「朝鮮半島」の記事一覧

韓国、北朝鮮に軍事衝突を防ぐ南北合意の堅持を要求 軍事パレード受け

韓国大統領府は11日、北朝鮮に対し、軍事衝突を防ぐ南北合意の堅持を求めた。 北朝鮮は前日、軍事パレードで大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射型ミサイル(SLBM)を披露。金正恩朝鮮労働党委員長は、軍備増強を続ける意向を示す一方、新型コロナウイルスの終息後に南北が手をつなぐことを望むと発言した。 大統領府は、緊急の国家安全保障会議を開催し、北朝鮮の兵器や金委員長の演説について協議したと発表。「軍事衝突と戦争を防ぐための様々な南北合意の重要性を強調した」との声明を出した。 また、北朝鮮軍が韓国人男...

北朝鮮、軍事パレードを異例の未明に実施 大型最新ICBMを公開

北朝鮮は10日に実施した未明の軍事パレードで、初めて公開する大型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を披露した。北朝鮮がこの時間帯に軍事パレードを行うのは異例。 北朝鮮国営ニュースの朝鮮中央通信が10日夜、映像を公開した。 ミサイルは11の車軸を有する運搬車が運んでおり、専門家によると、運用可能になれば陸上発射型のICBMとしては世界最大級の1つとなる。 「このミサイルは怪物だ」と、平和団体オープン・ニュークリア・ネットワークのメリッサ・ハンナム副所長は言う。 パレードではこのほか、北にとって最長射程と...

「非常に申し訳ない」韓国公務員の射殺を謝った金正恩の真意

<6月には連絡事務所を爆破し、南北間の通信線を遮断したばかり。しかも北朝鮮が遺憾の意を示した例はほとんどない。なぜ謝罪したのか。真意を理解するためのキーワードは「可逆的」だ> 北朝鮮が韓国海洋水産省に所属する公務員を黄海で射殺した事件は、南北間の緊張を一気に高めるかと思われた。6月に北朝鮮の開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所を北が爆破して以降、南北間の関係は危うい局面に差し掛かっていた。 ところが、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は直ちに韓国側に謝罪するという異例の行動に出た。通知文の...

謝罪したのに領海での遺体捜索は許さないと北朝鮮、韓国は船39隻・航空機6機を投入

<北朝鮮はフロートを償却したのか、それとも射殺した男をフロートごと償却したのか、うやむやでは治らない韓国人の怒り> 北朝鮮は9月27日、同国の領海で射殺された韓国政府職員の遺体捜索を行う韓国に対し、領海に入らないよう警告した。 韓国の海洋水産省に所属するその男性職員は、9月24日、北朝鮮側の海域を漂流しているところを同国軍に発見されて射殺されたと、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。職員の氏名は公表されていないが、南北軍事境界線近くの海域で漁船の監視船で働いていたという。 韓国軍は、男性職員を射殺した...

北朝鮮の韓国人射殺「責任者」は金与正か?

<金与正が新型コロナ対策の「司令官」だとすると、今後この問題で韓国への毒舌が再び火を噴くことも考えられる> 韓国青瓦台(大統領府)は26日、海洋水産省所属の漁業指導船に乗り組んでいた男性が北朝鮮軍に射殺された問題で、北朝鮮側にさらなる調査を要請する方針を明らかにした。 青瓦台は、双方の状況説明に食い違いがあるとし、必要なら合同調査を求める考えを示している。 この問題を巡っては、事件発覚後に与野党含め、北朝鮮の行動を糾弾する声が大きかった。その後、金正恩党委員長が謝罪の意を表明したことで、青瓦台や与党...

北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

<亡命のそぶりは全くなかったという謎の事件。停滞する対北融和はさらなる逆風に> 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は9月22日の国連総会で事前録画による演説を行い、休戦状態にある朝鮮戦争の終戦宣言を実現したいとの考えを示した。 だがその数時間前、黄海の北朝鮮付近で行方不明になった韓国海洋水産省に所属する47歳の漁業指導船乗組員が北朝鮮軍に射殺され、遺体を焼却された事実が発覚。対北融和ムードが停滞するなか、文への逆風になるのは必至だ。 韓国当局は、乗組員が北への亡命を図ったとみているが、家族や同僚ら...

北朝鮮、韓国艦艇による射殺男性の遺体捜索活動を非難「領海侵犯を即刻停止せよ」

北朝鮮の朝鮮中央通信は27日、同国が黄海上で韓国人男性を射殺した事件で韓国艦艇が遺体捜索活動を行っていることについて、「緊張を高めかねない軍事境界線の侵犯行為をすぐにやめるよう求める」と非難した。 韓国側は海軍艦艇16隻を含めた39隻と、航空機6機を捜索活動に投入。あくまで同国が黄海における南北境界としている北方限界線(NLL)の南側に活動を限定していると主張している。 これに対して朝鮮中央通信は、射殺事件が「本来あってはならないいまわしい事件」で、北朝鮮としても遺体捜索を開始したなどと説明しながら...

韓国大統領府、韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ

韓国大統領府は26日、韓国漁業当局の男性が北朝鮮の部隊に射殺された問題で、北朝鮮側にさらなる調査を要請する方針を明らかにした。 韓国は25日夜、国家安全保障会議を開催した。大統領府は、双方の状況説明に食い違いがあるとし、必要なら合同調査を求める考えを示した。 韓国軍は24日、漁業当局の男性が北朝鮮の監視船上で質問を受けた後、北朝鮮の部隊に射殺され、油をかけて燃やされたと発表。 一方、北朝鮮は25日に韓国へ書簡を送り、北朝鮮の部隊が男性を射殺したことに遺憾の意を表明した上で、男性の遺体を燃やしたことは...

金正恩、韓国人男性射殺に遺憾の意「起こるべきではなかった」=韓国政府高官

北朝鮮は25日、新型コロナウイルス感染拡大防止のために韓国漁業当局の男性を北朝鮮の部隊が射殺したことに遺憾の意を表明した。韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長が明らかにした。 北朝鮮の統一戦線部が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の事務所宛てに書簡を送ってきたという。 徐室長が明らかにした書簡の内容によると、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は今回の出来事について、韓国国民を失望させたことを「申し訳なく」思っており、起こるべきではなかったとの考えを示している。 書簡はまた、男性が身元を...

「北朝鮮、行方不明の韓国人男性を射殺・火葬した」=韓国国防省

韓国軍は24日、21日から行方不明となっていた韓国漁業当局の男性が北朝鮮の監視船上で質問を受けた後、北朝鮮の部隊に射殺され、油をかけて燃やされたと発表した。 この韓国人男性(47)は黄海上の北方限界線(軍事境界線)の南約10キロメートルの海域で行方不明になったと報告された。韓国軍によると、証拠などから、自ら北朝鮮入りを試みていたもよう。 男性が射殺された理由は不明だが、北朝鮮の部隊は新型コロナウイルス流入阻止のための命令に従って行動した可能性があるという。 合同参謀本部の高官は会見で「韓国軍はこのよ...