「世界経済」の記事一覧

根拠なき米国株上昇 市場が織り込む過度な景気回復期待

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて世界の経済活動が止まった2カ月ほど前には考えられなかったことだが、米S&P総合500種は26日、心理的な節目の3000ポイントを一時的に突破した。3月の安値から37%も値上がりした形だ。 しかし株式市場は、今のところデータの裏付けがない景気回復を織り込んでしまったかもしれない。一部の市場参加者は、株高は水準とスピードの両面で行き過ぎていると警鐘を鳴らしている。 相場上昇の背景には(1)米連邦準備理事会(FRB)と他の主要中銀による異例なほどの積極的金融緩和(2)米...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(27日現在)

■「米州が新たなコロナ震源地」とWHO警告、ブラジル死者急増も 世界保健機関(WHO)は26日、米州が新型コロナウイルス感染症の新たな震源地になっているとし、とりわけブラジルや他の中南米諸国での感染拡大について警告した。 ■仏、自動車業界に80億ユーロ支援 無公害車生産で欧州首位目指す フランスのマクロン大統領は26日、80億ユーロ(88億ドル)の国内自動車業界支援策を発表した。環境に優しい自動車の生産国として欧州首位を目指すという。またフランスの自動車メーカーに対し、国内での自動車製造を要請した。...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(26日現在)

■韓国のカフェにロボットバリスタ登場、社会的距離確保に一役 韓国の大田(テジョン)にあるカフェでは、ロボットの「新人バリスタ」が丁寧で機敏な接客サービスを提供している。 ■シンガポール、2020年GDP見通しを再び下方修正 シンガポール貿易産業省は26日、2020年の国内総生産(GDP)成長率見通しをマイナス7─マイナス4%とし、従来のマイナス4─マイナス1%から引き下げた。今年の成長率見通しの下方修正は3回目。 ■ベトナム、6億7900万ドルの減税計画 小規模事業者向け ベトナム財務省は25日、小...

G7サミットは6月末ワシントンで対面開催へ=米大統領補佐官

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は24日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が6月末に通常通り、各国首脳が集まる形で開催されるとの見通しを示した。 トランプ大統領は3月、新型コロナウイルス感染拡大を受け、6月10日に予定していたG7サミットをいったん中止したが、20日に通常形式の開催案を再び提起。世界が正常化に向かっているとのメッセージを打ち出せると強調していた。 オブライエン氏はCBSテレビの「フェイス・ザ・ネーション」で、「G7サミットは、実際に首脳が参加する形で6月末に実施される...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(25日現在)

■ブエノスアイレスの封鎖を6月7日まで延長、新型コロナ感染増加止まらず アルゼンチンは23日、ブエノスアイレスで行なっているロックダウン(都市封鎖)を6月7日まで延長するとともに、一部の移動規制を強化した。市内では最近、新型コロナウイルス感染確認が増加している。 ■豪ベインキャピタル、ヴァージンに2度目の買収提案へ オーストラリアのプライベートエクイティ(PE)、ベインキャピタルは24日、4月に経営破綻した豪航空大手ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスに対して2度目の買収提案を行う準備を進め...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(23日現在)

■トランプ氏、州に礼拝所再開要請 反対なら「覆す」とけん制 トランプ米大統領は22日、新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)措置の一環で閉鎖されている礼拝施設を今週末から再開するよう、各州の知事に要請した。 ■世界的な予防接種の混乱、コロナワクチン接種遅れにつながる公算 ワクチンと予防接種のための世界同盟であるGAVIアライアンス (GAVI)は22日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により予防接種が世界規模で混乱しており、新型コロナワクチンが開発されたとしても、途上国...

米ウーバー、世界の配車ドライバーや配達スタッフへ20億円規模の資金援助

米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズは21日、新型コロナウイルス危機対応を巡り、配車サービスのドライバーと料理宅配の配達員にこれまで支給した支援金の詳細を初めて明らかにした。 ウーバーのブログ投稿によると、新型コロナウイルスに感染したか隔離措置下にある世界のドライバー約4万8900人に、2週間分の資金援助として5月半ば時点で総額1900万ドルを支出した。 この金額の半分が米国とカナダのドライバー1万2350人に支払われた。北米はウーバー最大の市場で約130万人のドライバーを抱えている。3月半...

もがくソフトバンク孫正義 「コロナの谷」にユニコーン転落 

神妙な面持ちで18日の決算会見に臨んだソフトバンクグループの孫正義会長は、1兆4000億円という過去最大の最終赤字を印象的なスライドで総括した。「コロナの谷」に転落する一角獣(ユニコーン)を描いたイラストだ。 孫会長のプレゼンテーションは、数字とグラフばかりの資料を用いる日本企業的スタイルとは異なる。どちらかと言えば、米アップルの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏のやり方に近い。 ときに聴く者の笑いを誘うプレゼンテーションの中で映し出されるスライドは、フリーキャッシュフローや配当を説明する図表を織り交...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(22日現在)

■新たなコロナ対策支持する用意=米大統領 トランプ米大統領は21日、新型コロナウイルス感染拡大への対応として新たな財政刺激策を支持する可能性があると述べた。ただ詳細については明らかにしなかった。 ■米国の新型コロナ死者9.3万人、感染者は155万人超 米疾病対策センター(CDC)は21日、20日夕時点の国内の新型コロナウイルス感染者が前日から2万2860人増え、155万1095人になったと発表した。死者は1397人増の9万3061人。 ■中国は「司法の独立」理解せず、カナダ首相が苦言 カナダのトルド...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(21日現在)

■FRB、より明確なフォワードガイダンス協議=FOMC議事要旨 米連邦準備理事会(FRB)が20日公表した4月28─29日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、政策当局者らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、金融政策の効果を上げるために今後何ができ、何をすべきかという広範な議論を始めたことが分かった。 ■米ロウズ、第1四半期は増収増益 新型コロナ特需は縮小見込み 米ホームセンター大手ロウズが20日発表した第1・四半期(5月1日まで)決算は増収増益となった。新型コロナ...