「ヘルス」の記事一覧

寒中水泳が認知症予防に効果あり? 英研究

<冷たい水の中での水泳が、認知症などの神経変性疾患の発症を遅らせる可能性があることが分かった......> 「低温ショックタンパク質」が鍵 英ケンブリッジ大学の研究者らが行った研究で、冷たい水の中での水泳が、認知症などの神経変性疾患の発症を遅らせる可能性があることが分かった。冷水の中で泳ぐことで、低温ショックタンパク質(RBM3)が体内に生成され、これが認知症の発症を遅らせると考えられている。 英公共放送BBCや英紙インディペンデントなどが報じた。BBCによると、この研究はオンラインで公開されている...

「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづらい」との研究結果

<世界各地の調査で、O型の人は新型コロナウイルス感染症にかかりづらく、重症化しづらい、との研究結果が発表されている......> 新型コロナウイルス感染症の罹患リスクや重症化リスクと血液型との関係について、世界各地で研究がすすめられている。 2020年3月には、中国・南方科技大学の研究チームが、武漢と上海の新型コロナウイルス感染症患者2173名を分析し、「A型の人は罹患リスクが高く、O型は低かった」とする未査読の研究論文を発表。 米マサチューセッツ総合病院(MGH)では、3月6日から4月16日までに...

どれだけ長生きできるかはお金で決まる? 東京、大阪エリア別の「いのちの格差」

<経済力だけではなく、健康への意識や学歴も寿命に関連していると考えられる> 日本は世界有数の長寿国だが、寿命には地域差がある。2016年の都道府県別の健康寿命を見ると、最長と最短の県の開きは男性で2.0年、女性で2.7年となっている。 男女とも首位の山梨県では、高齢者の孤立を防ぐ「無尽」という地域ネットワークがあるという(「健康寿命、なぜ地域に差?」朝日新聞、2018年3月9日)。男性3位、女性2位の静岡県では、緑茶を飲む習慣があるためではないかと言われている(同上)。どれほど長生きできるかは、地域...

コロナ禍による将来展望の悪化が、若者のメンタルを蝕んでいる

<経済状況の悪化が深刻になるなかで、夏以降20代以下の若年層の自殺が増加傾向にある> 今年8月の日本全国の自殺者数は1849人で、前年同月よりも246人増加した。コロナ渦による経済状況の悪化に伴い自殺の増加は懸念されていたが、2~6月は前年を下回っていた。だが7月は前年を上回り、8月は250人近く増える事態になっている。 コロナの影響が長期化するなか、貯蓄が底をついた、孤独に耐えられなくなったなど、国民の自助も限界に達しつつある。なお8月の自殺者の増加分246人のうち、186人(75.6%)は女性だ...

水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

<湖やプールなどの淡水に棲み、鼻から入って脳を餌にするアメーバがまた出現。アメリカで少年2人が犠牲になった> アメリカで2人の少年が脳を食べるアメーバに感染して死亡した。テキサス州のジョサイア・マッキンタイア(6歳)は発症の約1週間後に亡くなり、フロリダ州のタナー・レイク・ウォール(13歳)は、湖で泳いだ日から数日後に死亡。湖でアメーバに感染したとみられている。 この2人の死亡に先立って、インドの屋内プールで泳いだ後、同じアメーバに感染して死亡した44歳の男性の例がニューイングランド・ジャーナル・オ...

世界が熱狂するストリートワークアウト、「なぜ屋外で?」最強の2人に聞いた

<「監獄式」筋トレの最強トレーナー、ポール・ウェイドが激賞するのがカバドロ兄弟。新著『ストリートワークアウト』を出版した2人に、屋外でトレーニングをする魅力や、キャリステニクスの極意を聞く> 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自宅でできる自重力トレーニングへの注目が高まっている。本や雑誌、ネットでは、そんなニーズに合わせて、さまざまなトレーニングが取り上げられているが、その中でも最も支持を集めているメソッドの1つが「プリズナートレーニング」だ。 著者は元囚人という異色の経歴ながら、世界中のトレーニ...

カリフォルニア州でペスト感染者が確認──犬と散歩中、ノミに噛まれて

<8月17日、カリフォルニア州で、北東部エルドラド郡サウス・レイク・タホの住民がペストに感染したことが明らかとなった......> ペストは、ペスト菌の感染によって起きる人獣共通感染症(動物から人へ、人から動物へ伝播可能な感染症)である。ネズミなどの齧歯類を宿主とし、主にノミによって伝播されるが、ペットとして飼育されている犬やネコがペスト菌に感染したノミを屋外から家庭に持ち込み、感染が広がるケースもある。 通常、感染から7日以内に発症し、発熱や吐き気、倦怠感などの症状が現れる。早期に発見できれば抗生...

悪口をよく言う人ほど「不幸になる」── 言霊の真相を科学で知る

今年5月、恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演中だった女子プロレスラーの木村花さんが自殺しました。ネット上での過激な誹謗中傷が原因と言われています。この事件以後、今まで野放し状態であったネット上の誹謗中傷に対して、もっと厳しく取り締まるべきだという声が増えています。 なぜ人は、悪口、誹謗中傷が好きなのでしょうか? 明らかに相手に精神的なダメージを与える行為なのに、どうしてやめられないのでしょうか? 「悪口を言う人」の心理とは アメリカの心理学者であるレオン・フェスティンガーの言葉にもあるように...

消化器で勝手にアルコールが生成され酩酊する奇病に効いた「糞便移植」とは?

<パンやパスタを食べただけでひどく酒に酔ったような感覚を覚えると訴える男性に糞便移植を行ったところ症状がなくなったという> パスタやパンなど炭水化物を多く含むものを食べると、酒に酔ったようになる――こんな珍しい疾患を抱える男性に糞便移植を行ったところ、治療効果が認められたという。 米国内科学会の医学雑誌「内科紀要」に発表された論文によれば、ベルギー出身の47歳の男性(氏名非公表)は、酒を飲んだわけでもないのにひどく酔ったようになると医師に訴えた。症状は病院を訪れる2カ月前、抗生物質を服用するようにな...

がんを発症の4年前に発見する血液検査

<胃がん、食道がん、大腸がん、肺がん、肝臓がんを、従来より4年早く発見する血液検査法が見つかった> 4年以内に特定のがんを発症するかどうかを予測できる血液検査が開発された、とする研究論文が公開された。 「PanSeer」と呼ばれるこの検査では、よく見られる5種類のがん(胃がん、食道がん、大腸がん、肺がん、肝臓がん)を、すでに診断された患者の88%で検出でき、精度は96%だった。 のちにがんと診断された無症候性患者でも95%でがんを検出した。ただし、この結果を裏づけるためにはさらなる研究が必要だと、『...