「金正恩」の記事一覧

北朝鮮の「控えめ」パレードを読み解く3つのポイント

<金正恩のダイエット成功──以外のポイントは? 外交、軍事の専門家はパレードをどう見たのか> 9月9日午前0時、北朝鮮の建国73周年を祝う軍事パレードが首都平壌の金日成広場で行われた。北の核ミサイルがアメリカとその同盟国を脅かすなか、外交や軍事の専門家はパレードの映像から北の内情を読み解こうとしている。 最大の注目点は、長距離弾道ミサイルなどの大型兵器が登場せず、金正恩(キム・ジョンウン)総書記の演説もなかったこと。これを国際社会に向けた和解のサインとみる向きがある一方、それは希望的観測にすぎず、戦...

弾道ミサイルより防護服?北朝鮮「平和的」パレードの異変

<金正恩による演説も戦略兵器の登場もなしの「地味パレード」が映し出す厳しい国内事情> 韓国軍の関係者は、北朝鮮が9月9日未明に行った軍事パレードを注視していたと本誌に語った。金正恩が北朝鮮の最高指導者に就任してからまもなく10年。この間、北朝鮮と韓国は対立と緊張緩和を繰り返し、両国関係はいまだ不安定なままだ。 韓国国防省の報道官は「韓国軍は北朝鮮の軍事パレードを注意深く見守っている」と本誌に語った。「アメリカと協力の下、詳細な分析を行っているところだ」 在韓米軍も、このパレードに注目していた。在韓米軍の報道官であるリー・ピーターズ大佐は、本誌の取材に次のように語った。「北朝鮮が最近、軍事パレードを実施したことは認識している。我々としては、韓国をあらゆる脅威や敵対勢力から守るために、引き続き協力して防衛態勢を取っていく」 北朝鮮はこれまで幾度も軍事力を誇示してきたが、建国73周年を記念して9日未明に実施されたパレードは、異色と言えるものだった。最新型のミサイルや戦闘能力を誇示してきた過去の軍事パレードに比べて、かなり控えめな内容だったのだ。 軍用犬や防疫隊が行進 パレードは金正恩がバルコニーから見下ろす平壌の金日成広場で行われ、馬に乗った騎兵部隊、軍の捜索犬を伴った兵士たちや、新型コロナ対策様のオレンジ色の防を身につけた防疫隊などが隊列を組んで行進した。 ロケットをけん引していたのは、これまでのような軍用トラックではなく、北朝鮮の国営メディアである朝鮮中央通信によれば、「非常事態に侵略者やその配下にある部隊を圧倒的な火力で砲撃するための兵器を積んだトラクター」だった。 複数の報道によれば、金正恩は演説しなかったが、「歓声をあげる熱狂的な市民に温かく応じていた」ということだ。 朝鮮中央通信は、最高指導者である金正恩を熱烈に称賛。「唯一無二の英雄であり、我が国が繁栄する新時代を体現し、その熱烈な愛情と自己犠牲の精神で国と国民に向き合い、国家第一主義の金正恩朝鮮労働党委員長に対して、パレードに参加した全員が、最大限の賛美と深い感謝の念を示した」と報じた。 金正恩体制がまもなく10年を迎える一方で、韓国の文在寅大統領は2022年5月に任期満了を迎える。そしてアメリカでは、ジョー・バイデン大統領が就任1年目にして、既に国内で複数の厄介な問題に、そして国外ではさらに差し迫った外交上の問題に直面しており、こうした状況を鑑みると、朝鮮半島は今後もしばらく不安定な状況が続きそうだ。 ===== 文在寅はこれまで、歴史的な数の南北朝鮮首脳会談を取り仕切ってきた。その全てが、バイデンの前任者であるドナルド・トランプが現職の米大統領として初めて、北朝鮮の指導者と会談を行ったのと同じ、2018年に行われたものだ。しかし翌2019年2月の米朝首脳会談で、(アメリカによる北朝鮮の)体制保障と引き換えの非核化や対北朝鮮制裁の緩和についての合意がまとまらなかったことで、交渉の機運は失われた。 そして過去2年の間に、再び緊張が高まってきている。金正恩は核実験や大陸間弾道ミサイルの発射実験をまだ再開してはいないが、自分にはそれを行う自由があると宣言している。 それでも、北朝鮮も韓国も公式には、和解と再統一を模索している。7月には北朝鮮と韓国の軍当局が通信回線を復旧させることで合意し、関係改善の兆しが示された。だが8月には北朝鮮の当局者たちが、韓国によるアメリカとの合同軍事演習実施の決断を激しく非難し、再び緊張が高まった。 バイデン政権は北朝鮮との外交交渉を模索していく意欲を示しているが、アメリカはいかなる挑発行為にも相応の対処をすると警告もしている。9日の軍事パレードは、バイデンが1月に大統領に就任して以降、初めての挑発行為の類となる。平壌ではバイデンの就任直前にも、第8回朝鮮労働党大会を記念する壮大なパレードが行われた。 危機感が伺える党書記の演説 その後、金正恩は公の場で行った複数の発言の中で、北朝鮮が危機に見舞われていることを認め、「苦難の行軍」という言葉まで使った。この言葉は、正恩の父親である金正日が最高指導者だった1990年代半ば、朝鮮労働党が国民に、当時の飢饉と経済的苦境を乗り越えようと呼びかけた際のスローガンとして知られている。 また北朝鮮は、いまだ新型コロナウイルスの感染例を1例も報告していない世界で5つしかない国の1つだが、今も厳しいロックダウンと隔離措置を取っている。2021年はじめに隣国である中国で新型コロナの感染が拡大した際、国境を閉鎖した最初の数カ国のうちの1つでもあった。ワクチンの提供をはじめ、海外からの支援の申し出も一切受け入れていない。 9日の軍事パレードで演説を行ったのは、李日煥党書記だった。李は演説の中で、「国と国民が一心団結の威力で現在の難局を乗り切り、社会主義建設の新たな高潮期、激変期を切り開いていく」と述べた。 ===== 李はまた、困難に直面するなかでも、自立を掲げる主体思想の順守を擁護した。「政府は今後も、いかなる状況下でも自立と自己啓発の原則の下、自らの努力によって全てを解決していく国民の尊厳と基本的利益をしっかりと守っていく」と彼は述べた。 この原則の下、北朝鮮は軍事力を増強し、防衛産業全体の近代化を行っていくとも彼は主張。「全人民を武装させ、全土を要塞にして国防能力を強化していくという労働党の政策を実行するための取り組みを加速させていく」と表明した。 「どのような困難も、偉大なる同志・金正恩の下、我が国と国民が新たな革命の勝利に向かって進んでいくのを止めることはできない」 ===== Crowds rush towards Kim Jong Un during a large parade held in Kim Il Sung Square in celebration of North Korea's 73rd founding anniversary.(KCTV, Sept. 9, 5 p.m.)https://t.co/XQuixSkCKk pic.twitter.com/EVurYBMhkC— NK NEWS (@nknewsorg) September 10, 2021 BREAKING: Rodong Sinmun photos of last night's parade show Kim Jong Un in a suit with his top official Jo Yong Won standing next to him in some photos. Fireworks were held, as NK News initially reported per informed sources: https://t.co/1lUz8O4VGV pic.twitter.com/evz8DsdY1l— NK NEWS (@nknewsorg) September 9, 2021 BREAKING: Rodong Sinmun photos of the parade do not show any ballistic missiles, while photos show North Korean troops marching as Kim Jong Un watches pic.twitter.com/ha9F0DqR0w— NK NEWS (@nknewsorg) September 9, 2021

北朝鮮が支援国・中国からの入国を徹底して禁止せざるを得ない事情

<同盟国で援助国でもあるはずの中国の外交官さえ入国させない姿勢。一方で政府の体制と金正恩の体形にも変化が> 北朝鮮は最近、中国外交官の入国を禁止したようだ。韓国の諜報機関が報告した。さらに、あらゆる違法な越境を阻止するため、国境沿いに監視所やコンクリート構造物を建設しているという。韓国の国家情報院(NIS)は7月8日、韓国の議員たちに向け、北朝鮮が中国人の入国を阻止していることについて非公開で説明したとAP通信は報じている。 説明会に出席した議員の一人、河泰慶(ハ・テギョン)によれば、北朝鮮はまだ外...

焦りの文在寅、諦めの金正恩、文が汚名を回避するリミットは3月

<何の成果も出せず、支持率が下がり始めた文在寅政権。2022年3月の韓国大統領選を前に、北朝鮮問題が動き出すかもしれない> 朝鮮半島情勢は2021年末に向けて騒がしくなりそうだ。まず、2022年3月に韓国で大統領選がある。選挙戦は既に始まっている。 文在寅(ムン・ジェイン)政権の支持が振るわない。2017年の就任以来、彼が誇っていた支持率40%の「コンクリート支持層」は崩れ始めた。 昨年の今頃は「あと10年は革新政権が続く」と豪語していた与党「共に民主党」も危機感を募らせている。 コンクリート支持層...

北朝鮮のナンバー2は誰? 「第1書記」ポスト復活は金正恩の健康不安が理由か

<北朝鮮で金正恩が2016年まで使っていた「第1書記」のポストが復活したと韓国が発表。その狙いと有力な候補者とは> 北朝鮮で事実上のナンバー2となる第1書記のポストが復活し、金一族以外の人物が就任する──。 6月上旬に韓国統一省は、北朝鮮が今年1月の朝鮮労働党大会で改正した党規約で、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が2016年まで使っていた呼称が復活したと発表。韓国メディアは金の最側近である趙甬元(チョ・ヨンウォン)の就任が有力だと報じた。 5年間の空席を経てかつての肩書が復活した背景には、健康不安...

金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

<故金正日総書記の生誕記念公演での些細な発言が原因?> 韓国の新聞が先日、北朝鮮の最高指導者である金正恩総書記の命令で、合唱団の指揮者が公開処刑されたと報じた。記事によれば、この人物は大勢の人の目の前で90発も銃で撃たれて死亡し、合唱団はその遺体の周囲を行進することを強要されたという。 日刊紙「東亜日報」の記者、周成賀が書いたこの記事は、4月29日に発行された後、インターネット上で拡散されている。現時点で、記事の内容を裏づける証拠は見つかっていない。 周によれば、きっかけは故金正日総書記の誕生日であ...

北朝鮮の脅しに米北方軍司令官「米本土に届くミサイルは最大3基」「本土を守る能力はある」

<米朝関係が行き詰まるなか、北朝鮮はアメリカに強い警告を発した> 北朝鮮が米韓の合同軍事演習を「止めろ」とアメリカを脅したことを受けて、米北方軍および北米航空宇宙防衛司令部のグレン・バンハーク司令官は、米軍には引き続き「米本土を守る」用意があると述べた。 ジョー・バイデン米政権は、中国と北朝鮮に対抗するためアジアの同盟諸国との連携強化を目指しており、アントニー・ブリンケン国務長官とロイド・オースティン国防長官が3月15日からアジアを歴訪。日本および韓国の外交・防衛担当閣僚と会談を行っている。18日に...

北朝鮮のタカ派外相、姿見えず──バイデン次期政権睨んで交代か

<秋以降、対米強硬派の李善権外相が公の場に姿見せていない。話し合い路線へ転換の兆し?> 対米強硬派として知られる北朝鮮の李善権(リ・ソングォン)外相が公の場に姿を見せなくなって久しい。アメリカの政権交代を前に、朝鮮労働党委員長の金正恩(キム・ジョンウン)はもっと交渉手腕に優れた人物を新たな外相に任命する計画だとも伝えられている。 韓国の朝鮮日報によれば、李外相は8月を最後に公の場で目撃されていない。また、韓国の聯合通信は、これが今後の人事と関係があるのか事態を「注視している」という韓国政府高官の話を...

「菅首相誕生を祝う文在寅は売国奴」北朝鮮の非難に秘められた目的

<金正恩の狙いは、反日的な意見を持つ韓国の左派勢力を北朝鮮に引き付けることにある> 北朝鮮の対韓国宣伝サイトである「ウリミンジョクキリ(わが民族同士)」は24日、韓国の文在寅大統領が日本の菅義偉首相の就任を祝う書簡を送ったことは、「民心をないがしろにする反逆であり売国である」と非難する論評を掲載した。 文在寅氏は先月16日、菅氏に対して首相就任を祝い、日韓関係の発展を呼びかける書簡を送った。青瓦台(大統領府)が明らかにしたところでは、書簡には「韓国政府は菅新首相や新内閣とも積極的に協力し、過去の歴史...

金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送りに

<すでに主要メンバーら6人が公開銃殺されていたが、その他のメンバーの女子大生も粛清された> 北朝鮮で今年7月、首都・平壌の総合レジャー施設で組織的な売春を行っていたグループが摘発された事件については、本欄ですでに伝えた。 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、市内の東大院(トンデウォン)区域にある総合レジャー施設・紋繍院(ムンスウォン)の責任者が、有名映画俳優、平壌音楽舞踊大学、平壌演劇映画大学の教授らが20代前半の美貌の女子大学生に「1カ月に500ドル(約5万3000円)以上儲かる仕...