「保守派」の記事一覧

米保守派にとってトランプは時代遅れか…支持は次世代の旗手に移行中

<共和党支持者たちから熱烈に支持されていたトランプだが、直近の調査では「ミニ・トランプ」と称されるデサンティス知事が支持率で肉薄> 米共和党支持者に根強かったトランプ前大統領への支持は、急速にしぼみつつあるらしい。トランプの元大統領補佐官ジョン・ボルトンが、自身の政治資金管理団体と9月に行った世論調査によれば、共和党支持者によるトランプ支持は26.2%。一方で、親トランプで知られ次期大統領選の共和党有力候補とされるフロリダ州のデサンティス知事が25.2%と肉薄した。 「トランプがタリバンとの交渉を開...

「狂信者」アハマディネジャドが、まさかの民主派に転身して復活

<大統領選への再立候補の失格判定はアハマディネジャドの読みどおり。今やリベラルを自称する策略家の狙いは> 狂信的イデオロギーや強硬な外交政策、激しい対米・対イスラエル批判──マフムード・アハマディネジャド前大統領時代のイランといえば、そんな特徴が記憶に残る。 だが2013年に大統領を退任して以来、ポピュリスト的扇動にたけたアハマディネジャドは、もっぱらイランの統治システムを攻撃対象にしてきた。そうした動きが頂点に達したのは今年5月。6月18日に予定される大統領選への再立候補を届け出たのだ。 イラン大...

米共和党は今もトランプ支持一色

<退任後初の演説を行ったトランプはバイデンの政策を激しく批判し、実際は自分が選挙に勝っていたと主張。3度目の大統領選出馬をほのめかした> ドナルド・トランプ前大統領は2月28日午後、保守派の政治家や活動家が集う保守政治活動集会(CPAC)で演説を行った。その内容は、ジョー・バイデン大統領の移民により寛大な政策を激しく非難し、2024年の大統領選への再出馬を支持者にほのめかすものだった。 「ジョー・バイデンの大統領としての最初の1カ月は、近代史上最も悲惨なものだった。すでにバイデン政権は、雇用や家族を...

FBやツイッター がトランプ動画を削除しても、右派「検閲なし」SNSが大盛況

<「言論の自由を保障する」と謳う保守派ソーシャルメディアで数百万回も視聴され続けている> 2020年11月の米大統領選の選挙人投票集計が行われていた連邦議会で1月6日、ドナルド・トランプ大統領の支持者の一部が警備を破って米議会議事堂に乱入する騒ぎが発生した。この事態を受けてフェイスブック、ツイッターとYouTubeは、トランプが投稿したメッセージ動画を削除した。誤った情報を含み、さらなる暴力を煽るおそれがあると判断したためだ。 だがアメリカの保守派の間でツイッターやYouTubeに代わるソーシャルメ...