「感染症対策」の記事一覧

全米で最大2300万人が大都市から転出か コロナ禍によるリモートワーク普及で

米国では人口が少なく安価な地域での在宅勤務を選ぶ人が増える中、主要都市から郊外に移る人が増加する見込みだ。フリーランサーと雇用主をつなぐアップワーク社が29日、調査結果を公表した。 調査では、1400万─2300万人が転居予定であることが分かった。大都市からの移動を検討している人が多かった。 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、公共交通機関で通勤し混みあった職場で働くことが危険になったことを踏まえると、こうした傾向は驚きでない。それでもここまで多くの人が転居予定であることは驚きだ...

「第1世代のコロナワクチンは不完全なものになる公算」=英専門家

新型コロナウイルスのワクチン開発で英政府の作業部会トップを務めるケイト・ビンガム氏は27日、第1世代のワクチンは「不完全なものになる公算が大きい」と指摘、「全員には効果が期待できない可能性がある」と見解を示した。 同氏は英医学誌ランセットで「ワクチンが実現するかどうかもわからない。油断せず、過度な楽観を控えることが重要だ」と指摘。 「第1世代のワクチンは不完全なものになる公算が大きい。感染を予防するものではなく、症状を抑えるものになる可能性があることを覚悟しなければならない。またその場合も、全員には...

「コロナ治療法、ワクチンよりも容易で安価」ブラジル・ボルソナロ

ブラジルのボルソナロ大統領は26日、新型コロナウイルスのワクチンよりも、治療法の開発に向けた投資が容易かつ安価との考えを示した。コロナワクチンに対する反対姿勢をさらに強めている様子が浮き彫りとなった。ボルソナロ大統領はこれまでコロナウイルスの重大性を認めず、抗マラリア薬をコロナ治療薬として奨励している。自身がコロナに感染した際も抗マラリア薬を服用していた。抗マラリア薬を巡っては、トランプ米大統領もコロナ治療で有望と称賛していたものの、臨床試験などでは効果は示されていない。ブラジルではコロナ感染症によ...

シンガポール、韓仏のインフルワクチン使用停止 韓国で死亡事例

シンガポールは、2種類のインフルエンザワクチンの使用を一時的に停止した。シンガポール保健省と保健科学庁(HSA)が25日夜に声明文を発表した。韓国ではこれらのワクチンの接種を受けた人の死亡事例が発生している。 韓国疾病予防管理庁(KDCA)は24日、インフルエンザの予防接種後に死亡した人の数が前日比12人増の48人になったと発表した。ただ政府は、死亡事例とインフル予防接種との直接的な因果関係は見つからないとし、新型コロナウイルスとの同時流行を回避するためにインフル予防接種プログラムを継続する方針を維...

韓国製薬セルトリオン、米FDAからコロナ簡易検査の緊急使用許可

韓国の製薬会社セルトリオンは26日、新型コロナウイルスの簡易検査キットが米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)を取得したと発表した。 同社によると、簡易検査キット「Sampinute」は10分以内に結果が判明し、精度は約94%。 7月下旬にFDAに緊急使用許可を申請し、8月に米国で販売を開始していた。 同社は声明で「在宅勤務から出社に切り替える大企業や政府機関を中心に簡易検査キットの需要は高くなると予想されるため、現地の卸売業者を通じて全米でキットを供給する計画だ」とした。 セルトリオンの...

新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で症例相次ぐ

マリオ・ブエルナさん(28)は、子どものいる健康な男性だった。それが発熱から呼吸困難に陥ったのは今年6月。間もなくCOVID-19(新型コロナウイルス)の陽性と診断された。 数週間後、回復過程にあるように見えたブエルナさんは、脱力感を覚え、嘔吐(おうと)するようになった。8月1日午前3時、彼はアリゾナ州メサの自宅で意識を失い、床に倒れた。 救急隊員が彼を近くの病院に急送し、医師たちは昏睡(こんすい)状態を解消した後で集中治療室に運んだ。診断された病名は「1型糖尿病」。ブエルナさんは仰天し、震え上がっ...

米副大統領ペンス、側近が感染でも遊説 政権高官「コロナのパンデミック制御せず」

11月3日の米大統領選まで9日を残す中、ペンス副大統領は25日、複数の補佐官の新型コロナウイルス感染が判明したにもかかわらず、選挙戦を続行した。一方、民主党大統領候補のバイデン前副大統領は、トランプ大統領の側近がコロナを制御しないと発言したことを受け、政権はパンデミック(世界的大流行)に降伏していると糾弾を強めている。 ペンス氏の周辺では24日、マーク・ショート副大統領首席補佐官が新型コロナ検査で陽性と判明した。メドウズ大統領首席補佐官によると、ショート氏以外にもペンス氏の複数の側近の感染が確認され...

韓国、インフル予防接種後の死者48人に 疾病予防管理庁「中断しない」

韓国疾病予防管理庁(KDCA)は24日、インフルエンザ予防接種後に死亡する事例が相次いでいる問題で、死者数が前日比12人増の48人になったと発表した。ただ、政府は新型コロナウイルスとの同時流行を回避するため、インフル予防接種プログラムを継続する方針。 KDCAの鄭銀敬(チョン・ウンギョン)庁長は記者向けブリーフィングで「これまでの死亡事例を検証した結果、インフル予防接種プログラムを中断する状況にはない。新型コロナ流行を踏まえると、予防接種は今年、非常に重要だ」と述べた。 同氏によると、26の死亡事例...

韓国科学捜査研究院「17歳少年の遺体を検死、インフルワクチンと無関係」 

韓国の聯合ニュースによると、同国の国立科学捜査研究院は、インフルエンザの予防接種を受けた後に死亡した17歳の少年の遺体を解剖し、ワクチンとの因果関係はないと結論付けた。韓国では少なくとも25人が接種を受けた後に死亡しており、ワクチンの安全性への懸念が高まっている。 少年は、新型コロナウイルス感染との合併症を防ぐために政府が打ち出した大規模なインフル予防接種プログラムで最初に報告された死亡例に含まれていた。過去1週間で死者数が25人に増えたのを受け、同プログラムの中止を求める声が強まっている。 韓国の...

欧州、早くもインフルエンザワクチンが不足 コロナと「ツインデミック」リスク

欧州の一部都市でインフルエンザの予防接種への需要が急増してワクチンが不足しており、新型コロナウイルスとインフルエンザの両方の感染が広がる「ツインデミック」が起きるリスクが高まっている。 欧州の各国政府は今年、インフルエンザワクチンの発注を増やし、予防接種を受けるように啓発活動を進めている。通常より早い接種で4億5000万人に上る欧州人口の接種率を高め、医療機関の負担を減らす狙いだ。 ワクチン大手のグラクソ・スミスクライン(GSK)やサノフィ、アボット・ラボラトリーズ、セキーラスは需要増加を想定し、欧...