「月探査」の記事一覧

670万種の種子や胞子、精子、卵を月で保管する「月の方舟」構想が明らかに

<気候変動や自然災害、核戦争、天体衝突など脅威に備え、地球上の生命体を月で半永久的に保管する「月の方舟」構想が明らかとなった...... > 「ノアの方舟」とは、旧約聖書に記された大洪水にまつわる物語で、主人公のノアとその家族、様々な動物をのせた方舟をいう。このほど、気候変動や自然災害、核戦争、天体衝突など脅威に備え、地球上の生命体を月で半永久的に保管する「月の方舟」構想が明らかとなった。 生物670万種の精子・卵子・種子・DNAサンプルを月で保存する 米アリゾナ大学のジェカン・サンガ准教授らの研究...

月面の宇宙放射線は地表の200倍、月面滞在は2ヶ月が限度か?

<中国とドイツらの研究チームは、月面で放射線の時間分解測定を初めて実施し、研究成果を発表した......> アメリカ航空宇宙局(NASA)が「アルテミス計画」において2024年に有人月面着陸を目指すなど、各国で月探査への動きが活発となっている。宇宙飛行士にとって重大なリスクとなるのが、宇宙放射線の被爆だ。これによって、白内障やがん、中枢神経変性疾患などが引き起こされるおそれがある。 地表の200倍以上、国際宇宙ステーション内部の2.6倍 中国科学院国家空間科学中心(NSSC)と独キール大学らの国際研...

約50年にわたる月探査の集大成:月の統合地質図が初めて作成される

<アメリカ地質調査所(USGS)は、NASAやアメリカ月惑星研究所(LPI)との恊働で作成した世界初の「月の統合地質図」を発表した......> アメリカ地質調査所(USGS)は、2020年4月20日、アメリカ航空宇宙局(NASA)やアメリカ月惑星研究所(LPI)との恊働で作成した世界初の「月の統合地質図」を発表した。オンラインで公開されており、無料でダウンロードできる。 「アポロ計画」以来、約50年にわたる月探査や研究活動の集大成 この地質図は、1961年から1972年までのNASAの「アポロ計画...