「火星」の記事一覧

イーロン・マスクの宇宙船、火星到達への道を着実に歩む

イーロン・マスク率いるスペースXが火星到達への道を着実に歩んでいる。 テキサス州ボカチカにある同社の施設では近く、開発中の再利用可能な巨大宇宙船「スターシップ」の試験機SN8の飛行実験が行われる予定。 これまでで最高となる高度15キロの飛行を目指しており、民間の宇宙開発への期待は膨らむ一方だ。 <2020年12月15日号掲載> ===== 間も無く飛行実験が行われる予定の「スターシップ」(テキサス州ボカチカ) NASASpaceflight-YouTube...

新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

<米シアトルの企業が、原子力宇宙船のエンジンをNASAに提出> 米ワシントン州シアトルに拠点を置く企業が、宇宙船用原子力エンジンのコンセプトを考案した。実現すれば、将来の宇宙探査では、わずか3カ月で火星に到達できるようになるかもしれない。 コンセプトを考案したウルトラ・セーフ・ニュークリアー・テクノロジーズ(USNC-Tech)は、米航空宇宙局(NASA)にデザインコンセプトを提供したと述べた。宇宙飛行用の熱核推進(NTP)システムに関する研究の一環だ。 NTPシステムは、核分裂として知られるプロセ...

火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデルで算出される

<「他の惑星で自立的に生活するためには、何人が必要か」という問いに仏ボルドー工科大学の研究者は、独自の数学モデルによって算出した......> アメリカの起業家イーロン・マスクが率いる民間宇宙企業スペースXでは、火星の植民を視野に入れた宇宙船「スターシップ」の開発がすすめられている。 言うまでもなく、他の惑星への植民はたやすいことではない。入植者が自活するために、どのように現地の資源を取り出すのか、そのためにはどのような設備やスキルが必要となるのか、といった様々な課題を解決する必要がある。 スペース...

火星の大気中に神秘的な緑の光が初めて見つかる

<火星の大気中の微量気体を観測している探査機「トレース・ガス・オービター」が火星の大気中で緑に輝く光を初めてとらえた......> 欧州宇宙機関(ESA)と露ロスコスモスによる火星探査ミッション「エクソマーズhttp://www.esa.int/Science_Exploration/Human_and_Robotic_Exploration/Exploration/ExoMars」のもとで火星の大気中の微量気体を観測している探査機「トレース・ガス・オービター(TGO)https://explora...