「感染症」の記事一覧

東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確認 過去最多を記録

東京都は9日、都内で新たに224人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 都内の陽性者はこれまで4月17日の206人が最高で、今回224人の陽性者確認は過去最多となった。 この日確認された陽性者のうち、20代と30代が合わせて169人で全体の約7割。また、感染経路が不明な人は104人で約4割を占めている。 これで都内で確認された陽性者の合計は7272人、東京アラートを解除し休業要請などの規制を緩和した6月11日以降の陽性者は1852人となった。 東京都では6月に入り徐々に感染者の数が増え...

米、新型コロナ感染者8日は6万人突破 過去最多を更新

ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルス感染者が8日、6万人超増加し、1日の新規感染者数として過去最多を更新した。 米国では感染者が急増しており、多くの州がバーやビーチの閉鎖を余儀なくされている。 フロリダ州では新規感染者が1万人近くに達し、テキサス州も9500人超、カリフォルニア州は8500人超の感染が新たに確認された。カリフォルニア州とテキサス州は、1日あたりの死者数も最多となった。全米での死者は2日連続で900人を超え、6月初め以来の多さとなっている。 テネシー、ウエストバージニア、ユ...

新型コロナウイルス、脳に損傷を起こす可能性=英研究チームが指摘

英国の研究チームは8日、新型コロナウイルス感染症が脳の炎症や精神病、せん妄など、神経系の深刻な合併症を引き起こす可能性があるとの研究結果を発表、脳が損傷を受ける可能性について警鐘を鳴らした。 英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームが学術誌「ブレイン」に発表した論文によると、新型コロナ患者43人に一時的な脳の機能不全や脳卒中、神経系の損傷などの深刻な症状が見られた。 新型コロナ感染症は大半が呼吸器系の疾患だが、神経科学者や脳を専門にする医師らは脳への影響を示すデータが出ているのは...

やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

<世界各国の科学者が連名で、新型コロナウイルスの空気感染を認めるようWHOに要求。空気感染を想定しない今の対策では深刻な結果を招く可能性があるからだ> 書簡に署名した科学者たちは、国際機関や各国政府の公衆衛生当局が新型コロナウイルスの感染を避ける方法として、手洗い、社会的距離の維持、咳やくしゃみの飛沫を避けることに主眼を置いていることに批判的だ。 WHOを含む「ほとんどの」公衆衛生機関は、特殊な医療の現場以外では空気感染の恐れはないとしてきた。 だがそういう認識では、ウイルスを含む微小な粒子によって...

東京都、新型コロナウイルス新規感染75人 1週間合計で756人

東京都は8日、都内で新たに75人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 陽性者が100人を下回るのは7日ぶり。この1週間合計では756人となった。 これで都内で確認された陽性者の合計は7048人、東京アラートを解除し休業要請などの規制を緩和した6月11日以降の陽性者は1628人となった。 この日確認された陽性者のうち、20代と30代が合わせて50人で全体の約6割。また、感染経路が不明な人は34人で約4割を占めている。 感染状況をチェックするモニタリング指数は、過去1週間の新規陽性者数の平...

ブラジルのボルソナロ、新型コロナに感染 リスクなお軽視

[サンパウロ/ブラジリア 7日 ロイター] - ブラジルのボルソナロ大統領は7日、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たと明らかにした。発熱の症状があるものの、健康状態は良好という。同国では新型コロナ感染者が160万人超、死者が6万6000人超に達しているが、ボルソナロ大統領は新型コロナの脅威を軽視し、専門家の提言を否定していた。ボルソナロ大統領はこの日の会見でも、健康リスクを重要視しない姿勢を示し、「検査を受けていなければ、分からなかっただろうが、陽性だった」と語った。その上で、「5日に具合が悪く...

東京都、新型コロナウイルス新規感染106人 6日連続3桁台

東京都は6日、都内で新たに106人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 陽性者が6日連続で100人を超えるのは4月25日以来73日ぶり。これで都内で確認された陽性者の合計は6973人、東京アラートを解除し休業要請などの規制を緩和した6月11日以降の陽性者は1553人となった。 この日確認された陽性者のうち、20代と30代が合わせて70人で全体の約6割。また、感染経路が不明な人は47人で約4割を占めている。 感染状況をチェックするモニタリング指数は、過去1週間の新規陽性者数の平均が106...

ロックダウンで事故は減っても死亡率上昇 コロナ下の世界の交通事情

この春、新型コロナウイルスのまん延に伴うロックダウン(都市封鎖)により、交通量が大幅に低下し、自動車事故の件数も減少した。だがロイターが分析したところ、いくつかの都市では、車が少なくなった道路でドライバーたちが速度を上げるようになったため、死亡事故が起きる可能性はむしろ高くなっていることが分かった。 ニューヨーク市では4月、交通事故全体に占める死亡事故の比率が前年に比べ167%上昇。同じく、シカゴでは292%、ボストンでは65%の増加となった。欧州では、スペインのマドリッドで、死亡事故の比率が470...

東京都、新型コロナウイルス新規感染102人 5日連続3桁台

東京都は6日、都内で新たに102人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 陽性者が5日連続で100人を超えるのは4月25日以来72日ぶり。これで都内で確認された陽性者の合計は6857人、東京アラートを解除し休業要請などの規制を緩和した6月11日以降の陽性者は1447人となった。 この日確認された陽性者のうち、20代と30代が合わせて72人で全体の約7割。また、感染経路が不明な人は42人で約4割を占めている。 感染状況をチェックするモニタリング指数は、過去1週間の新規陽性者数の平均が99....

インドのコロナ感染者数約70万人に ロシア抜き世界3位 

インドの新型コロナウイルス感染者数が約70万人となり、ロシアを抜いて世界3位となった。 6日の保健省のデータによると、過去24時間以内の新規感染者は2万3000人超。5日の約2万5000人からはやや減少した。 これまでの累計死者数は約2万人。 感染者数は米国、ブラジルに次ぐ3番目の多さで、人口が同規模の中国の8倍となる。 新規感染者の増加を受け、政府は観光名所であるタージマハルの再開計画を撤回した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じま...