「北米」の記事一覧

24時間で約40度の気温変化に見舞われた米コロラド州

<2カ月以上も猛暑と山火事に見舞われていたはずの米コロラド州が、翌日真冬になった> コロラド州の気候は9月8日、記録破りの猛暑から観測史上屈指の早い降雪に様変わりした。1日のうちに摂氏で約37度以上、気温が変化したのだ。 大きく南下したジェット気流により気温が大幅に下降するため、コロラド州全域で雪は降り続くとウェザー・ドット・コム(Weather.com)は予想する。コロラド南部のニュース専門テレビ局KOAAの気象予報士は、8日は雨と雪になると予想しており、夜間には天候がさらに悪化すると見ている。 ...

世界の新型コロナウイルス感染1300万人突破 米大陸が半分超

ロイターの集計によると、世界の新型コロナウイルス感染者が13日、1300万人を突破した。感染者数は8日に1200万人に達した後、わずか5日で新たな節目に達し、世界保健機関(WHO)によると、深刻な季節性インフルエンザの感染者数の約3倍の水準となる。 新型コロナ感染者による死者は累計56万8500人。例年のインフルエンザによる死者数とほぼ同水準という。 現時点で感染拡大ペースが最も加速しているのは中南米で、ブラジルでは感染者が累計約186万人、死者は7万2000人超となっている。 米国では10日の新規...

「中南米はコロナ対策維持を 10月までに死者4倍の約50万人も」WHO幹部

世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)のエティエンヌ事務局長は30日、中南米地域では新型コロナウイルスの感染予防対策が維持されなければ、感染による死者が10月までに43万8000人に達する可能性があると警告した。 ロイターのデータによると、同地域での死者は現在11万3844人で、世界の約5分の1を占める。 事務局長は、米州が世界での新型コロナ感染の震源地となっており、同地域全体では死者は10月1日までに約3倍の63万7000人に上る可能性があるとした。その上で、このモデル分...

新型コロナウイルス死者、世界で10万人・感染者160万人

ロイターの集計によると、新型コロナウイルス感染による死者が10日、世界全体で10万人に達した。感染者数も160万人を超えた。 過去1週間の死者増加率は1日6─10%で、9日の世界の死者数は約7300人に上った。 データによると、現時点の致死率は6.25%だが、無症状感染者の多くが数字に含まれていないことから、実際の致死率はさらに低いとみられる。 ある調査によると、確認された死者の93%が50歳以上で、うち半分以上が70歳以上。ただ、10代を含む若者の数も増加しているという。 地域別では北米が感染者数...