「都市封鎖」の記事一覧

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(13日現在)

■米ツイッター、一部従業員の無期限在宅業務を容認 米ツイッターは12日、一部の従業員に対し、期限を定めずに在宅業務を行うことを認めると発表した。対象となる従業員数は明らかになっていない。 ■再開急げば「不要な苦しみ」、米感染研ファウチ氏が第2波を警告 米トランプ政権の新型コロナウイルス対策本部の主要メンバーである国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は12日、上院委員会の公聴会で証言し、ロックダウン(都市封鎖)措置の解除を急げば、新型コロナ感染の第2波を招くリスクがあると警鐘を鳴らした。 ■米下...

フィリピン、新型コロナウイルス対策の都市封鎖延長 マニラとセブで

フィリピンは、今週末までとなっている新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けたロックダウン(封鎖)措置を、首都マニラとセブ島で6月まで延長する方針を示した。 経済への影響を踏まえロックダウンの緩和に動きつつある世界各国の流れに逆行する。 ドゥテルテ大統領は12日午前に国営テレビで放送された新型コロナ対策会議で、措置の延長に言及したが、具体的にどの地域が対象になるかや延長の期間については触れなかった。その後、ローク報道官が、延長期間と地域を確認した。 報道官によると、低リスクと認定された国内の大半の地域で...

ブラジル大統領、感染者・死者とも大幅増でも規制緩和 ジムや理髪店の営業許可

ブラジルのボルソナロ大統領は11日、ジムと理髪店を不可欠なサービスと認定、営業継続を許可した。国内で新型コロナウイルスの感染者と死者数が大幅に増加する中、外出規制を緩和した。 大統領は以前から、州政府や地方自治体による外出規制策は行き過ぎだと批判している。「人命の問題は職と同列に扱われるべきだ。経済活動がなければ生きていけず、医師も医薬品もない」と述べた。 当初、生活に不可欠として営業を許可されていた薬局や食料品店などに続き、同大統領は宝くじ販売店や教会などを追加。3度目の指示となる今回は、不可欠な...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(12日現在)

■米シェール開発2社が減産計画、コンチネンタルは6月の販売停止 シェール開発を手掛ける米石油・天然ガス会社コンチネンタル・リソーシズとキャロン・ペトロリアムは11日、それぞれ減産計画を発表した。業界では、新型コロナウイルス危機で燃料需要が減退し、石油価格も急落する中で既に減産の動きが相次いでいる。 ■印自動車販売、今年度は新型コロナで最大45%減も=業界団体 インド自動車工業会(SIAM)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を理由に、今年度(4月1日開始)の販売台数が最悪の場合、前年...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(11日現在)

■中国自動車販売、4月は約2年ぶりにプラス成長 コロナ制限緩和で 中国汽車工業協会(CAAM)が公表した統計によると、4月の自動車販売台数は前年同月比4.4%増の207万台だった。前年比でプラスとなるのは2018年6月以来約2年ぶり。経済活動が再開し始め、新型コロナウイルスに関連した移動制限が緩和されたことを受け、ショールームに来訪する顧客が増えた。 ■仏自動車メーカーは生産国内回帰を、見返りに政府支援=財務相 フランスのルメール経済・財務相は11日、国内自動車メーカーは政府支援と引き換えに生産の国...

オーストラリア、一部で飲食店など営業再開 人口の多い州での規制は継続

オーストラリアでは9日から、政府方針に従い首都キャンベラを含む複数の地域で小規模集会や飲食店の営業などが再開された。一方、人口の多いニューサウスウェールズ州やビクトリア州ではロックダウン(都市封鎖)を継続する。 モリソン首相は8日、感染の抑制継続を前提に3段階に分けて7月までに経済活動を完全に再開する計画を発表。 これを受けて首都キャンベラほか複数の州で9日から、10人までの集会などが許可された。 サウスオーストラリア州では11日から、10人までを対象に屋外の飲食が再開可能となる。ノーザンテリトリー...

新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(9日現在)

■欧州委、コロナ禍で公的支援受ける企業の配当・賞与など禁止 欧州委員会は8日、新型コロナウイルスの影響で国の救済を受ける企業は、国の出資が継続する限り、配当支払いや自社株買い、賞与の支給が禁止されるとの認識を示した。また国は当該企業に対し、返済の優先順位が低い劣後ローンを好条件で提供できるとした。 ■米テスラの国内自動車工場、地元当局が再開認めず 米電気自動車(EV)大手テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は、新型コロナウイルス流行を受けて一時停止しているカリフォルニア州フリーモントの工場で8日午...

ブラジル、6日の新型コロナ感染が1万人突破し過去最多に 都市封鎖の可能性も

ブラジルで6日、新型コロナウイルスの新規感染者と死者がこれまでで最多となり、タイシ保健相は、特に感染が深刻な地域で厳格なロックダウン(都市封鎖)が必要になる可能性を示唆した。 保健省のデータによると、感染者数は24時間で1万0503人増加した。1日の増加数としては4月30日に記録した7288人を大きく上回り、これまでで最多となった。死者の増加数も最多の615人となった。 同省当局者は、まだ統計に反映されていない検査結果が10万件以上あるとし、今後数日で感染者数が大幅に増加する可能性を示唆した。 累...

民泊仲介エアビーアンドビー、25%の人員削減へ 新型コロナで旅行需要激減

米民泊仲介大手エアビーアンドビーは5日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界的に旅行需要が激減していることを受け、全従業員数の25%に当たる約1900人の削減を実施する方針を明らかにした。 ブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)は従業員宛てのメモで「エアビーアンドビーの事業は大きな痛手を受けた。今年の売上高は昨年の半分以下になると予想している」とした。 米国で削減対象となる従業員には、14週間分の給与に勤続年数に応じた割増金を加算した額を支払う。 新型コロナの影響で多くの人が休暇や出張など...

ドイツ、都市封鎖さらに緩和へ 全商店の営業やサッカー・ブンデスリーガ再開

ドイツの州首相らは6日に開くメルケル首相との電話会議で、新型コロナウイルスの感染抑制に向け実施しているロックダウン(都市封鎖)措置のさらなる緩和について合意する見通しだ。関係筋が4日、ロイターに明らかにした。 州首相らは大規模商店の再開を認めるとみられ、おそらく11日からの再開が可能になる見通しという。 小規模商店は対人距離を確保することを条件にすでに営業再開が認められている。 州首相らはサッカーのブンデスリーガについても、厳格な条件の下、無観客で15日から再開を認める見通しという。 学校については...