「EU」の記事一覧

メルケル首相「正直、苦痛だ」……相次ぐロシアのサイバー攻撃にEUが制裁

<先月、メルケルの電子メールアカウントにロシアのスパイがアクセスしたことが発覚。相次ぐロシアのハッキングにEUの新サイバー制裁制度の適用が検討された......> 3日、ブリュッセルでの会合で、先月明るみに出たロシアによるドイツ連邦議会ハッキングに対するEUの新サイバー制裁制度の適用が検討された。新型コロナ対策措置の接触制限が3月から続いていたが、初めての対面会議となった。 参加外交官によるとドイツは、EU制裁システムを発動し、ロシア軍事情報局長とそのスパイの欧州内移動禁止と資産凍結を求めている(ポ...

コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速する反EU感情の行く先

<制限解除が進むも経済は戦後最悪に──支援が得られないなか、国内の右派勢力が離脱志向を加速させている> ロックダウン(都市封鎖)開始から2カ月以上。新型コロナウイルスによる死者が3万2000人を超えるイタリアが、ようやく「完全再開」に向かい始めた。 マスク着用などの規定は今夏末まで継続されるが、6月3日から出入国禁止措置が解除され、国内の移動規制も緩和。既にレストランや理髪店は再オープンし、近くジムやプールも営業再開する。 5月16日、一連の緩和措置を発表したジュゼッペ・コンテ首相は引き続き警戒を呼...

EU、新型コロナウイルス治療薬・ワクチン開発に9000億円調達

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は27日、新型コロナウイルスに対するワクチンや治療薬の開発のほか、医療保健サービス提供に必要な向こう4年間分の資金確保に向け、金融市場から77億ユーロ(84億9000万ドル)を調達する計画を発表した。域外への依存度低下も目指す。 金融市場からの資金調達計画は26億ドル規模の緊急基金を補完するもので、実施には加盟各国政府の承認が必要になる。 EUは27日に公表した文書で、「医療用品や医薬品など最も必要とされる物資の輸入に対する過度な依存を低下させるために、欧州...

ロシアの穀物輸出制限が世界の食卓を脅かす

<穀物輸出の調整は国内供給の安定化のためとしているが、影響力を強めたい国々は制限対象外にするなどロシアの政治的野心が潜む> 世界有数の穀物輸出国であるロシアが4月下旬、小麦やライ麦、トウモロコシといった穀物や大豆、食用油の輸出を6月末まで停止すると発表した。新型コロナウイルスの大流行による食料供給網への影響が懸念されるなか、この決定は世界の食卓に大きな影響を及ぼしかねない。 とりわけ懸念されるのが、小麦や食用油の輸入量が多いEU諸国だ。コロナ禍による深刻な不況が予想されるなかでロシアからの輸入が滞れ...

欧州一の反中国家チェコに迫る中国「マスク外交」

<マスク不足を足掛かりに、長らく関係が冷え込んでいたチェコへの影響力拡大を狙う中国。EUとNATOの加盟国であるチェコを通じて西側の結束を揺るがす狙いだ> 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の発生以降、中国がイメージアップのための「マスク外交」に力を入れているのは周知の通りだ。中国は新型コロナウイルスの発生源である上、当初、感染拡大の事実を隠蔽して世界中にウイルスをばら撒いたと非難されているためだ。なかで特別の注目を集めているのが、中国とは疎遠になっていた中欧・チェコ共和国の出方だ。...

仏独、約60兆円規模でEU新型コロナ復興基金提案 返済義務なし

フランスとドイツは18日、新型コロナウイルスの打撃を受けた加盟国への支援として、5000億ユーロ(5460億ドル)規模の復興基金の創設を提案した。 仕組みとしては、貸付(ローン)ではなく供与(グラント)の形で各国に資金を配分。資金の手当ては欧州委員会が行えるようにし、欧州連合(EU)名義による金融市場での借り入れを容認する。また、資金は欧州の共通予算の下で返済する。 フランスのマクロン大統領は「今回の提案は非常に大きな変化をもたらすが、EUやユーロ圏が引き続き1つにまとまるのに必要」と強調。また、提...

スロバキアがコロナ封じ込めに成功した3つの要因

<コロナ対策は万全でなくても死者数は最少──制限緩和も始まった中欧の小国の成功の秘密とは> 人口当たりの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)死者数がヨーロッパで最も少ない国は? 5月6日に制限措置の大幅緩和を発表したドイツでも、反ロックダウン(都市封鎖)戦略を取るスウェーデンでもない。人口545万人のスロバキアだ。 同国で確認された感染者数は1455人で、死者数は26人(5月8日時点)。既に2万人以上が死亡しているニューヨーク州に、スロバキアの死亡率を当てはめた場合、死者数は約90人にとどま...

EU、新型コロナのワクチン確保に向け緊急基金で開発・生産支援も

欧州連合(EU)の欧州委員会は、新型コロナウイルス感染症のワクチン不足を防ぐため、24億ユーロ(26億ドル)規模の緊急基金をワクチン開発・生産支援に充てる可能性があることがロイターが確認した内部文書で分かった。 現在、新型コロナのワクチンは90種以上が開発中で、うち8種は臨床試験段階にある。だが専門家は、完成したワクチンの大量生産は開発と同じくらい難しい可能性があると警告する。 文書によると、欧州委はEUが生産能力を強化し、ワクチンを最も必要とする人から接種を行う計画を立てるべきと考えている。 欧州...

EU、加盟国に新型コロナ感染者の追跡アプリ導入要請 懸念はプライバシー問題

欧州連合(EU)欧州委員会は13日、加盟国政府に対し、スマートフォンを使って新型コロナウイルス感染者の接触者を追跡するアプリを導入するよう求めた。任意利用が前提となる。国境封鎖を解除し、域内の観光・旅行業界を再活性化する取り組みの一環。 個人追跡アプリを採用することで、新型コロナ感染の第2波を発生させることなく国境封鎖が解除できると期待されているが、利用者のプライバシーが侵害され、感染終息後も政府の監視下に置かれるとの懸念がある。 EU諸国で開発されているアプリは近距離無線のブルートゥースを利用し、...

コロナ禍のEU経済を史上最悪の不況が襲う

<ロックダウン対応で経済活動が休止状態となったEU加盟諸国。2020年のEU全体の経済成長率はマイナス7.5%の見込み> EUは5月上旬、コロナ禍がEU史上最悪の景気後退をもたらすとの見通しを示した。 EU加盟諸国の経済活動は、ロックダウン(都市封鎖)などの対応により3月半ばまでに休止状態となった。 その影響で、今年上半期、特に第2四半期に生産活動が収縮。EU加盟27カ国全体の今年の経済成長率はマイナス7.5%となり、失業率は昨年の6.7%から9%に上昇するとみられる。 欧州ではこれまでに150万人...