「資源」の記事一覧

「金鉱の上に横たわる貧者」―アフガンの地下資源と中国

アフガン人を中国では「金鉱の上に横たわる貧者」と称するが、タリバン勝利の前から中国がタリバンと経済協力を誓い合った狙いの一つにアフガンに眠る地下資源がある。これまでの動きと現状を考察してみよう。 アフガンに眠る地下資源の実態 中国の「商務部国際貿易経済合作(協力)研究院・中国駐アフガン大使館商務処・商務部対外投資経済合作司」は2020年、『対外投資合作国別(地区)指南 阿富汗(2020年版)』という調査報告書を発行した(以後、報告書)。商務部というのは中国の中央行政省庁の一つで、「阿富汗(アフハン)...

経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオーストラリアの勝算は?

<資源大国オーストラリアにとって、最大の貿易相手国である中国への強硬姿勢には当然ながら不安もある> 最近、オーストラリア政府関係者の中国に対する強気発言が目立っている。アダム・フィンドレー少将(現在は退任)は昨年、中国との外交面での対立が戦争に発展する「可能性は高い」と、特殊部隊の兵士たちに警告した。 ピーター・ダットン国防相は今年4月、「台湾をめぐる(中国との)対立」は地域紛争につながる恐れがあるとの見解を示し、周囲を驚かせた。スコット・モリソン首相が昨年、国防費を大幅に増額する防衛戦略を発表した...

イラン人口の1/3が苦しむ水不足だが…中東の対立解消へのチャンスにできる

<ペルシャ湾岸諸国の中でイランは海水淡水化で出遅れている。米バイデン政権が一役買えば全ての国に利益がもたらされる> かつて偉大なペルシャ文明を生んだ地が、いま干上がろうとしている。今年のイランは50年来の深刻な干ばつに見舞われている。総人口約8500万人のうち、約2800万人には水が足りない。地域としては主に中部と南部。都市部の住民も農業地帯も悲鳴を上げている。 苦境に立たされているのはイランだけではない。世界で最も水資源の乏しい17カ国のうち、12カ国はペルシャ湾の沿岸諸国を含む中東・北アフリカに...

「北極圏はロシア領」開き直ったロシアのやりたい放題

ロシアが北極圏広域で軍事的影響力を拡大している──そんな欧米諸国の懸念に対し、ロシアのラブロフ外相は同海域は「ロシア領」と一蹴した。 「北極圏でのロシアの軍事活動拡大に対して泣き言が聞こえるが、ここがロシア領なのは誰もが知っている」と、ラブロフは発言。「ロシアは北極圏の安全に責任を持つ。ロシアの行動は合法だ」 ロシアはまた、北極海の航行ルールを自ら制定し、外国船舶に従わせると宣言している。アメリカとNATOは、ロシアが同海域を「食い物にしている」と非難した。 温暖化に伴う北極圏の海氷縮小により、資源...

トルコ、資源探査船で東地中海の調査実施へ ギリシャと緊張高まる恐れ

東地中海の海底資源を巡り、トルコとギリシャが対立している問題で、トルコ海軍は11日遅く、探査船「オルチ・レイス」による東地中海の調査を今月22日まで実施する方針を示した。 ギリシャとの緊張が高まる公算が大きい。 オルチ・レイスは、別の船舶「アタマン」「ジェンギズ・ハン」と共同で、ギリシャ領・カステロリゾ島の南方の海域などで作業を進める。 トルコとギリシャは先週、外相会談を実施し、この問題について二国間協議を行うことに合意していた。 トルコは先月、欧州連合(EU)首脳会議を控え「外交活動のため」オルチ...

世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

鉱物資源が豊富なオーストラリアとカナダが、自国企業への中国国有鉱業会社による買収攻勢を警戒し、案件審査を厳しくしている。銀行関係者やアナリストによると、こうした規制強化が中国の買収熱に水を差し、産金業界の統合をもくろむ中国政府の役割にブレーキをかけるかもしれないという。 今年になって中国の山東黄金集団や紫金鉱業集団は、カナダ北極圏から南米、西アフリカに及ぶ相次ぐ事業買収を先導してきた。 カナダ政府とオーストラリア政府は最近、こうした中国政府系企業の投資への規制を強めている。新型コロナウイルス危機によ...