「貿易」の記事一覧

韓国、日本の輸出管理めぐりWTO紛争処理手続きを再開へ 

韓国産業通商資源省は2日、日本の輸出管理を巡る紛争処理手続きの再開を決めたと表明した。紛争解決に向けた両国の協議が進展しなかったとした。 日本は昨年7月、半導体・ディスプレー製造に利用される材料3品目の韓国への輸出管理を導入。これを巡って韓国は昨年9月、世界貿易機関(WTO)に提訴していたが、同年11月、協議をさらに進めるために手続きを停止していた。 産業通商資源省は声明文で「日本政府は問題解決へのコミットメントを示さず、未解決問題の解決に向けた協議は進展していない」とした。 梶山弘志経済産業相は2...

輸出管理で韓国側と引き続き様々なレベルで対話=梶山経産相

梶山弘志経済産業相は15日の閣議後会見で、韓国向けの輸出管理強化策について「引き続き様々なレベルで対話していく」と述べた。 日本が行っている韓国への輸出管理強化について、韓国側は日本が挙げた問題点を改善したとし、日本側の解決策に関する立場を今月末までに明らかにするよう求めた。梶山経産相は「輸出管理は国際的な責務として適切に実施する観点から、国内企業や輸出相手国の輸出管理も含めて総合的に評価し、運用するもの」との立場を改めて示した。 収入を「雑所得」などに計上していることで、持続化給付金の対象外となっ...

北朝鮮代表団が今週中に北京訪問へ 食料供給など協議

北朝鮮の経済代表団が今週にも北京を訪問し、食料供給や通商問題について協議すると、匿名の関係者2人がロイターに明らかにした。北朝鮮では新型コロナウイルス流行により食料供給網が深刻な混乱に陥っている。 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に健康不安説が浮上しているが、関係者によると、今回の北京訪問は金委員長の健康状態とは無関係で、北朝鮮と中国商務省の当局者は金委員長の健康不安説が流れる前に、貿易および食料輸入拡大を協議するための会合開催を決定していたという。 関係者は、中国と北朝鮮の両政府がここ数週間で貿易再...

世界の自動車生産、コロナショックで20%強減の7100万台へ

自動車関連の調査会社LMCオートモーティブが20日発表したデータによると、世界の今年の自動車生産は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)とそれに続く景気後退(リセッション)で、前年比20%以上減少して7100万台程度になると予想されている。 減少幅は今年初めの予想より拡大し、台数では合計約1900万台の生産減となる。主要地域の景気回復の速度によっては、予想が下振れする恐れもあるという。 北米では4月、大半の施設で生産が停止されている。電気自動車(EV)大手テスラの「モデルY」、フォード・...

韓国貿易輸出、4月1─20日は大幅マイナス 新型コロナウイルスが海外需要直撃

韓国の税関統計によると、4月1─20日の輸出は前年同期比26.9%減少と、3月1─20日の9.3%増から一転、大幅マイナスとなった。新型コロナウイルス感染拡大による世界的なサプライチェーンの途絶や需要の落ち込みが響いた。 輸入は18.6%減。前月は4.0%増だった。 輸出の品目別では半導体が14.9%、石油化学製品が53.5%、自動車部品が49.8%、ワイヤレス機器は30.7%、それぞれ急減した。 国別では中国への輸出が17.0%減、米国向けが17.5%減、欧州連合(EU)向けが32.6%減だった。...

中国、マスクの品質基準を強化 輸出先からのリコール苦情受け

中国政府は10日、マスクや医療用の防護服などの品目について、通関検査の必須対象とし、輸出制限を強化した。 中国から輸入した海外政府や病院から、欠陥を指摘する苦情を受けて規制の導入が進んだ。オランダ当局は3月下旬、中国製の数万枚のマスクを品質基準を満たしていないとしてリコールした。 中国国内では今後、輸出用に医療用防護服などを製造している企業は追加書類を提出し、政府が定めた検査手順を経る必要がある。業界の専門家は、新たな検査によって、こうした製品の出荷に関する承認プロセスは、数日もしくは数週間長くなる...