「韓国政治」の記事一覧

韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

<文在寅率いる与党の圧勝に終わった韓国総選挙で、開票機やファーウェイ製の通信機器、郵便投票と期日前投票に使われたQRコードなどが不正に操作された疑いが浮上> 4月に行われた韓国総選挙は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の与党「共に民主党」の圧勝だった。だがその後、選挙に不正があったという疑惑が持たれている。 イーストアジア・リサーチセンターによると、不正行為はデジタル面に関するものだ。開票機やコンピューターのハードとソフト、そして中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)が製造した情報ネットワーク...

元慰安婦に告発された支援団体の「腐敗の構図」

<支援者の寄付金を不正に流用してきた──だけではない。いま韓国で、正義連(前身は挺対協)が内紛と不正運営疑惑に揺れている。衝撃の暴露があぶり出す神聖化された組織の深い闇とは> 慰安婦問題は、今も日韓の重要外交課題の1つだ。その解決のために両政府が試みた数々の政策に対して強大な影響力を行使してきた韓国の慰安婦支援団体が最近、内紛と不正運営疑惑に揺れている。 事の発端は元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)による突然の告発だった。自分を含む元慰安婦たちを支援してきた「日本軍性奴隷問題解決のための正義記憶連帯」(...

韓国の元慰安婦ら水曜集会をボイコット 寄付金の不正流用疑惑に反発

韓国の元慰安婦を支援する市民団体の運営を巡り、寄付金の不正流用などさまざまな疑惑が浮上するなか、この団体が毎週水曜日に日本政府に抗議するためにソウルで開いている集会を慰安婦らが20日、ボイコットした。 「正義記憶連帯」として知られる同団体の尹美香(ユン・ミヒャン)前理事長は4月の総選挙で与党の比例代表候補として初当選したばかりだが、政府の補助金を元慰安婦を支援するためではなく、自身の利益のために流用した疑惑で検察の捜査を受けている。 この日ソウルの日本大使館の外で開かれた抗議集会には数十人の学生らが...

韓国の4月雇用者数、1999年以来の大幅減 新型コロナの外出規制が響く

韓国統計局の発表によると、4月の雇用者数は2660万人となり、前年同月比47万6000人減少した。65万8000人減となった1999年2月以来の大幅な減少だった。失業率(季節調整済み)は3.8%で、3月から変わっていない。 新型コロナウイルス感染拡大抑制に向けた外出規制措置が響いた。業種別では、小売業や飲食業の従事者が最も大きな影響を受けた。同セクターの新規求人数は33万4000人減。 洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は、政府が55万人超の雇用創出に向けた緊急計画を策定する方針を明らかに...

韓国、セウォル号沈没事故から6年 政争に阻まれ原因究明はいまだ道半ば

<4月の総選挙で文在寅率いる革新系与党が勝利した韓国。だが今もなお朴槿恵時代のトラウマがつきまとう> 4月16日でセウォル号沈没事故から6年目を迎えた。大型旅客フェリーの沈没で、修学旅行中だった高校生を含む299名の犠牲者と5名の行方不明者を出した2014年のこの大惨事は、日本でも連日大きく報道された。 事故発生日に合わせて、韓国では4月15日にセウォル号の事故を題材にした映画『幽霊船』が公開された。新型コロナウイルスの影響でアート系映画館が軒並み閉館している中でも、この映画は公開初週末までに累計1...

韓国、新型コロナへの強硬な対応と生活費の支援で、与党圧勝

<韓国国会議員選挙が行われ、共に民主党が圧勝した。接戦が予想されたが、新型コロナウイルスに対する強硬な対応と支援策が浮動票の獲得に繋がったとみられている......> 2020年4月15日、韓国国会議員選挙が行われ、共に民主党が圧勝した。韓国の国会は一院制で定数300議席。改選前120議席だった与党共に民主党は180議席を獲得した。新型コロナウイルスが文政権の失策を覆い、与党に勝利をもたらしたという見方が有力だ。 自宅隔離違反者への罰則は1年以下の懲役 韓国で新型コロナウイルスが拡散しはじめた1月後...

総選挙リベラル派圧勝に見る韓国政治の地殻変動

<文在寅率いるリベラル派の与党「共に民主党」が、単独で過半数議席を獲得。新型コロナ対応が国内外で評価されたが、史上初となる4連勝の理由はそれだけではない> 結果は空前の地滑り的圧勝だった。4月15日の韓国総選挙では、文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いるリベラル派の与党「共に民主党」が、300議席中180議席を獲得した。1987年の民主化以降、総選挙で単独の政党が獲得した議席は150議席余りが最多だった。 与党が単独で180議席を獲得した意味は大きい。韓国の制度では、5分の3に当たる180議席を持って...