「中東」の記事一覧

湾岸アラブ6カ国、新型コロナ感染20万人超 移民労働者に拡大、1カ月足らずで倍増

ロイターの集計によると、湾岸アラブ6カ国での新型コロナウイルス感染者数が1カ月足らずで倍増し20万人を突破した。 湾岸アラブ諸国の新型コロナ感染は渡航者から低所得の移民労働者に拡大。11日に10万人を突破していた。 ただ同地域で感染者が最も多いサウジアラビアでは3段階に分けて制限措置の解除を実施。隣国のアラブ首長国連邦(UAE)ではドバイで午前6時から午後11時まで移動や事業活動の制限を解除された。 他の湾岸諸国が制限緩和に追随するかどうかは不明。感染者が2番目に多いカタールでは19日から30日まで...

サウジアラビア、24時間外出禁止令を6月21日に完全解除 メッカは除く

サウジアラビア国営通信は26日、6月21日からイスラム教の聖地メッカを除く全国で24時間の外出禁止令が完全に解除される見通しだと報じた。それに先立ち、5月28日からメッカを除く全国で外出禁止時間帯が午後3時─翌日午前6時に短縮される。 政府の声明によると、5月31日からは、国内線の運航やモスクでの礼拝、官民ともに職場への出勤が許可される。5月28日─5月30日は商業施設の営業も可能になる。 メッカについては、外出禁止時間帯の短縮やモスクでの礼拝許可をを6月21日からとする。[カイロ ロイター]Co...

サウジアラビア、24時間外出禁止令を6月21日に完全解除 メッカは除く

サウジアラビア国営通信は26日、6月21日からイスラム教の聖地メッカを除く全国で24時間の外出禁止令が完全に解除される見通しだと報じた。それに先立ち、5月28日からメッカを除く全国で外出禁止時間帯が午後3時─翌日午前6時に短縮される。 政府の声明によると、5月31日からは、国内線の運航やモスクでの礼拝、官民ともに職場への出勤が許可される。5月28日─5月30日は商業施設の営業も可能になる。 メッカについては、外出禁止時間帯の短縮やモスクでの礼拝許可をを6月21日からとする。[カイロ ロイター]Co...

産油国が地獄を見る2020年に、独り勝ちするサウジアラビア

<原油価格がマイナス圏に入った危機の後も、「体力抜群」の強みを生かして世界を仕切る勢いを見せる> 世界中で40億もの人が新型コロナウイルスのせいで厳しく行動を制限されている今、ガソリンやジェット機の燃料(軽油)をはじめとする石油製品の需要は激減し、原油価格も落ちるところまで落ちた。アメリカでは一時、先物価格がマイナスに転じ、売り手が買い手にお金を払って在庫を処分する展開になった。 当然、石油に依存する国々の経済は悲鳴を上げている。アメリカは世界最大の産油国だが、石油掘削装置の稼働数はこの2カ月で半減...

新型コロナのパンデミックで出稼ぎ労働者排斥 アラブ経済の未来に影

サウジアラビアで人気のテレビ司会者ハレド・アル・オケイリー氏は、「国内労働者よりも外国人労働者を一時解雇することは民間企業の国家的な義務である」と発言し、国内労働人口の多くを出稼ぎ労働者が占めていることに「現実的な危険」があると警告した。 毎日出演するトークショーでオケイリー氏が発したコメントは、中東の湾岸諸国経済の屋台骨となっている外国人労働者3500万人が直面するジレンマをずばり言い当てている。新型コロナウイルスの感染拡大と原油価格暴落を背景に企業が人員を削減し、各国政府が自国民の雇用・賃金を守...

アフガニスタンで病院と葬儀場に攻撃 新生児含め数十人が死亡

アフガニスタンの首都カブールで12日、病院が武装集団に襲撃され、新生児2人を含む16人が死亡した。犯行声明は出ていない。 東部ナンガルハル州でも同日、政府関係者や議員らが出席する葬儀の会場で自爆攻撃があった。少なくとも24人が死亡、68人が負傷した。 武装組織監視団体のSITEインテリジェンス・グループによると、葬儀場の攻撃については過激派組織「イスラム国」(IS)の分派組織「イスラム国ホラサン」が犯行声明を出した。ロイターはこの正確性を確認していない。 ガニ大統領はこの攻撃を強く非難。軍に対し、専...

パキスタン、9日から都市封鎖一部解除 新型コロナ感染が過去最多にも関わらず

パキスタンのカーン首相は7日、新型コロナウイルス感染拡大抑制のためのロックダウン(封鎖)の解除を9日から始めると表明した。ただ、当局がこの日発表した過去24時間の新たな感染者数は過去最多を更新した。 封鎖は3月下旬に始まったが実効性が低く、感染者の累計は2万4073人、死者は564人に上っている。 7日には、当局が過去24時間に1523人の新たな感染が確認され、38人が死亡したと発表した。 首相はテレビ演説を行ない、「この封鎖を終了すると決めた。感染増加の中であることは認識しているが、増加ペースは予...

イラン、新型コロナウイルス感染のない地域のモスクを再開へ

イランのロウハニ大統領は26日、国内で新型コロナウイルス感染が見られない状況が継続している一部地域について、モスク(イスラム教礼拝所)の再開を計画していると明らかにした。 中東で最も被害が深刻な国の一つであるイランは、徐々に規制を緩和している。 大統領府のウェブサイトによると、大統領は、感染者と死者数に応じて国内の地域を白、黄色、赤に色分けし、色別に活動を規制する方針。白の地域は感染者も死者も出ていない状況が継続している地域で、モスク及び金曜礼拝の再開が可能となるという。ただ、色分けは変更される可能...

イラン、新型コロナウイルス感染のない地域のモスクを再開へ

イランのロウハニ大統領は26日、国内で新型コロナウイルス感染が見られない状況が継続している一部地域について、モスク(イスラム教礼拝所)の再開を計画していると明らかにした。 中東で最も被害が深刻な国の一つであるイランは、徐々に規制を緩和している。 大統領府のウェブサイトによると、大統領は、感染者と死者数に応じて国内の地域を白、黄色、赤に色分けし、色別に活動を規制する方針。白の地域は感染者も死者も出ていない状況が継続している地域で、モスク及び金曜礼拝の再開が可能となるという。ただ、色分けは変更される可能...

トランプ、挑発的なイラン船は「撃沈せよ」 大統領再選へ人気取りか

<米イラン対立の激化でコロナ危機のさなかにもキナ臭さを増すペルシャ湾> ドナルド・トランプ米大統領は4月22日、イランの艦船が挑発行為をした場合は、容赦なく攻撃するよう米軍に指示したとツイートした。 「イランの砲艦が海上でわれわれの艦船に嫌がらせをしたら、1隻残らず撃沈させ、破壊するよう海軍に指示した」 このツイートの1週間前の4月15日、米海軍第5艦隊がペルシャ湾を航行中、イラン革命防衛隊の高速戦闘艇11隻が異常接近し、周囲を取り巻いた、と米当局が発表した。第5艦隊は、ルイス・B・プラー機動揚陸プ...