感染が1万人突破し過去最多に 都市封鎖の可能性も

ブラジルで6日、新型コロナウイルスの新規感染者と死者がこれまでで最多となり、タイシ保健相は、特に感染が深刻な地域で厳格なロックダウン(都市封鎖)が必要になる可能性を示唆した。 保健省のデータによると、感染者数は24時間で1万0503人増加した。1日の増加数としては4月30日に記録した7288人を大きく上回り、これまでで最多となった。死者の増加数も最多の615人となった。 同省当局者は、まだ統計に反映されていない検査結果が10万件以上あるとし、今後数日で感染者数が大幅に増加する可能性を示唆した。 累...

ブラジル大統領が州政府の都市封鎖を非難 支持者の集会でマスクせず演説

ブラジルのボルソナロ大統領は19日、集会に出席し、新型コロナウイルス感染拡大抑制策として行われているロックダウン(封鎖)を改めて攻撃した。 感染者数が中南米で最多となっている同国では、19日までに確認された感染は3万8654人、死者は2462人。 大統領は、ブラジリアで行われた集会に出席、マスクを着用せず数百人の聴衆に演説した。 大統領は演説の途中で咳き込んだが、聴衆を「愛国者」と呼び、州当局が実施している封鎖によって脅威にさらされている個人の自由の擁護者だと述べた。 最高裁は封鎖を支持、議会では野...