「太陽系」の記事一覧

「土星の環は、小さな太陽系のようだ」とよくわかるアニメーション発表 

<惑星科学者のジェームズ・オドノヒュー博士は、土星の環が土星を周回する様子が表現されたアニメーションを発表した...... > 土星は、太陽から6番目に位置し、木星に次いで大きな惑星である。内側からD環、C環、B環、A環、F環といった環(リング)を持ち、土星を囲むドーナツ状の薄い輪のように見えるのが特徴だ。これらの環は、塵からバスくらいの塊まで、無数の多様な氷の破片や岩でできており、音速の約70倍の速度で土星を周回している。 「土星の環は、小さな太陽系のようだ」 アメリカ航空宇宙局(NASA)ゴダード宇宙飛行センター(GSFC)の元研究員で、現在、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に在籍する惑星科学者のジェームズ・オドノヒュー博士は、余暇を活用し、物理学や太陽系についてわかりやすく解説したアニメーションを制作している。 動画投稿サイト「ユーチューブ」で2020年6月14日に投稿されたアニメーションでは、土星の環が土星を周回する様子が表現されている。 The orbit(s) of Saturn's rings この動画によると、土星に近い環の周回速度は速く、土星から離れた環は遅いことがわかる。土星から最も近いD環は秒速23.2キロであるのに対して、外側のF環は秒速23.2キロであった。オドノヒュー博士は「土星に近い環は速く周回しなければ落ちてしまう一方、離れた環はゆっくりと移動できる。これは惑星と同じだ」とし、「土星の環は、小さな太陽系のようだ」とたとえている。 土星の環が高速で移動するにもかかわらず、環からわずか数メートルの近傍の氷は毎分2〜3センチしか移動しない。オドノヒュー博士は「近傍の氷の移動速度は30分に1歩程度なので、劇的な衝突にはならない」と解説している。 Icy ring grains on neighbouring orbital tracks, e.g. separated by a few meters, move at a few cm per minute *relative to eachother*. That speed is like walking 1 step every 30 minutes, or similar to rush hour traffic in <your city's name>... so collisions aren't very dramatic— Dr. James O'Donoghue (@physicsJ) June 14, 2020 土星の環を広げると、太陽系の惑星がすべておさまるほどの長さ 土星の環は非常に長く、薄い。オドノヒュー博士が図であらわすとおり、これを広げると、太陽系の惑星がすべておさまるほどの長さになる。一方、その質量は、地球大気の3倍にすぎず、月質量のわずか5000分の1だ。 It's true, you can fit all the planets between the Earth and Moon! At the average Earth-Moon separation of 384,000 km shown below you'd have to turn Saturn & Jupiter around to fit (they're wide!). I also took Saturn's rings and unwound them: outer rings at top, inner rings bottom pic.twitter.com/B8qwMz7R9P— Dr. James O'Donoghue (@physicsJ) May 8, 2020 ===== 土星の環はゆっくりと消えつつある オドノヒュー博士は、NASA在籍時、土星の上層大気を研究し、土星の環がゆっくりと消えつつあることを発見している。2018年11月に発表した研究論文では、「土星の環が毎秒432〜2870キロのペースで土星電離圏に流れ込んでいる。このペースが続くと、2億9200万年後には土星の環が消失するだろう」と結論づけている。 オドノヒュー博士は「土星の環は安定していない。永続的な機能というよりもむしろ、近づきすぎてバラバラになった古代の月や彗星の一時的な破片のようだ。土星の環が太陽系でこれほど大きな存在感を持つ時代に生きている私たちは幸運かもしれない」と述べている。 ●参考記事 ・カッシーニ、最終任務は衛星タイタンへの「最後のキス」 ・【写真特集】土星探査機カッシーニがくれた贈り物----使命終え大気圏突入 ・おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

太陽系で最も遠い天体「ファーファーアウト」が確認される

<観測史上、太陽系で最も遠い天体「2018 AG37」が確認された。「ファーファーアウト(FarFarOut)」との愛称がつけられている...... > 観測史上最も遠い、太陽から132AU(天文単位:約198億キロ)の地点で、天体「2018 AG37」が確認された。これまで太陽系で最遠の天体とされてきた「ファーアウト(Farout)」(仮符号「2018 VG18」)の発見時の距離124AU(約189億キロ)よりも遠いことから、「ファーファーアウト(FarFarOut)」との愛称がつけられている。 ...