「水害」の記事一覧

中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

大量の放水が行われているのは、中国・湖北省にある世界最大級の三峡ダム。 長江上流域の各地で続く大雨は中流の三峡ダムに流れ込む水量を増加させ続け、8月20日朝には過去最大規模の毎秒7万5000立方メートルに達した。 習近平(シー・チンピン)国家主席は18~19日に豪雨被害の安徽省を初めて視察し、対策強化を指示したが、三峡ダムは未曽有の大災害を回避できるのか。 <2020年9月1日号掲載> 【関連記事】 ・中国「三峡ダム」危機──最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する ・中国・三峡ダムに「ブラックスワン」...

中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設計最高水位に迫る

中国の長江にある世界最大級の三峡ダムの水位が最高レベルに迫っている。豪雨により、記録的な水量がダムに流れ込んでいることが原因。 20日に毎秒7万5000立方メートルの水がダムに流れ込んだ結果、ダムの水位は一晩で2メートル超上昇し、21日午前までに165.6メートルに到達。危険水位を約20メートルも上回り、設計最高水位である175メートルに迫りつつある。 当局は水位を下げるため、20日に放水量を過去最高の毎秒4万8800立方メートルに引き上げたが、水位が設計最高水位を超えるのを防ぐため、再び放水量の引...