「食」の記事一覧

中国、飲食店でエクアドル産冷凍エビの包装から新型コロナ検出

中国中央テレビ(CCTV)は12日、安徽省蕪湖市内の飲食店で、南米エクアドル産冷凍エビの包装から新型コロナウイルスが検出されたと報じた。 地元当局の通常検査で確認された。この飲食店では購入した冷凍エビを冷凍庫に保存していたという。 中国当局は7月、エクアドル産エビの検査で新型コロナが検出されたことを受け、エクアドルの生産業者3社からの輸入を停止した。エクアドルの当局者は12日、このうち1社が中国から輸出再開許可を得たと明らかにした。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジ...

中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一部が輸出用に加工

中国山東省の煙台市当局によると、遼寧省大連市の大連港に荷揚げされた輸入の冷凍魚介類から新型コロナウイルスが検出された。冷凍魚介類は煙台市にある3社の事業者が海外から輸入したもので、ウイルスは包装の外側に付着していた。 どこから輸入されたものかは明らかにしていない。 これらの魚介類は一部が輸出用に加工されたが、残りは倉庫に保管されており、市場には出回っていないという。煙台市当局者は、加工済みのものがすでに輸出されたかについては詳細への言及を避けた。 国際貿易港である大連では7月にも、エクアドルから輸入...

東京コロナショック最前線 「立ち食いそば」、品川と五反田の売上回復の差はなぜ?

新型コロナウイルスの影響で、外食業界が大きな打撃を受けている。4月7日には7都道府県を対象に緊急事態宣言が発令され、飲食店には営業時間の短縮が要請された。加えて「ステイホーム」の呼びかけでリモートワークを導入する企業が急増し、都心部の人口は激減。オフィス街周辺にあった飲食店は、完全に干上がってしまった。5月25日に緊急事態宣言は解除されたものの、人の戻りは少なく、変わらず厳しい状態が続いている。 そんな「飲食店冬の時代」に、都心で働く人たちの胃袋を満たし続けてきた立ち食いそば業界は、どう立ち向かって...

イギリス パブを再開しても、ビールは大量廃棄

<イギリスでは、7月4日にパブやレストランの営業が再開となったが、英国版消費税の減税、アルコールは対象外でパブ利用も減少、英国文化のパブに陰り?> パブ再開前に浮足立つ人々 新型コロナウイルス感染症の予防策として3月からロックダウンを実施していた英国だが、7月4日にイングランドで、パブやレストランの営業が再開となった。4日は土曜日だったこともあり、「スーパーサタデー」と表現され、イングランド全体がはしゃいでいるようだった。 ツイッターでは、パブ再開を受けて英国の財務省が喜びのあまり、公式ツイッターで...

理論上10分間で食べられるホットドッグの量は? 世界記録は、いよいよその上限に 

<フードファイターのようにトレーニングを通じて特殊な能力を身につけた人が10分間に食べられるホットドッグの量は、理論上、84本であることがわかった......> 米国のホットドック専門ファストフードチェーン「ネイサンズ」が主催する「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」は、1916年の独立記念日に4人の移民がホットドッグの早食いを競い合ったことが起源とされ、1972年以降は毎年、独立記念日に、ネイサンズの創業の地であるニューヨーク・ブルックリンのコニーアイランドで開催されている。2020年大会では...

奇抜な名前の高級食パン店を大ヒットさせたプロデューサー、そのノウハウを明かす

<高級食パンブームの仕掛け人にして、繁盛請負人。ベーカリープロデュ―サーを名乗る岸本拓也氏は、なぜ独特なネーミングのパン屋を作り、どうやって行列店にするのか。成功の秘訣は「人生の棚卸し」そして「データと感性のかけ算」だという> 「考えた人すごいわ」 「キスの約束しませんか」 「生とサザンと完熟ボディ」 「あらやだ奥さん」 「おい! なんだこれは!」 意味が分からないだろうが、これらは全て、パン屋の店名である。それも、高級食パンの専門店だ。 不思議な店名のパン屋......。一体どんな人が考えたのだろ...

中国、米・カナダ・ブラジルの輸入大豆に新型コロナ安全証明を要求

米国・ブラジル・カナダの当局筋は23日、中国が輸入大豆について、新型コロナウイルスに汚染されていないとする安全性証明書を求めていることを明らかにした。新型コロナウイルスが食品を通じて伝染するとの証拠はない。穀物輸出業者2社はロイターに対し、社として中国の要請に応じるかはまだ決まっていないとし、国の農業当局または業界として統一した対応を望むと述べた。米・ブラジル・カナダの農務省からのコメントは得られていない。食肉や青果の輸出業者は先週、中国の海関総署が中国向けの輸出について安全性証明書への署名を求めた...

中国、米食肉大手タイソン工場からの鶏肉輸入停止 新型コロナ感染で

中国税関総署は21日、新型コロナウイルスの感染者が確認された米食肉大手タイソンの工場からの鶏肉輸入を停止したと発表した。 税関総署はウェブサイトで、タイソンがアーカンソー州スプリングデールの工場で新型コロナのクラスター(感染者集団)が発生したと確認したことを受けて輸入停止を決定したと説明した。 タイソンの広報担当者はロイターに対し、状況の把握に努めているとした上で、タイソンは政府の安全基準に完全に準拠した食品生産を行うため米当局と緊密に連携していると強調。「世界保健機関(WHO)、米疾病対策センター...

定年後、人気講師となり海外居住 可能にしたのは「包丁研ぎ」ノウハウだった

<定年後の生活をどう楽しむか、金銭面の不安をどう解消するか。ここに、独学で身に付けたスキルを生かして活躍する69歳の男性がいる。講師として月15万円ほどを得て、マレーシアにロングステイする生活。それを実現させた凄い「包丁研ぎ」とは?> 「定年後も何かわくわくするようなことがしたい」 そんなふうに考えている人は少なくないだろう。定年退職後の現在、スキルシェアサービス「ストアカ」で、講師として家庭用包丁の研ぎ方を教えている豊住久氏(69歳)もその1人だ。 「ストアカ」とは、個人がスキルを教授する講座を開...

ペプシコ、傘下のホットケーキミックスブランドを名称変更へ 人種差別的との不買運動を受けて

米清涼飲料大手ペプシコは17日、パンケーキミックスやメープルシロップ「アント・ジェミマ」ブランドの名称とロゴの画像が「人種的な固定観念(ステレオタイプ)」に基づくと認め、変更すると発表した。 アント・ジェミマは130年超続くブランド。ロゴのアフリカ系米国人女性は白人の家庭で使用人や乳母として働く黒人女性という人種的な固定観念に根付いているとし、ミネソタ州の黒人男性暴行死を引き金に人種差別に対する抗議デモが広がる中、ソーシャルメディアでは同ブランドを批判し、不買運動の機運が高まっていた。 ペプシコ傘下...