「日本銀行」の記事一覧

ポスト安倍 菅義偉官房長官「日銀・黒田総裁の手腕を評価」、大規模な金融緩和を継承

自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官は5日、日本経済新聞のインタビューに対し、黒田東彦日銀総裁の手腕を評価しているとした上で、安倍晋三政権後も大規模な金融緩和を続ける考えを示した。 日経によると、菅氏は黒田総裁について「手腕を大変、評価している」と発言。黒田総裁の下で始まった異次元の金融緩和について「黒田氏を任命するときから関わってきた。私が継承したい」と話したという。 また、日経は菅氏がデジタル庁の創設を明言したと伝えている。「デジタルの関係はひとつのところですべてやる」と述べ、各省にまたがるデ...

「コロナ収束前のGoToは税金の無駄、消費減税は効果薄」原田前日銀議委員

名古屋商科大学ビジネススクールの原田泰教授(前日銀審議委員)は、新型コロナ感染症への安倍政権の対応が効果的とは言えないと指摘した。感染収束に至らない局面での「GoToキャンペーン」は感染自体の急増を招くだけで歳出の無駄との見方を示し、他の使途のために財源を取っておくべきだったとした。将来の財政赤字の補填に増税を実施した場合にはさらなる無駄な歳出につながるとして、自然増収で対応すべきだと語った。 また、景気刺激策としての消費税減税は効果が薄いとする一方、回復局面での日銀の長期国債買入れ増やマイナス金利...

国債市場で超長期金利が再上昇 日銀・黒田の「一番重要」は何か

国債市場で超長期金利が再び上昇してきた。7月からの国債増発や海外勢の需要減退に対する懸念が背景とみられているが、鍵を握るのは、日銀の動きだ。過度な金利低下による副作用の軽減などを目的に超長期債オペのオファー額を減らしてきたが、イールドカーブ低位安定のため3年ぶりに増額に動くのか──。日銀にとって今「一番重要」なのは何かを、市場は見極めようとしている。 2つの黒田発言 黒田東彦日銀総裁の16日の金融政策決定会合後の会見は市場を惑わせた。超長期金利に関し、方向感が異なる2つの発言をしたためだ。 1つは、...

コロナ危機対応の日銀 大胆施策の影で消える物価と金利の枠組み

日銀の27日の金融政策決定会合について、市場関係者からは踏み込んだ企業金融支援や政府の財政支出への支援など、危機対応としての大胆な政策に理解を示す声も目立つ。一方、物価モメンタムは損なわれたとして2%の物価安定目標の実現に事実上白旗をあげ、政策金利に物価を紐付ける枠組みも危機モードを理由に停止した。危機を理由に中央銀行がロジックの明確でない対症療法に走る姿には危うさもあるとの指摘も出ている。 危機対応モードでの踏み込んだ政策 今日の日銀による政策決定については、その踏み込んだ政策にBOJウォッチャー...