「選挙」の記事一覧

香港立法会、選挙延期で任期「1年以上」延長 中国全人代が決定

中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は、香港立法会(議会)選挙が1年延期されたことを受け、現職議員の任期延長を決定した。 国営新華社通信によると、香港の現職議員は任期の期限である9月30日以降、「1年以上」職責の履行を続けるとした。 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は先月末、新型コロナウイルス感染者数の増加を理由に、9月6日に予定していた立法会選を1年延期すると発表した。 全人代常務委は、香港の立法会選延期を支持すると表明した。[ロイター]Copyright (C) 2020トム...

トランプ、大統領選でフロリダ州の郵便投票を容認? 従来姿勢一転で混乱も

トランプ米大統領は4日のツイッターへの投稿で、フロリダ州において大統領選の郵便投票を容認するような姿勢を示した。これまでの態度を一変させたことに混乱が広がりそうだ。 トランプ氏は最近数週間、投票所で投票できない明確な理由がある場合にのみ郵送で行われる不在者投票に比べ、基本的に郵送を介して実施する投票は不正が横行しやすいと主張し、一貫して否定的な考えを示してきた。一方、郵便投票は新型コロナウイルスの感染リスクを低下させる手段として採用する州が増えている。 こうした中でトランプ氏は突然、結局のところ不在...

香港法曹界、政府の議会選延期は法律違反の可能性と指摘

香港の弁護士でつくる香港大律師公会は、9月に予定されていた立法会(議会)選挙を1年延期する香港政府の決定は法律に違反している可能性があるとの見解を示した。 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は31日会見し、新型コロナウイルス感染者数の増加を理由に選挙を延期すると発表した。政治的な配慮はないとした。 立法会選挙は香港国家安全維持法(国安法)が6月末に施行されて以来初めての選挙となるはずだった。国安法は、国家分裂、政権転覆、テロ活動、外国勢力との結託を犯罪行為と定め、最高刑として終身刑を科す。 香...

トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢のシナリオ」

トランプ米大統領が30日、ツイッターで、郵便投票で不正が起きる懸念があることを理由に11月3日の大統領選の延期に言及した。与野党双方の議員が早速反対の声を上げ、法律専門家も否定的な見方を示した。トランプ氏もその後、大統領選の延期は望まないと表明した。 だが、大統領選の結果が紛糾して決着までに数週間、場合によっては数カ月かかりかねない可能性も浮上している。 実際に起こりそうな事態と、その後に想定される展開をまとめた。 結果発表の遅れ 合衆国憲法は、大統領選の日程を変更する権限を持つのは連邦議会だけと定...

香港当局、黄之鋒氏ら民主派12人の立法会選挙候補資格を取り消し

香港政府は30日、立法会(議会)選挙で民主派12人の立候補資格を取り消したと発表した。今後追加で同様の決定を行う可能性があるとした。 政府は声明で、民衆自立を促したり、外国政府による介入を求めたり、国家安全維持法への反対を表明したりすることは「基本法」に抵触する行為だと指摘した。 「一部が主張するような政治的な検閲、言論の自由の制限、選挙に立候補する権利のはく奪などの問題はなかった」としている。 民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏も取り消されたひとり。このほか公民党のメンバーなど今月初めに行...

米共和党の有力議員ら、中国がTikTok利用し選挙に介入する可能性懸念

米共和党の有力上院議員グループは、中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、米国の選挙に介入する可能性を分析するようトランプ政権に要請し、TikTokへの圧力を強めた。 書簡は28日付で、国家情報長官室(ODNI)、国土安全保障省(DHS)長官代行、連邦捜査局(FBI)長官に宛てた。マルコ・ルビオ氏、トム・コットン氏など、共和党の複数の有力上院議員が署名した。 議員らは書簡で、TikTokが少数民族ウイグル族の扱いを巡って中国政府に批判的な内容の動画など、一部のコンテンツを検...

香港民主活動家の黄之鋒、議会選挙に出馬「最後の瞬間まで戦い続ける」

香港の民主活動家、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は20日、9月6日投票の香港立法会(議会)選挙への立候補を届け出た。 同氏は民主派が今月実施した非公式の予備選で得票を集めた若手急進派の1人。 政治アナリストや民主活動家は、当局が候補者のうち数人を不適格とする可能性があるとみている。 中国政府の香港出先機関は、予備選自体が香港国家安全維持法違反にあたる可能性があると指摘している。 黄氏は記者団に対し「終身刑となる危険を冒しても、人々からの信任を受け、我々が最後の瞬間まで戦い続けることを世界に知らしめた...

コロナ下の米大統領選、予算不足に悩む選挙管理当局 投開票混乱で結果に疑問符つく恐れ

ミシガン州のある街は、新たな機械を導入して不在者投票の開票速度を速めたいと考えている。 オハイオ州の選挙管理当局は、投票所に新型コロナウイルス対策を施し、有権者や担当職員を安心させたいと考えている。6月の予備選挙で長蛇の列ができて混乱したジョージア州は、もっと簡単に不在者投票を済ませることができる用紙を有権者に送りたいと考えている。 いずれのケースも、実現するための資金がないと選挙運営の当局者は言う。しかし、どれも11月3日の大統領選の結果を左右する可能性がある。 秋に大統領選を控える今年、全米各州...

英政府「ロシア、ブレグジット争点の19年英総選挙に介入 機密文書漏えい」

英政府は16日、2019年12月に実施された総選挙にロシアが介入を図った形跡が確認されたと明らかにした。英米自由貿易協定を巡る機密文書を不正に入手し、インターネット上に漏えいさせたとしている。ただ、介入の最終的な目的については明らかにしなかった。 ロシアは16年の米大統領選と17年の仏大統領選に介入した疑いが持たれている。 ラーブ外相によると、政府の調査でロシアが総選挙に繰り返し介入を図ったことが判明。「英米自由貿易協定に関する政府の機密文書が選挙前に不正に入手され、ソーシャルメディアプラットフォー...

香港民主派予備選、60万人超が投票 国家安全法が影さすなか予想上回る

9月に予定される香港の立法会(議会)選挙に向け民主派が11─12日に実施した予備選は、投票者数が60万人を超えた。予備選を巡っては、香港政府高官が「香港国家安全維持法」(国安法)に違反する可能性があると警告していたが、香港各地に設けられた約250の投票所には行列もみられた。 主催者側によると、2日間の日程を終えた時点で、オンライン投票者数は59万2000人、従来の紙投票は2万1000人と、予想を上回り、昨年の選挙での民主派支持者の約3分の1に上った。 主催者の1人は「国安法が暗い影を落とす中、60万...