「核・ミサイル開発」の記事一覧

北朝鮮の「控えめ」パレードを読み解く3つのポイント

<金正恩のダイエット成功──以外のポイントは? 外交、軍事の専門家はパレードをどう見たのか> 9月9日午前0時、北朝鮮の建国73周年を祝う軍事パレードが首都平壌の金日成広場で行われた。北の核ミサイルがアメリカとその同盟国を脅かすなか、外交や軍事の専門家はパレードの映像から北の内情を読み解こうとしている。 最大の注目点は、長距離弾道ミサイルなどの大型兵器が登場せず、金正恩(キム・ジョンウン)総書記の演説もなかったこと。これを国際社会に向けた和解のサインとみる向きがある一方、それは希望的観測にすぎず、戦...

核科学者暗殺の報復誓うイラン 開発加速で国際社会との対立は激化へ

<「核開発の父」暗殺を受け、イラン議会はIAEAの査察拒否やウラン濃縮を推進できる新法を可決> イランのハタミ国防相は昨年12月中旬、軍の核兵器開発を統括する防衛技術革新機構(SPND)の予算を256%増額すると発言した。国際社会の働き掛けや米トランプ政権の脅しを無視して核開発予算を大幅に増やす判断は、イランと国際社会の対立が一段と激化した表れと言える。 引き金となったのは、「イラン核開発の父」としてSPNDを率いてきたモフセン・ファクリザデが11月末にテヘラン近郊で暗殺された事件。イラン当局はイス...

南北融和の機運は減退? 韓国人の対北感情が冷ややかに変化

<南北関係に冷や水を浴びせる北朝鮮の行動に、韓国人も考えを変えている> 最後の南北首脳会談から2年。6月に起きた北朝鮮による南北共同連絡事務所の爆破や、9月の北朝鮮軍による韓国人男性の海上での射殺・遺体焼却事件などを受けて、韓国人の北朝鮮への考えは変化しているようだ。 ソウル大学統一平和研究院の調査によれば、北朝鮮は核兵器を放棄しないと考える人の割合は89.5%(昨年から7.3ポイント上昇)。また北朝鮮が変化していると考えている人は39.3%、北朝鮮政権は南北統一を望んでいないと考えている人は75....

南北融和の機運は減退? 韓国人の対北感情が冷ややかに変化

<南北関係に冷や水を浴びせる北朝鮮の行動に、韓国人も考えを変えている> 最後の南北首脳会談から2年。6月に起きた北朝鮮による南北共同連絡事務所の爆破や、9月の北朝鮮軍による韓国人男性の海上での射殺・遺体焼却事件などを受けて、韓国人の北朝鮮への考えは変化しているようだ。 ソウル大学統一平和研究院の調査によれば、北朝鮮は核兵器を放棄しないと考える人の割合は89.5%(昨年から7.3ポイント上昇)。また北朝鮮が変化していると考えている人は39.3%、北朝鮮政権は南北統一を望んでいないと考えている人は75....

北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

<労働党創建75周年を祝う軍事バレードで披露された最新ミサイルは実は見掛け倒し> 国民の約60%が飢餓寸前と言われる北朝鮮。だがその指導者は、国内の惨状から、壮大な軍事力へと世界の注目をそらすのが実にうまい。10月10日に行われた朝鮮労働党創建75周年を祝う軍事バレードは、その格好の例となった。 果たしてわれわれは、こうした北朝鮮の宣伝をうのみにし過ぎなのか。 確かに、ICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星14」が2017年7月に発射されたときは、筆者を含め多くの専門家が意表を突かれた。だとすれば今回...

金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

<金正恩にとってより悩ましいのは、非核化を求める経済制裁よりも人権侵害に対する追及> イギリス政府は6日、北朝鮮やロシア、ミャンマー、サウジアラビアの計47人と2つの機関を制裁対象に指定した。世界各地での深刻な人権侵害に対処するため、新たに設けられた独自の制度によるもので、ラーブ外相は下院で、この制度に基づき「最悪の人権侵害」に関与した機関と個人に制裁を加えられるようになったと強調した。 この新たな取り組みに北朝鮮が含められたことを、大いに歓迎したい。 今回、制裁指定された2つの機関はいずれも北朝鮮...

イラン核施設周辺で不審火相次ぐ 「謎のグループ」が犯行声明

<「反体制派」を自称するグループからの犯行予告が確認されるも、イラン政府が疑うのは...> 7月2日にイラン中部ナタンズの核施設で発生した火事について、BBCペルシャ語放送は正体不明のグループが犯行を名乗り出たと報じた。 ナタンズの核施設にはウラン濃縮施設がある。イラン原子力庁のベフルーズ・カマルバンディ報道官は国営イスラム共和国通信に対し、この「事故」による人的被害も莫大な被害もなく、放射能汚染もないと発言。だがこの直後に、BBCペルシャ語放送は自社の記者宛てに「ホームランド・チーターズ」と自称す...