「歴史」の記事一覧

「政治」を基礎から学べる本、『教養としての「地政学」入門』『民主主義とは何か』『独ソ戦』の要点

<「あの国は、なぜそんなことをするのか」を知るために必要な「政治」の基礎知識を教えてくれるflier編集部イチオシの3冊> 数多くの本を紹介し、またその内容を要約するサービスを展開している「flier」の編集部がオススメする「要約の達人が選ぶ、今月の編集部イチオシ!」コーナー。7月は「政治」に焦点を当てた3冊を紹介する(この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です)。 ◇ ◇ ◇ 「政治」ということばを聞くだけで、Webページをそっと閉じてしまう人もいるかもしれません。政治...

歴史に残る過ちを犯したラムズフェルド…超エリートは何を見誤ったのか

<国防長官を2度務めたタカ派は、自分を過信するあまりアメリカを2つの泥沼に導くという負のレガシーを遺してしまった> 6月29日に88歳で死去したドナルド・ラムズフェルド元米国防長官は、ジャーナリストのデービッド・ハルバースタムが「ベスト・アンド・ブライテスト(最良にして最も聡明な者たち)」と呼んだエリートそのものだった。頭脳明晰で威厳に満ちていたが、最後には自らを過信するあまり自滅した。 超タカ派のラムズフェルドは、かつて「私は泥沼になどはまらない」と豪語した。だが彼の最大のレガシーは、イラクとアフ...

前世代の先輩たちがいつの間にか姿を消していった──氷河期世代と世代論

<急速な世代交代により、長い間「若手」を担ってきた「氷河期世代」も社会の中核となりつつある。「ただ世代交代だけが新しい思想をもたらす」と池内恵・東京大学教授は述べる。論壇誌「アステイオン」94号は「再び『今、何が問題か』」特集。同特集の論考「歴史としての中東問題」を2回に分けて全文転載する(本記事は第2回)> ※第1回:複合的な周年期である2021年と、「中東中心史観」の現代史 より続く 「ヴィジョナリー」から「ヒストリアン」へ このような平凡な「昔話」による「自分語り」は、できれば避けたかったのだ...

複合的な周年期である2021年と、「中東中心史観」の現代史

<今年2021年は日本では東日本大震災から10年だが、世界史的には「アラブの春」から10年、9・11同時多発テロ事件から20年、湾岸戦争から30年である。「ポスト冷戦期は中東問題の時代だった」と唱える、池内恵・東京大学教授。論壇誌「アステイオン」94号は「再び『今、何が問題か』」特集。同特集の論考「歴史としての中東問題」を2回に分けて全文転載する(本記事は第1回)> 周年期の構想 2021年という年は、多くの周年期が重なる、「複合的な周年期」とも言える年である。日本にとっては東日本大震災から10年と...

「黒人のウォール街」で起きた虐殺から100年 あのとき何があったのか

米オクラホマ州タルサで5月31日、アメリカ史上最悪ともいわれる黒人虐殺事件から100周年の追悼集会が開催。 バイデン米大統領が現地を訪れ、現職大統領として初めて追悼演説を行い、多くの人々がロウソクを手に祈りをささげた(写真)。 1921年のこの日、何があったのか。 発端は、若い黒人男性が白人女性を暴行した容疑で逮捕されたこと。拘束された男性をリンチしようと白人が集まり、黒人との間で衝突が発生した。 タルサのグリーンウッド地区は当時、「黒人のウォール街」と呼ばれる裕福な地域だった。 しかし白人の集団が...

歴史に置き去られた世界の廃墟たち…不気味で美しき9つの場所

<予期せぬ事態や時代の変化のために忘れ去られた場所──廃墟の魅力を象徴する9カ所を世界各地から紹介> 不気味な雰囲気をたたえつつ、歴史や冒険、さらには超自然を愛する人々の好奇心をかき立てる廃墟。古い採掘トンネルから砂漠の中の映画セットまで、とびきり魅力的な世界各地の「忘れ去られた場所」を紹介しよう。 ===== 01. イースタン州立刑務所 フィラデルフィア(アメリカ) DAVID EVISON/ISTOCK 1829~1971年に使われていた刑務所で、建設当時はアメリカ最大の建物だった。受刑者の拷...

奇妙な脚色のアニメ版よりはるかに面白い、「黒人の侍」弥助の数奇な人生

<ネットフリックス作品の主人公「黒いサムライ」は実在した人物。呪術やメカの要素を加えなくても想像力を刺激してやまない> ネットフリックスが配信を開始したオリジナルアニメ『YASUKE-ヤスケ-』は、空想の産物の寄せ集めだ。16世紀の日本を舞台にロボット、呪術師、邪悪な宣教師、ゾンビの武士、時空を超えた怪奇な悪役などが入り乱れる。多くの血が流れ、珍妙な解釈の武士道が説かれたりもする。歴史物というより、生煮えのごった煮のような作品だ。 タイトルにもなったヤスケは戦国の世を生きた「黒いサムライ」で、実在し...

習近平さえいなくなれば中国共産党は良くなるのか?

昨年、中央党校の元教授・蔡霞氏が在米中に「習近平がいなくなれば中国共産党は良い党になれる」と発言したが、そうだろうか?彼女は天安門事件まで人民を殺害するのは日本軍と国民党軍だけだと思っていたという。 元中央党校教授の「習近平さえいなくなれば」の論法 中国共産党員の幹部候補生を要請する中共共産党中央委員会党校(中共中央党校)(略称:中央党校)の退官教授だった蔡霞氏が昨年6月に在米中のある集まりで喋った20分間の声が録音されネットで公開されたことがある。そこでは「習近平は暴力団のボスで、党内の全ての人(...

習近平さえいなくなれば中国共産党は良くなるのか?

昨年、中央党校の元教授・蔡霞氏が在米中に「習近平がいなくなれば中国共産党は良い党になれる」と発言したが、そうだろうか?彼女は天安門事件まで人民を殺害するのは日本軍と国民党軍だけだと思っていたという。 元中央党校教授の「習近平さえいなくなれば」の論法 中国共産党員の幹部候補生を要請する中共共産党中央委員会党校(中共中央党校)(略称:中央党校)の退官教授だった蔡霞氏が昨年6月に在米中のある集まりで喋った20分間の声が録音されネットで公開されたことがある。そこでは「習近平は暴力団のボスで、党内の全ての人(...

大火災の悲劇から2年、ノートルダム大聖堂の今

850年の歴史を持つパリのノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生してから、4月15日で2年。崩壊の危機にあった建物は保全作業が大詰めを迎えており、今後は焼け落ちた尖塔や屋根の復元工事が始まる見込みだ。 マクロン大統領は現地を視察し、パリ五輪が開催される2024年に合わせて一般公開できるよう工事を急ぐ考えを表明した。...