「革命防衛隊」の記事一覧

イランがミサイルを公開、巡航ミサイルの射程1000キロ ソレイマニ司令官の名を冠した弾道ミサイルも

イランは20日、弾道ミサイルと新型の巡航ミサイルを公開した。ハタミ国防軍需相はテレビ演説で、弾道ミサイルの射程距離は1400キロメートル、巡航ミサイルは1000キロと説明した。 国営テレビは「最新の巡航ミサイルによりイランの抑止力は一段と強化される」と伝えた。 弾道ミサイルは1月の米軍による空爆で死亡したイラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官の名前が、巡航ミサイルには同じく死亡したイラクのイスラム教シーア派武装組織のアブ・マフディ・アル・ムハンディス副司令官の名前が付けら...

米軍ドローンによるイランのソレイマニ司令官殺害は「非合法」=国連調査官

2020年1月、米軍が無人機攻撃でイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官ら10人を殺害したことについて、国連人権調査官は7月6日、国際法違反との見解を示した。 超法規的・即決・恣意的殺害に関する国連特別報告者として、この問題を調査したアグネス・カラマール氏は報告書で、米国はソレイマニ司令官の車列への攻撃を正当化するような、米国の利益への攻撃が続いている、あるいは差し迫っていることを示す十分な証拠を出せなかったと指摘。米軍による攻撃は国連憲章違反だとした。 また、武装無人機による標的型...

イラン、トランプの逮捕状取得 革命防衛隊の司令官殺害関与の疑い

イランの検察当局は29日、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の殺害に関与したとして、トランプ米大統領のほか35人の当局者の逮捕状を取得し、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に「国際逮捕手配書」(赤手配書)の発行を要請した。イランのファルス通信が報じた。 米国は今年1月3日、イラクの首都バグダッドの空港でソレイマニ司令官らを乗せた車列を空爆し、同司令官を殺害。国防総省は声明で「トランプ大統領の指示により、米軍は海外に駐留する米職員を守るため、ソレイマニ司令官を殺害すること...

イラン革命防衛隊のミサイル開発に新事実 アルミ粉末計画の内幕

イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。 ところがジャジャーム近郊のその敷地内には、イランの精鋭治安部隊であるイスラム革命防衛隊が建設した極秘の施設も存在する。 イラン政府の元当局者、そしてこの人物がロイターに提供した施設に関する文書によると、ここで生産されているのは革命防衛隊のミサイル計画に用いるアルミニウム粉末。ボーキサイトから製造さ...