「プーチン」の記事一覧

プーチン、バイデンの息子めぐる疑惑否定 トランプ発言に同調せず

ロシアのプーチン大統領は25日、米大統領選の民主党候補バイデン前副大統領の息子ハンター氏のウクライナやロシアとの過去のビジネス上の関係について刑事犯罪に当たるものは全くないとの認識を示し、この問題でバイデン氏を攻撃してきたトランプ大統領の主張に反論した。 トランプ氏は大統領選候補者討論会で、バイデン氏とハンター氏が中国とウクライナで不正行為を行ったとする疑惑を訴えてきた。この疑惑は立証されていない。バイデン氏は同疑惑は事実ではないとしてきた。 プーチン氏は過去に、トランプ氏がロシアとの関係改善を求め...

プーチン「米国の影響力は低下、中国とドイツが超大国に」

ロシアのプーチン大統領は22日、米国とロシアが世界の最も重要な問題についての決断を下す時代はもはや終わったと指摘し、中国とドイツが超大国の地位を築きつつあるとの考えを示した。 プーチン氏はネット上で開催された会議に参加し、世界における米国の役割は英国、フランスと同様に低下し、政治や経済においては中国とドイツが超大国になりつつあるとの考えを示した。 世界的な問題について米国がロシアと議論する用意がなければ、ロシアは他国と議論すると語った。 米国はもはや米国例外主義を主張することはできず、それを望む理由...

ロシア反体制派指導者ナワリヌイ「毒殺未遂の背後にはプーチンがいる」 ロシア当局は反発 

ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は1日発行予定の独誌シュピーゲルとのインタビューで、自身に対する毒殺未遂疑惑の「背後にはプーチン大統領がいる」との見方を示し、他の可能性は考えられないと語った。 ロシア政府はナワリヌイ氏の主張に反発。ぺスコフ大統領報道官は「根拠がなく、侮辱的で受け入れられない」と述べた上で、「米中央情報局(CIA)のスペシャリストがナワリヌイ氏と連携していると断言できる」と非難した。 これに対し、ナワリヌイ氏は自身のウェブサイト上で「ぺスコフ氏を提訴する」と述べ、主張を...

「選挙不介入の相互確約を」 プーチン、米国にサイバー有事防止提案

ロシアのプーチン大統領は25日、米国に対し、サイバー攻撃を通し国内選挙に介入しないと相互に確約するよう呼び掛けると同時に、サイバー空間における有事発生の防止に向けた米ロ間の合意を提案した。 プーチン大統領は11月3日の米大統領選挙を前に発表した声明で、「情報通信技術などを利用し、選挙を含む内政に干渉しないと相互に保証することを提案する」と表明。「サイバー空間における大規模な対立が現在、戦略上の主要な課題の一つとして挙げられる。情報通信技術の利用を巡る米ロ間の関係をリセットするための包括的なプログラム...

ロシア反体制指導者ナワリヌイが退院「手が思い通り動かず足も震える」

先月飛行機内で体調が急変しベルリンの病院で治療を受けていたロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が退院した。同病院が23日明らかにした。 ナワリヌイ氏は一時昏睡状態となっていた。ドイツ政府は、独仏に加えスウェーデンで実施された検査で神経剤ノビチョクが使われた証拠が得られたと指摘している。 ナワリヌイ氏が入院していたシャリテ病院は声明で「治療に当たった医師団は患者の経過と現在の状態から完全な回復は可能と考えている。しかし、重度の中毒による長期的な影響を測定するにはまだ早い」と説明した。 同氏は...

ロシア反体制派指導者ナワリヌイ、空港ではなくホテルで狙われた? 宿泊先のボトルから「ノビチョク」検出

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏の関係者は17日、同氏が滞在したシベリア西部の都市トムセクのホテルの部屋にあった、中身が入っていない水のボトルから、旧ソ連が開発した神経剤「ノビチョク」が検出されたと明らかにした。当初、同氏に毒物が盛られたのは空港だとみられていたが、そうではないことを示しているという。 ナワリヌイ氏のインスタグラムに投稿された動画によると、8月20日、同氏が救急搬送されたとの報が入ってから1時間後に同氏のスタッフらがホテルの部屋を捜索。 スタッフは可能な限り全てのものを回収するよう...

ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

<メルケル独首相はナワリヌイ氏の毒殺未遂について、ロシア政府を非難──だが両国を結ぶ大規模パイプライン事業の存在がさらに強いメッセージを発信する障害に> ロシアの反体制活動家アレクセイ・ナワリヌイに毒物が使用された事件は、国際社会に厄介な問題を突き付けている。ロシア政府に強いメッセージを発信するにはどうすればいいのか、という問いだ。 ナワリヌイは、シベリアからモスクワに向かう旅客機の中で意識不明の重体となった。旅客機は緊急着陸し、ナワリヌイはシベリアのオムスクにある病院に入院。その後、家族らの希望で...

不屈の男ナワリヌイが回復「昨日は一日中自発呼吸できた」 ロシアへの帰国を表明

先月に毒物を盛られた可能性が指摘されているロシア反体制派指導者ナワリヌイ氏は15日、入院先のベルリンの病院で撮影した自分の写真をインスタグラムに投稿した。家族に囲まれ、ベッドで体を起こして座っており、自発呼吸をできるようになったとコメントした。 同氏は先週、人工的な昏睡状態から覚醒したばかりで、順調に回復していることが写真で確認できる。同氏の広報担当者はこの投稿の直後に、同氏がロシアに帰国するつもりだと明らかにした。 写真のコメントには「まだほとんど何もできないが、昨日は一日中自発呼吸できた」と記し...

ロシア製コロナワクチン試験データの正確性に疑問? 科学者らが異議

ロシアで開発された新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクV」を巡り、初期と中期の臨床試験結果を掲載した医学誌ランセットに対して、5カ国の科学者15人がデータの正確性に異議を唱える正式な書簡を送った。米フィラデルフィアのテンプル大学のエンリコ・ブッキ非常勤教授(生物学)がロイターに明かした。 ランセット誌は先に、ロシアのガマレア研究所の試験結果を掲載。 これを受け、今回の15人を含む科学者らがランセット誌編集長宛ての公開書簡で、多数の治験者から抗体反応が得られた公算は極めて乏しいように見受けられる...

プーチン、ルカシェンコ支持表明「外国の介入なく危機解決を」

ロシアのプーチン大統領は14日、大統領選の不正疑惑が取り沙汰されるベラルーシのルカシェンコ大統領とソチで会談し、ルカシェンコ氏への支持を示すとともに、ベラルーシに15億ドル相当の融資を行うことで合意した。また、ベラルーシ国民は外国勢力の介入を受けずに危機を解決すべきと強調した。プーチン氏は、ルカシェンコ氏が提案している憲法改革案は論理的かつタイムリーと評価。その上で「ベラルーシ国民は外部からの刺激や圧力を受けることなく、対話を通じて冷静にこの状況を整理し、共通の解決策を見いだすことが望ましい」と語...