「経済活動再開」の記事一覧

米ディズニー、フロリダのテーマパークを7月から段階的再開へ パレードや花火は中止

米娯楽大手ウォルト・ディズニーは27日、新型コロナウイルス流行によって閉鎖していたフロリダ州オーランドにあるテーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド」を7月11日から段階的に再開する計画を明らかにした。 フロリダ州オレンジ郡の経済復興作業部会はこの日、同計画を承認。同州のデサンティス知事の承認を経て、営業再開は正式に決定する。 ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート幹部のジム・マクフィー氏によると、7月11日にマジックキングダムとアニマルキングダムの2つのテーマパークを、その後7月15日にエ...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(18日現在)

■アップル、週内に米25店舗再開 世界では約100店舗が再開 米アップルは17日、週内に米国内の25店舗以上で営業を再開すると発表した。同社は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて閉鎖していた店舗の再開を進めており、世界では店舗の20%近くが再開されている。 ■中国本土の新型コロナ新規感染者は7人、前日から増加 中国国家衛生健康委員会の報告によると、中国本土で17日に新たに確認された新型コロナウイルス感染者は7人となり、前日の5人から増加した。 ■インドネシア、4月自動車販売は前年比91%減 新型コロ...

日本マクドナルド、緊急事態宣言解除で店内飲食を順次再開

日本マクドナルドは14日、緊急事態宣言の解除が決まった39県について、店内での飲食を15日から順次開始すると発表した。 宣言が解除され、自治体からの自粛要請などが出ていない地域では、15日以降25日までをめどに、準備の整った店舗から順次店内客席の利用を再開する。 緊急事態宣言の対象地域では当面の間、終日の店内客席の利用中止を継続し、状況を注視しながら今後の対応を検討する方針。 【関連記事】 ・緩むとこうなる?制限緩和を試みた韓国にコロナのしっぺ返し ・東京都、新型コロナウイルス新規感染10人 3月下...

マクドナルド、英とアイルランドでドライブスルー店舗を全面再開

米マクドナルドは12日、英国とアイルランドで新型コロナウイルス感染拡大に伴って実施されていた道路規制が緩和されていることを受け、6月初めまでに両国のドライブスルー店舗をすべて再開するとの計画を明らかにした。 具体的には、5月20日から両国のドライブスルー店舗30ヵ所で営業を再開。13日にイングランド南東部でパイロット店15店をオープンするが、サービスは料理宅配サービス「ウーバー・イーツ」を通じてのみ提供されるという。 また店舗でのサービスについて、メニューや営業時間が制限されるほか、営業と厨房で社会...

ブラジル大統領、感染者・死者とも大幅増でも規制緩和 ジムや理髪店の営業許可

ブラジルのボルソナロ大統領は11日、ジムと理髪店を不可欠なサービスと認定、営業継続を許可した。国内で新型コロナウイルスの感染者と死者数が大幅に増加する中、外出規制を緩和した。 大統領は以前から、州政府や地方自治体による外出規制策は行き過ぎだと批判している。「人命の問題は職と同列に扱われるべきだ。経済活動がなければ生きていけず、医師も医薬品もない」と述べた。 当初、生活に不可欠として営業を許可されていた薬局や食料品店などに続き、同大統領は宝くじ販売店や教会などを追加。3度目の指示となる今回は、不可欠な...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(12日現在)

■米シェール開発2社が減産計画、コンチネンタルは6月の販売停止 シェール開発を手掛ける米石油・天然ガス会社コンチネンタル・リソーシズとキャロン・ペトロリアムは11日、それぞれ減産計画を発表した。業界では、新型コロナウイルス危機で燃料需要が減退し、石油価格も急落する中で既に減産の動きが相次いでいる。 ■印自動車販売、今年度は新型コロナで最大45%減も=業界団体 インド自動車工業会(SIAM)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を理由に、今年度(4月1日開始)の販売台数が最悪の場合、前年...

オーストラリア、一部で飲食店など営業再開 人口の多い州での規制は継続

オーストラリアでは9日から、政府方針に従い首都キャンベラを含む複数の地域で小規模集会や飲食店の営業などが再開された。一方、人口の多いニューサウスウェールズ州やビクトリア州ではロックダウン(都市封鎖)を継続する。 モリソン首相は8日、感染の抑制継続を前提に3段階に分けて7月までに経済活動を完全に再開する計画を発表。 これを受けて首都キャンベラほか複数の州で9日から、10人までの集会などが許可された。 サウスオーストラリア州では11日から、10人までを対象に屋外の飲食が再開可能となる。ノーザンテリトリー...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8日現在)

■パキスタンが9日から一部封鎖解除、新型コロナ感染急増の中 パキスタンのカーン首相は7日、新型コロナウイルス感染拡大抑制のためのロックダウン(封鎖)の解除を9日から始めると表明した。ただ、当局がこの日発表した過去24時間の新たな感染者数は過去最多を更新した。 ■米中が閣僚級電話協議、経済・公衆衛生巡る協力で合意=中国商務省 中国商務省は、劉鶴副首相が8日に米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官と電話協議し、マクロ経済と公衆衛生を巡る協力を強化することで合意したと発表した...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(7日現在)

■ノルウェー中銀、政策金利0%に引き下げ 再利下げ想定せず ノルウェー中央銀行は7日、政策金利を0.25%から0%に引き下げた。市場では据え置き予想が大勢だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を和らげるため利下げに踏み切った。 ■英中銀、追加緩和見送り 深刻な不況予想し必要に応じて支援へ イングランド銀行(英中銀)は7日、政策金利と量的緩和(QE)の規模を据え置くと発表した。市場の予想通り追加緩和を見送ったが、新型コロナウイルスの感染防止のための封鎖措置の影響で今年は約300年ぶり...

ニューヨーク州、経済活動再開の第1段階は建設・製造業から 時期は未定

米ニューヨーク州のクオモ知事は4日、新型コロナウイルス流行で休止状態にある同州の経済活動の段階的な再開を巡る概要を明らかにした。まずは州内でウイルスの影響が最も限定的な地域で建設業などの一部業種の活動再開を認める計画。 クオモ知事は明確な再開時期は示さなかったものの、3月中旬から実施されている移動制限は15日に期限を迎える。 クオモ知事は、ロックダウン(都市封鎖)措置について「永久につ続けることはできない」と理解を示しつつも、「再開は封鎖よりも困難」とし、性急な経済再開が新型コロナ感染の第2波を招く...