「韓国経済」の記事一覧

韓国、日本の輸出管理めぐりWTO紛争処理手続きを再開へ 

韓国産業通商資源省は2日、日本の輸出管理を巡る紛争処理手続きの再開を決めたと表明した。紛争解決に向けた両国の協議が進展しなかったとした。 日本は昨年7月、半導体・ディスプレー製造に利用される材料3品目の韓国への輸出管理を導入。これを巡って韓国は昨年9月、世界貿易機関(WTO)に提訴していたが、同年11月、協議をさらに進めるために手続きを停止していた。 産業通商資源省は声明文で「日本政府は問題解決へのコミットメントを示さず、未解決問題の解決に向けた協議は進展していない」とした。 梶山弘志経済産業相は2...

韓国サムスン・イジェヨン副会長を検察が聴取 15年のグループ合併巡り

韓国サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が26日、検察に出頭し、2015年のグループ内2社の合併と不正会計疑惑について聴取を受けた。検察は、李氏が経営権を承継するためにグループ会社のサムスンバイオロジクスの不正会計を自ら指示した可能性があるとみている。 李副会長は、朴槿恵前政権からサムスン物産と第一毛織の合併への支持を取り付けるため、朴前大統領の知人に賄賂を提供した罪に問われ、裁判で審理中。合併は李副会長の経営権強化が目的だったとされている。 2015年の会計処理でサ...

サムスン、イ・ジェヨン副会長がグループ経営権で謝罪 子供への世襲を否定 

韓国サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は6日、グループの経営権継承問題について謝罪し、自身の子どもに経営権は譲らないと言明した。 李副会長は経営権継承を巡り、朴槿恵前大統領の知人に賄賂を提供した罪などに問われており、公の場で発言するのは5年ぶりとなった。韓国最高裁は8月、李被告に対する執行猶予付きの二審判決を破棄し、高裁に審理を差し戻しており、量刑が重くなる可能性がある。 李副会長(51)はソウルの社屋で記者会見を開き「われわれは時に、社会の期待に応えることができず...

韓国、4月貿易輸出は09年以来の大幅マイナス 貿易収支は8年ぶり赤字

韓国産業通商資源省が発表した4月の貿易統計によると、輸出は前年同月比24.3%減となり、金融危機時の2009年5月以来の大幅な落ち込みとなった。ただ、ロイター調査の予想(25.4%減)に比べやや小幅なマイナスだった。 新型コロナウイルスの世界的流行で海外の需要が打撃を受け、経済活動とサプライチェーン(供給網)が停滞した影響が見られた。前月は0.7%減だった。 4月の1営業日当たりの平均輸出(季節調整済み)は前年比17.4%減と、3月の6.9%より大幅な減少となった。 Hiインベストメント・セキュリテ...

韓国ウォン急落 金正恩が体調不良との報道受け

21日の外国為替市場で、韓国ウォンは午前10時半過ぎの取引から急落し始め、一時1ドル=1237ウォン前半まで下げた。 米CNNが北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が手術後に深刻な体調不良に陥っていると報じたことがきっかけ。 北朝鮮情勢をめぐっては、4月15日の故金日成主席の生誕記念日「太陽節」に金正恩委員長が参拝したかどうかについて、北朝鮮の朝鮮中央通信が触れなかったことから、体調不良の観測が出ていた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じま...

韓国貿易輸出、4月1─20日は大幅マイナス 新型コロナウイルスが海外需要直撃

韓国の税関統計によると、4月1─20日の輸出は前年同期比26.9%減少と、3月1─20日の9.3%増から一転、大幅マイナスとなった。新型コロナウイルス感染拡大による世界的なサプライチェーンの途絶や需要の落ち込みが響いた。 輸入は18.6%減。前月は4.0%増だった。 輸出の品目別では半導体が14.9%、石油化学製品が53.5%、自動車部品が49.8%、ワイヤレス機器は30.7%、それぞれ急減した。 国別では中国への輸出が17.0%減、米国向けが17.5%減、欧州連合(EU)向けが32.6%減だった。...

韓国、新型コロナウイルス規制緩和で出勤再開 フレックス制や検温など感染対策を導入

新型コロナウイルスの感染防止に向けた規制が緩和された韓国では、企業がオフィス勤務を再開し、商業施設などににぎわいが戻った。 韓国は、新型コロナの感染拡大が鈍化し、政府は19日、ソーシャル・ディスタンシング(対人距離の確保)措置を16日間延長する一方で、教会での行事やスポーツイベントに対する制限を一部緩和すると表明した。 政府の決定の背景には、日々の新規感染者数が20人程度かそれ以下で、その大半が海外からの入国者という状況が続いていることがある。 韓国疾病予防対策センター(KCDC)によると、19日に...

韓国、3月の労働参加率が2009年以来の大幅な落ち込み 失業率は小幅上昇にとどまる

韓国統計局の17日発表によると、3月の国内失業率は小幅上昇にとどまった。一方、労働参加率は2009年の金融危機以来の大幅な落ち込みを記録し、新型コロナウイルス感染拡大を背景に、労働力人口が縮小していることが示された。 3月の労働参加率は62.2%と前年同期から0.9%低下し、2009年4月以来の大幅な低下となった。 失業率は3.8%。前月の3.3%からは上昇したが季節的な変動範囲内に収まった。 新規雇用は2660万件で、前年同期を19万5000件下回った。前年比割れは2010年以来。 ユージーン・イ...