「文学」の記事一覧

ノーベル文学賞、米女性詩人ルイーズ・グリュック氏に

スウェーデン・アカデミーは8日、2020年のノーベル文学賞を、米国女性詩人のルイーズ・グリュック氏(77)に授与すると発表した。「飾り気なき美しさによって個人の存在を普遍化する、まごうことなき詩的な声」と同氏の作品を評価した。 エール大学の教授であるグリュック氏は1968年に詩集「Firstborn(ファーストボーン)」でデビューした。米国の現代文学界で最も優れた詩人の一人とされている。 アカデミーが明快さを追求することを特徴としていると指摘したグリュック氏の作品は、子ども時代や家族の生活、両親やき...

「別の国、人種、セクシャリティーの本で孤立の時代に共感を」デービッド・ピース

<『Xと云う患者 龍之介幻想』『TOKYO YEAR ZERO』などで知られ、日本との縁も深いイギリスの作家デービッド・ピース。欧米と異なる中国文学・日本文学の伝統から、彼自身の読書の「経験則」まで、自らを作った5冊の紹介と絡めて語った。本誌「人生を変えた55冊」特集より> 大きな影響を受けた記憶がある最初の本といえば、ロアルド・ダールの『すばらしき父さん狐』だ。今から思えば興味深いことに、読んですぐに自分なりのバージョンの物語を作りたいと感じた。7歳か8歳だった私は完全なパクリ作品を書き、セロテー...

太田光を変えた5冊──藤村、太宰からヴォネガットまで「笑い」の原点に哲学あり

<友達が1人もできなかった高校時代、いつもポケットに文庫本を入れていた。悶々とした日々から現在の笑いが生まれるまで、爆笑問題の太田光を変えた厳選5冊を聞く。特集「人生を変えた55冊」より> 7月下旬、東京・阿佐ヶ谷駅にほど近い、芸能プロダクション「タイタン」事務所。大の読書家として知られ、これまでメディアでも多くの愛読書について語ってきたお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光に、事務所の一室で「自分を変えた5冊」について本誌・小暮聡子が聞いた。 ◇ ◇ ◇ まず、最近読んだ本は? 「物理学の本。あっちじゃ...