「裁判」の記事一覧

「人生を取り戻したい」子宮内避妊器具など父からの「虐待」を告発したブリトニーの訴え実らず

<金銭面と私生活を管理する父親を後見人から外すよう求め、再度訴えた歌手のブリトニー・スピアーズだったが、裁判所は却下。一方、疑惑に対して父親のジェイミーは......> 成年後見人である父親のジェイミーに10年以上にわたって金銭面と私生活を管理され、多大な苦痛を味わってきたと訴えている歌手のブリトニー・スピアーズ(39)。 昨年11月に父親を後見人から外すよう求めた訴えを却下された彼女は再度訴えを起こし、6月23日にリモートで自ら審問に出廷した。 子宮内避妊器具(IUD)の装着の強制など父親からの「...

ブリトニー・スピアーズが後見人に避妊リングを強制されているのは不当と訴え

<スピアーズはアーティストとして成功し5000万ドルの資産をもちながら、父親に「認知症」と呼ばれて自由に金を使えず、妊娠もできない> 人気歌手ブリトニー・スピアーズが、成人後見人に子宮内避妊具(IUD)の装着を強制されているのは不当だと裁判所に訴えた。自分はIUDを外して、赤ちゃんを産みたいのだ、と。 2008年から財産管理と生活面でのさまざまな決定について成人後見人制度を適用されているスピアーズは、適用の取り消しを求めており、6月23日にロサンゼルス郡裁判所にリモート出廷し、陳述を行なった。 スピ...

重大な変化の時?黒人男性死亡事件で警官に有罪判決

<黒人男性を死亡させた元警官に有罪評決が出た直後、バイデンは遺族に連絡をとり、国民に人種差別解消に向けた決意と警察改革を訴えた> 黒人男性ジョージ・フロイドを逮捕する際、首を膝で圧迫して死亡させたデレク・ショービン元警官に殺人を含む3件の有罪評決が出たこと受けて、ジョー・バイデン大統領は国民向けに演説を行い、フロイドの事件に抗議する昨年夏の全国的なデモを公民権運動と比較し、議会に全面的な警察組織の改革を迫った。 「あれは白昼堂々行われた殺人だった。全世界がアメリカ全土に蔓延する人種差別を目の当りにし...

トランプ陣営、訴訟費用に25万ドル 郵便投票などで200件以上の訴訟

米連邦選挙委員会(FEC)のデータによると、11月米大統領選で再選を目指すトランプ大統領の陣営は、郵便投票などに絡む訴訟向けにこれまでに計25万ドルの弁護士費用を支払った。 大統領選に絡み、これまでに200件以上の訴訟が起きており、多くは郵便投票に関するもの。激戦州であるペンシルベニア州の郵便投票手続き変更に関する訴訟も含まれる。 FECのデータによると、トランプ陣営が8月に支払った弁護士関連費用は98万ドル超で、7月の約33万2000ドルから急拡大した。3─8月では計390万ドルに上る。 一方、同...

アメリカ大統領選、早くも空前の訴訟合戦に 激戦州の勝敗も左右か

11月3日の米大統領選まで残り約40日となり、与党・共和党の現職トランプ大統領と野党・民主党候補のバイデン前副大統領の両陣営が、空前の訴訟合戦を展開している。双方とも、勝利の鍵を握るとみられる州での票集計ルールについて、自分たちに有利な方向に持って行くのが第一の狙いだ。 今回は新型コロナウイルスのパンデミックという要素があるため、本来なら取り立てて問題にならないはずの投票での署名や消印、郵便投票回収箱(ドロップボックス)の設置方法などで論争が起きた。トランプ氏が根拠を示さないまま郵便投票を批判、集配...

オーストラリア政府、外国の干渉めぐる裁判資料で「主導者は中華人民共和国の政府」と名指し

オーストラリアは同国初となる外国の干渉を巡る警察の捜査について、対象となっている国家が中国であることを裁判所資料の中で公式に名指しした。 この資料は豪政府弁護人が9月1日に連邦最高裁判所に提出。豪政治家に影響を及ぼそうとする陰謀疑惑の捜査の中心が中国となっているのを公式に認めたのは初めて。 豪連邦警察およびオーストラリア保安情報機構(ASIO)はこれまで、ニューサウスウェールズ州議員の事務所などを6月26日に捜索したことが中国と関係あるかどうかについてコメントを拒否している。ただ、中国と関係があるこ...