「事件」の記事一覧

タイ、国会議場で野党議員が3度腕を切る「流血の抗議」 反政府デモの混乱は政界にも影響

<若者たちの抗議に対して義憤に駆られた野党議員がまさかの行動に──> 学生ら若者を中心に続くタイ・バンコクの反政府デモは連日、警察の警戒をかいくぐるように各所で行われている。これまでのところ治安当局との大きな衝突や流血の惨事は起きていないが、連日の大規模デモに治安当局は放水や催涙ガスなどで対応している。ただ一向に沈静化しないデモにプラユット政権は疲労と焦燥を強めている。 そんななか、10月27日に開会中の国会本会議の議場で野党議員の一人が突然自分の腕を刃物で切る自傷行為を行い、学生デモへの同情と当局...

南仏ニースで教会襲撃テロ 3人死亡、うち1人は断首された模様

フランス警察によると、南部の都市ニースで29日、刃物を持った男が教会を襲撃し、3人が死亡、数人が負傷した。ニース市長はテロリスト攻撃との見方を示した。死亡した3人のうち、女性1人は首を切断されたという情報がある。 エストロジ・ニース市長はツイッターで、ノートルダム教会かその近くで刃物による襲撃があり、警察が容疑者の身柄を拘束したと述べた。 警察は、襲撃で2人の死亡が確認されたとしている。警察関係者は、女性が首を切断されたと述べた。仏政治家マリーヌ・ル・ペン氏も、この襲撃での首の切断に言及した。 エス...

「治安当局者がパプア人牧師射殺に関与」 インドネシア政府調査チームが公表

<パプアの牧師の死にはインドネシアの政治や人権の醜い実態が詰まっていた> インドネシア東端に位置するパプア州の山間部で9月19日にパプア人牧師が射殺された事件が発生してから1カ月。行き詰っていた真相解明を巡る調査で政府が任命・編制した「調査チーム」が10月21日、牧師射殺に治安当局が関与していた証拠を発見したと明らかにした。 政府側の調査チームが治安当局の関与濃厚との結論に達したことで、事件は当初から指摘されていた陸軍兵士による犯行の可能性が極めて強くなり、真相解明に向けて大きく進展した。 マフード...

インドネシアのパプア人牧師殺害事件、国家人権委員会が独自調査 軍が学校に駐屯など新事実も

<政府の独立機関が捜査をしたことでパプア住民の軍・警察への不信がより鮮明に> インドネシア東端に位置するパプア州の山間部で9月19日にパプア人牧師が射殺された事件が発生してから1カ月。行き詰っていた真相解明をめぐり新たな調査が動きだした。 これまで射殺犯について軍や警察は、パプア州山間部のインタンジャヤ州で活動する独立派武装組織(治安当局は単に武装犯罪集団と呼称)の犯行と発表。一方、地元住民やキリスト教会関係者は陸軍の兵士による射殺だとして、主張が真っ向から対立。 治安当局による捜査は住民の信頼や協...

フランス教師斬首事件で表現の自由訴えるデモ全土で 首相らも参加

フランスで18日、教師の支援と表現の自由の擁護を求めるデモが全土で展開され、数千人が参加した。16日に歴史教師のサミュエル・パティさん(47)がイスラム過激派とみられる容疑者に首を切られ殺害される事件が発生したのを受けたもの。 デモはパリ、リヨン、マルセイユ、リールなどで行われた。参加者らは沈黙のうちに集まり、定期的に立ち止まって拍手や黙祷、国歌斉唱などを行なった。 カステックス首相とブランケール教育相も、超党派の政治家らとともにパリ中心部のレピュブリック広場でデモに参加。首相は後にツイッターに、「...

ミシガン州ウィットマー知事拉致計画の容疑者たち、バージニア州知事も標的=FBI

[13日 ロイター] - 米ミシガン州のウィットマー知事(民主党)の拉致を企てた疑いで13人が逮捕された事件を巡り、米連邦捜査局(FBI)の捜査官は13日、一部の容疑者がウィットマー知事の頭部銃撃やバージニア州知事の拉致についても謀議していたと証言した。米検察当局は先週、ウィットマー知事の拉致などを企てた容疑で、少なくとも7人の武装集団のメンバーを含む13人を逮捕した。ウィットマー知事は、新型コロナウイルスへの対応を巡りトランプ大統領や極右の過激派から激しく非難されていた。このうち5人の容疑者につい...

パプア牧師殺人事件、政府調査団を地元教会が拒否 当局は現地に軍事作戦地域を発令か

<パプア地方の人権問題に理解を示す大統領も、準戦時体制とすることを許容するか──> インドネシアの東端、ニューギニア島西半分を占めるパプア地方(パプア州、西パプア州)でキリスト教会のパプア人牧師が殺害された事件の捜査が難航する中、ジョコ・ウィドド内閣の閣僚が編制、派遣を命じた「合同調査チーム」を地元のキリスト教会評議会が拒否していることが明らかになった。 牧師殺害事件では治安当局がパプア人独立組織の犯行とみなす一方で、パプア人やキリスト教関係者は陸軍兵士による犯行だと訴え、主張が対立している。 政府...

米ミシガン州知事の誘拐計画容疑で13人逮捕 議事堂襲撃まで計画した武装集団「ウルバリン・ウォッチメン」とは

米検察当局は8日、ミシガン州のウィットマー知事(民主党)の誘拐と州議会議事堂への襲撃を企てた容疑で13人を逮捕したと発表した。 同知事の誘拐は11月3日の米大統領選前の実行を計画しており、爆発物の使用も検討していたとみられる。 13人のうち6人は、知事誘拐未遂で有罪判決が下れば、終身刑が言い渡される可能性がある。残りの7人は「ウルバリン・ウォッチメン」と呼ばれる武装集団のメンバーという。 ウィットマー知事は、新型コロナウイルス対応などを巡り、トランプ大統領が過去に批判の矛先を向けていたことで知られる...

ナワリヌイ退院後初のインタビュー映像公開 「ロシア当局が神経ガス使用」

ロシアの反体制派指導者ナワリヌイ氏が5日にロシアの著名ビデオブロガーと行った2時間以上におよぶインタビューの動画がユーチューブで公開された。 同氏の動画が公開されるのはベルリンの病院を退院してから初めて。 この中でナワリヌイ氏は、ロシアの情報機関が自身に神経ガス「ノビチョク」を使用したと信じていると表明。これは来年の議会選を控えて当局が自身を脅威だとみなしているために起きたと説明した。 同氏は「彼ら(ロシア当局)は下院選挙を控えて自らに脅威となっている大きな、大きな問題があることを理解した」と述べた...

インドネシア、パプア牧師殺害事件は捜査難航 「独立派記念日」12月1日に向け緊張高まる

<独立武装闘争が盛んなパプア地方で起きた殺人事件は、その地域性のゆえに捜査が難航> インドネシアのパプア地方のパプア州山間部で9月に起きたキリスト教会パプア人牧師の殺害事件。捜査している国軍と警察による合同捜査チームは事件に関する証人の発見や証拠収集などを進めて犯人検挙を鋭意目指している。 しかし、予想以上の困難に直面して捜査が実質上行き詰まりをみせていることが地元メディアなどで明らかになった。 パプア地方(西パプア州、パプア州)の独立を求めて武装闘争を続ける独立派組織や支援者にとっては「独立記念日...