「マスク」の記事一覧

マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室乗務員

<公共交通機関でのマスク着用が義務付けられているアメリカでは、航空機内のトラブルが頻発。激昂して罵詈雑言を撒き散らす客に対し、訓練された乗務員の態度はさすが> 昨今のアメリカではよくある話だ。9月9日に新しい新型コロナ対策を発表したジョー・バイデン大統領は、航空機のマスク着用義務をめぐって頻発する暴力沙汰に触れ「少しは敬意を払え。テレビで、自分の務めを果たす客室乗務員たちに怒りをぶつける様子をよく目にするが、間違っている。醜い」 この演説の前後、あるカップルがまた事件を起こした。フロリダ州フォートロ...

【動画】マスク着用の指示などでCAへの暴力急増、護身術講座が再開

<客室乗務員協会CWAの報告書によると、2021年前半、粗暴な乗客の対応を行ったと回答したCAは、85%だった> 上半期、乗客から暴言・暴力を受けたCAは85% 米国の航空業界では2021年、マスク着用の指示などをめぐって、乗客が客室乗務員(CA)に暴言を吐いたり暴行したりするといった事案が増加している。こうした傾向を受けて、コロナ禍で一時は中断されていたCA向けの護身術のクラスが再開されるに至っている。 米国で働くCAのための労働組合「客室乗務員協会CWA」(AFA)は、全国のCA5000人弱(勤...

「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

<英カーディフの街角に貼られた「マスクには効果がない」と書かれたビラは、直接的にも間接的にも人を傷付けるものだった> イギリス南西部ウェールズ最大の都市カーディフ在住の女性が、「マスクには効果がない」と書かれた掲示物が貼られているのを見付け、それを剥がそうとしたところ、後ろに仕込まれていたカミソリの刃で手を切るケガを負う事件があった。 イギリスのITVニュースによると、「レイラ」という名だけが伝えられているこの女性は、7月27日、カーディフの街頭に貼られていた「マスクには効果がない」と書かれたビラを発見したという。 レイラはBBCの取材に対し、カーディフのカウブリッジ・ロード・イースト近くで、「反コロナのひどいデマを主張する」掲示物の存在に気づき、何か別のものに張り替えようと考えたという。 実は彼女はステッカーを制作するアーティストであり、自身がステッカーを作る理由の1つとして、「デマがはびこる風潮と戦うこと」を挙げているという。 マスクに意味がないと主張する掲示物を「何かもっと良いもの」に置き換えようとした際、レイラはその掲示物の後ろに留められていたカミソリの刃で手を切り、「長く深い切り傷」を負った。「信じられない気持ち」になったと、彼女は語っている。その後、彼女はすぐに医療機関で処置を受けたという。 「掲示物の裏にカミソリの刃が仕込んである、なんていうのは都市伝説だと思っていた。自分の身に実際にこんなことが起きるなんて信じられなかった」とレイラは言う。 投稿をでっち上げと決めつける人も この一件ののち、レイラはソーシャルメディアに、自身の手と掲示物を撮った複数の写真を掲載。この掲示物には「マスクには効果がない」という言葉のほかにも、「マスク:恐怖をあおり、『パンデミック』なるものを長引かせる、視覚に訴える小道具」との一文があった。 レイラはBBCに対し、ケガをした自身の手と掲示物の写真を投稿したところ、非常に幅広い、さまざまな反響があったと語った。手のケガが早く治るよう、祈る言葉をかけてくれた人がいた一方で、「いい気味だ――そのカミソリの刃を口に突っ込めば良かったんだ」といった言葉を投げつける人や、この投稿をでっち上げだと決めつける人もいたという。 「何か主張したいことがあって、それを掲示物に記すというなら、私はそういう人を止めるつもりはない。だが、誰かにケガを負わせるようなやり方はやめて欲しい」と、レイラは語る。「(掲示物に触るのが)子供だったかもしれない」 ===== イギリスでは現在、屋外の大半の場所ではマスクの着用は義務づけられていない。ただし、マスクが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大緩和に役立つことは、多数の科学的研究で示されている。 レイラはITVニュースの取材に対し、自身がすでに2度、新型コロナウイルス感染症に感染しており、その経験から「マスクに効果はない」と書かれた掲示物を撤去しなければという思いに駆られたと語った。 「『コロナはインフルエンザと同じ』といったデマ情報を数多く目にするが、それは完全に誤りだ」とレイラはITVに語った。「こうした内容のポスターやステッカーが広まれば、より多くの人が新型コロナウイルスに感染する事態を招いてしまう」 ITVの報道によると、レイラは事件が起きてまもなく、南ウェールズ警察本部にこの一件を通報したという。同警察本部の広報官は、この事件を認識しているとして、この件について何か知っている人がいれば申し出て欲しいと情報提供を呼びかけた。 (翻訳:ガリレオ) ===== <【写真】レイラが剥がした実際のビラと、カミソリの刃の写真> CW:// bloodI'd love to know, which fuckwit decides to put razor blades behind stickers?Pulled this anti mask bullshit down on Canton high street, and absolutely mulched my hand.Thankfully, it's fixed now, but ouch! pic.twitter.com/K7uymohHhq— N3KOcardiff! - making the world nicer! (@N3KOcardiff) July 27, 2021

マスク不要のCDC勧告、米でも異論噴出 ワクチン未接種でもマスク不要との誤解も

<ワクチン接種済みならマスク不要としたCDC勧告に、アメリカ国内で異論が相次いでいる> 米CDCは5月13日、ワクチンの完全な接種が完了した人々は公共の場でマスクを外しても問題ないとする勧告を示した。ソーシャルディスタンスの確保も不要としている。医療現場など特殊な状況を除き、広く一般社会に適用される見通しだ。 アメリカでの着用義務は現在、各州が判断している。感染拡大が深刻なニューヨーク州やカリフォルニア州など複数の州は、マスク着用をこれまで義務化してきた。CDCの方針を受けて両州は、早ければ来月から...

うちわ会食より安全! 飲食時のコロナ感染対策「鼻マスク」ってどう?

<うちわやマウスガードよりも感染効果が高いマスクが開発されたが、専門家や一般からも反応は今ひとつ> 日本では新型コロナウイルスの感染予防として、口の部分だけ開いたり、顎の部分にゆるみをもたせたり、手で持ったりする食事用マスクが発表され注目を集めている。感染が拡大し始めたとき、フェイスマスク着用に強い抵抗があったヨーロッパ人が見たら「さすがはマスク好きな日本人だ」とか「食事で、そこまで気を遣うのか」と、きっと驚くだろう。 一方、メキシコでは、食事用のマスクとして鼻のみを覆う「鼻マスク」が考案され、広く...

マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に当局が「医療従事者への侮辱」と激怒

<ようやくロックダウンの緩和にたどりついたイギリスで、マスク反対派がマスクなしで集団ショッピングという新手の抗議> イギリス南東部のエセックス郡で、大手スーパーでマスク反対の「集団買い物テロ」があり、批判を浴びている。 メトロ紙によれば、このグループはマスク着用義務に抗議するため連れ立って、大手スーパー「テスコ」を訪れた。イングランドでは11歳未満の子どもと特定の疾患がある人を除き、買い物の際のマスク着用が法律で義務づけられているが、グループの複数のメンバーは後に警察に対して、自分たちはマスク着用を「免除されている」と主張したという。 ソーシャルメディアに投稿された抗議の動画には、マスクをしていない女性たちが集団で店内を歩きまわったり、大っぴらにお喋りをしたりする様子が映っている。背後でマスクをしているのは働く従業員たちだ。 This is a slap in the face to all NHS staff who have worked themselves into the ground and risked their own lives to keep people save. Organising a maskless shopping trip is not big, not clever but it is illegal. Can anyone help identify the supermarket?pic.twitter.com/AR0ZcxkOWa— NHS Million (@NHSMillion) March 29, 2021 これは医療関係者の努力に唾する行為だと、イギリスが誇る公的医療サービス、NHSの関係団体のスタッフはツイッターに投稿した。「人々の安全を守るため命を危険にさらして働いてきた全てのNHSスタッフに対する侮辱行為だ」「マスクなしの買い物を集団で行うのは愚かなだけでなく違法行為だ」 抗議活動の「ビラ」もあった ほかのユーザーからも恐怖や失望を表すコメントが相次いだ。あるユーザーは、「これはスーパーで働く人々への侮辱でもある。不愉快だ」と書き込んだ。別の人物は、「公共の安全のために、このスーパーは2週間の隔離措置を取るべきだ!」とコメントした。 コメントの中には、抗議活動のビラとみられるものの写真もあった。問題のグループが事前に店舗に集合する計画していたことと、マスク着用義務に抗議する意図があったことを裏づける写真だ。 It's a @Tesco pic.twitter.com/eI3qGPhO8B— Irritated llama (@Irritatedllama) March 29, 2021 「買い物をしながら平和的に抗議をしましょう」とあるが TWITTER メトロ紙の記事は、この行動を非難するチェルムスフォード市議会報道官のコメントを引用した。「チェルムスフォードの住民たちはこの1年間、根気よくさまざまな制限に耐えてきた。今になって、自己中心的な少数の人々による裏切りに遭ういわれはない」 ===== テスコも、マスク反対の買い物集団への失望を表明した。「パンデミックの当初から、私たちは全ての人が安全な環境で、必要な食料を手に入れることができるように尽力してきた」と同社の広報担当者は述べた。「顧客と同僚を守るために、今後も入店にはマスク着用を求めていく」 マスクなしの買い物客が再び集団で押し寄せるのを避けるため、テスコは顧客に対して、「誰かの介助や子連れの場合は例外として、買い物には一人で来て欲しい」と呼びかけている。 ===== 【動画】イギリスのスーパーで行われたマスク反対の「集団買い物テロ」 This is a slap in the face to all NHS staff who have worked themselves into the ground and risked their own lives to keep people save. Organising a maskless shopping trip is not big, not clever but it is illegal. Can anyone help identify the supermarket?pic.twitter.com/AR0ZcxkOWa— NHS Million (@NHSMillion) March 29, 2021

マスクを燃やせ!米アイダホ州で着用義務化に抗議 小さな子供も

<アメリカの一部で新型コロナ対策としてマスク着用が義務化されるなか、反発してマスクを燃やすデモが行われた> 3月6日の朝、アイダホ州の州都ボイシにある州議会議事堂の階段で何十人もの親が、新型コロナウイルス対策としてマスク着用を強制されることに反発する「マスク着用反対」の抗議運動を行い、幼い子供たちにマスクを燃やさせた。 6日に行われたマスクを燃やす運動「#フリーアイダホ」のイベントに先立って、アイダホ州議会下院で、共和党議員が提案したマスク着用の義務化を将来にわたって違法にする法律が僅差で可決された...

韓国、ハイテクからデコ盛りまでコロナ禍で生まれた個性派マスクたち

<マスクをする人など皆無だった韓国も、コロナ禍の今年はマスクが日常的なものになり、さまざまなバリエーションが誕生した> 新型コロナウィルスの世界的感染拡大により、マスクの着用が当たり前の生活となった。日本のように日常的にマスクを着ける人が多い国以外の諸外国も、今ではマスクを手放せない生活を送っている。 人々は着用に慣れてくると、より快適な素材で、より効果があるマスクを開発し始め、さらには別の機能まで搭載させたハイテクマスクまで開発し始めている。 今回は、コロナ対策で数々のアイディアを生み出し、海外...

ローマ教皇フランシスコ、公務の場で初めてマスク着用

ローマ教皇フランシスコ(83)が20日、公務の場で初めてマスクを着用した。 教皇はこの日、サンタ・マリア・イン・アラチェリ教会で行われた世界平和祈願の集いに諸宗教の指導者らとともに出席、白いマスクを着用した。 それまでは、バチカンで行われる週定例の一般謁見への送迎車中でのみ、マスクを着用していた。一般謁見では来場者と近い距離になる場合もあり、謁見の際にマスクを着用していないことに対し一部ソーシャルメディアで批判が出ていた。 イタリアでは、過去数週間に新型コロナウイルス感染が増加。過去24時間に確認さ...

米国防総省「航空機内のコロナ感染リスクは極めて低い」 ただし感染者1名で搭乗時の移動など考慮せず

米国防総省は15日、航空機内で新型コロナウイルスに感染するリスクは極めて低いとする調査報告書を発表した。コロナの打撃から立ち直ろうとする航空業界にとっては朗報になる。 調査は軍人やその家族らによる米民間航空機での移動を管轄する「トランスポーテーション・コマンド」が主導し、調査資金も拠出。それによると、機内が満席であっても、マスクをして着席した搭乗者の頭部周辺の「呼吸域」では、漂う粒子の割合は平均0.003%だった。感染者は機内に1人との想定で、搭乗者の客室内での移動は勘案していない。 実験は米ユナイ...