「欧州」の記事一覧

コロナが迫るサステナブルへの転換「2020年は大変革の始まった年として記憶されるだろう」

<人類の行動が地球のほぼ全ての種の未来を決定づける段階に入っているが、社会と経済を急停止させた新型コロナはサステナブルな方向に舵を切る契機にもなり得る> 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まってずいぶんたつが、世界経済への衝撃が消え去る気配はない。テクノロジーが支配する現代社会において、平時でこれほどの経験は前例がなかった。 感染拡大の第2波が発生し、さらに第3、第4......と続くのか。世界中の指導者がこの恐ろしい問いに頭を悩ませているが、答えは誰にも分からない。グローバルなサ...

「ドイツはコロナ感染第2波入り、社会的距離の順守を」=医師労組会長

ドイツの医師労組マールブルガー・ブントのSusanne Johna会長は、同国はすでに新型コロナウイルス感染第2波との戦いに入っており、社会的距離を軽視すれば当初の成功を無にする恐れがあると述べた。 ドイツではここ数週間、1日当たりの感染者数が着実に増加しており、専門家らは、一部で衛生や距離の順守が緩んでいることが全土への感染拡大を招いていると警告している。 会長はアウグスブルガー・アルゲマイネ紙とのインタビューで、「われわれはすでに、第2波の緩い上昇基調の中にある」と説明し、通常に戻りたいという欲...

英独仏などで国民の半数以上「コロナで検査や隔離、マスクが義務ならバカンス中止するわ」

ドイツ、英国、フランスの国民の半数以上が、新型コロナウイルス感染対策として隔離や検査、屋外でのマスク着用を強いられるようなら休暇の旅行を中止しようと考えていることが分かった。 市場調査会社ユーガブが行った調査(7月13─23日)によると、例年休暇に海外旅行をしているドイツ人の3分の2が、帰国時に新型コロナ検査が必要なら旅行を中止すると回答した。同国は今週、130カ国からの入国者に新型コロナ検査を義務付けた。 今月1日に12カ国からの入国者に検査を義務付けたフランスでは、例年休暇に海外旅行をしている回...

スペインの新型コロナ死者、公式発表より6割近く多い可能性

スペインのエル・パイス紙は26日、同国の新型コロナウイルス感染症による死者数について、公式発表の2万8432人よりも60%近く多い可能性があるとする独自調査の結果を報じた。スペイン当局が発表するコロナ死者数は、検査を受けて感染が正式に確認された人のみが含まれており、感染が疑われるが検査は受けずに死亡した人は対象外。スペインでは他の多くの国と同様、特に感染拡大の初期段階において検査態勢が十分でなく、公式発表の死者数が実際より少ない可能性がある。同紙は、感染疑い例も含めた地方の統計を集計した結果として...

コロナ復興基金めぐるEU首脳会議が紛糾 域内の南北対立の様相も

新型コロナウイルス禍で落ち込んだ経済の立て直しに向けた7500億ユーロ規模の復興基金案を巡って協議するため17日開幕した欧州連合(EU)首脳会議は、20日早朝まで議論を続けたが合意に至らず、同日1400GMT(日本時間午後11時)まで休会することとなった。 ミシェルEU大統領は、世界中で60万人以上が新型コロナにより命を落としたと指摘。前代未聞の危機を前に結束し、「不可能な使命」を成し遂げ合意するようEU首脳らに呼び掛けた。 大統領は3回連続となる夕食会の席上、「是非とも合意し、あすにはEUが不可能...

英政府、新型コロナ抗体検査キット無償配布へ 20分で結果判明、98.6%の正確性

英政府が支援して6月に実施した新型コロナウイルスの抗体検査で98.6%の正確性が示されたことを受け、政府は大量の検査キットを無償で配布する計画に着手した。 英紙デイリー・テレグラフが17日、報じた。 この検査はオックスフォード大学などと共同で開発されたもので、指先から採取した血液を使用し、結果は20分以内に判明する。 これまでに承認されている抗体検査は、血液検体を検査機関に送り、結果判明までに数日を要するもののみだった。 同紙によると、この検査キットは今後数週間内に規制当局の承認が得られるとみられ、...

米当局、ヨーロッパからの留学生を入国制限の適用除外に

米国務省は16日、議員宛ての文書で、新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて実施した海外からの入国制限について、欧州からの留学生を適用除外にする方針を明らかにした。 同省はまた、オペア(ホームステイ先から家事手伝いの報酬を得て学ぶ留学生)や米国のビザ保持者の家族についても、一部を入国制限の適用除外にするとした。ロイターは同文書を閲覧した。 トランプ政権は入国制限の段階的な解除に動いており、今回示した方針はその一環。トランプ大統領は3月に、欧州で新型コロナ感染者が急増したのを受け、欧州の大半の国々から...

欧州CDC、新型コロナ「エアロゾル感染」リスクを検証中

欧州連合(EU)の専門機関、欧州疾病対策センター(ECDC)は15日、新型コロナウイルスの感染経路について、会話などで飛散する飛沫に加え、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した感染のリスクについて検証していると明らかにした。 ECDCのアンドレア・アモン所長はロイターに対し、エアロゾル感染が全体の感染に占める割合は分かっていないとしながらも、「エアロゾルと飛沫の双方が感染経路となる可能性があることは分かっている」と指摘。「職場での感染拡大リスクに関する技術的な報告書を作成している」とし、企業のオフ...

スペイン、100以上のクラスター発生でコロナ再拡大 カタルーニャ州西部ではロックダウンも

スペイン北東部カタルーニャ自治州のトラ首相は13日、新型コロナウイルス感染の再拡大を受け、同州西部リェイダ周辺の住民16万人に外出禁止令を発令すると表明した。 裁判所は、地方当局が住民に自宅にとどまるよう命じることは行き過ぎとし、外出禁止令の発動を差し止める判断を下したが、トラ首相は「法的解決策を探り時間を失う余裕はない」とし、住民に外出禁止を命じる法令を承認するとした。 スペインでは6月に1日の新規感染者数が平均132人程度まで減少したものの、感染者の増加ペースは7月に入り加速。先週末には333人...

フランス、8日の新型コロナ感染と死者が週間平均突破 当局は第2波を警告

フランスで、8日に確認された新型コロナウイルス感染者と死者の数が過去1週間の1日平均を上回っており、保健当局者らは第2波の可能性を警告している。 8日に確認された感染者数は663人で7日の475人を上回り、それまでの7日間の平均の536人も超えた。過去数カ月の1日当たりの平均は、6月は435人、5月は715人、4月は2582人だった。累計は16万9473人となっている。 サロモン保健総局長はフィガロ紙に、フランスは「感染拡大、また第2波にも備えておくべき」と述べた。 8日に確認された死者数は32人で...