「米司法」の記事一覧

アメリカでまた1つ、LGBTの歴史が動いた

6月15日、米連邦最高裁(写真)がまた1つ画期的な判決を下した。 トランスジェンダーや同性愛を理由にした解雇は性別に基づく雇用差別を禁じる公民権法に違反すると判断。職場におけるLGBTなど性的少数者の権利保護が明確になった。 2015年6月に最高裁が同性婚を合憲とする判決を下してから5年。 6月は世界中でレインボーフラッグがはためく「プライド月間」だ。 <2020年6月30日号掲載> 【話題の記事】 ・米シアトルで抗議デモ隊が「自治区」設立を宣言──軍の治安出動はあるか ・巨大クルーズ船の密室で横行...

米最高裁、性的マイノリティの雇用差別禁止を支持 同性婚合法に続く歴史的判断

米連邦最高裁判所は15日、性に基づく雇用差別を禁止している1964年公民権法第7編が、同性愛や心と体の性が一致しないトランスジェンダーの労働者の権利も保護しているとの判決を下した。 こうした問題を理由にニューヨーク州やジョージア州などで雇用主から解雇された3人が不当性を主張し、第7編の適用範囲を巡る最高裁の解釈に注目が集まっていた中で、同性愛者の結婚を合法とした2015年に続き、LGBTなどの性的少数者にとって画期的な判断が示された形だ。 最高裁判事のうち4人のリベラル派に加え、トランプ政権が17年...

「英アンドルー王子、米富豪の児童買春捜査に協力せず」米検察当局が批判

米検察当局は8日、児童買春の罪で起訴され、勾留中に死亡した米富豪ジェフリー・エプスタイン被告との関係を巡る聴取要請から逃れているとして、アンドルー英王子を非難した。 一方、アンドルー王子の弁護士は、検察は王子の協力よりも注目を集めることを目指していると批判した。王子はエリザベス女王の二男。 米当局は共謀容疑捜査の一環として、昨年8月に死亡したエプスタイン被告との友人関係についてアンドルー王子の聴取を求めている。 ジェフリー・バーマン連邦検事(マンハッタン)は、アンドルー王子は「自身が協力に前向きだと...

黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

<現場にいた警官4人全員が殺人で起訴されことで、司法上の「正義」は実現する見通しが付いたが......> ミネソタ州ミネアポリスで4日、警官から暴行を受けて死亡した黒人男性ジョージ・フロイドの追悼式が行われ、市内を霊柩車で移動するフロイドの棺に向かって、路上で警官が跪いて弔意を示す姿が見られた。 フロイドは先月25日、ミネアポリス警察に偽札使用の容疑で逮捕されたが、その際に警官のデレク・ショービン(懲戒免職処分)から道路に倒れた状態で首を膝で押さえつけられ、その後死亡していた。フロイドが「息ができな...

ミズーリ州が新型コロナ被害で中国を提訴した深い理由

<コロナ禍で被った健康的・経済的被害の責任を中国に求める訴訟を米ミズーリ州が起こした。「主権免除」という大きな壁があるのはわかっているのになぜ?> 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を巡り、米ミズーリ州は21日、中国政府と中国共産党の責任を問う訴訟を米連邦地裁に起こした。これまでに5万人を超える死者が出るなど感染拡大が深刻なアメリカでは、中国の責任を追及する声が政府高官などから上がっている。 とは言うものの、現行法の下でミズーリ州が勝訴するのは難しいと見られている。同州の狙いはどちらかと...

米最高裁がまさかの電話会議裁判 新型コロナウイルスの感染拡大で

米最高裁は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、史上初めて電話会議で裁判を実施すると発表した。トランプ大統領の納税・財務記録の開示を巡る訴訟の審理も対象となる。 5月に10件の訴訟について審理を実施、判事と弁護士は電話会議システムを通じて参加する。また、審理のライブ音声をメディアに公開する。ケーブルチャンネル「C─SPAN」は、全審理について音声を放送するとしている。 電話会議審理は5月4─6日、11─13日に実施するとしたが、個別案件の審理日程は明らかにしていない。 最高裁の広報担当者は、最...