「ISIS」の記事一覧

アフガニスタン、複雑怪奇なテロ組織の協力と対立の関係を紐解く

<誰と誰が味方? 空港自爆テロにはタリバン一派の影が? 「ISホラサン州」とタリバンの無視できない協力関係> アフガニスタンの暗い過去を思い出させると同時に、新たな暗黒時代の到来を予感させる出来事だった。8月26日に首都カブールの空港周辺で起きた自爆テロのことだ。 8月半ばにイスラム原理主義勢力タリバンが全土掌握を宣言したのを受け、空港周辺は国外に逃れようとする市民と、それを管理しようとする米国や同盟国の関係者とでごった返していた。この爆破テロによる死傷者は米兵13人を含む数百人に上った。 そのメッ...

カブール自爆テロ、ISIS-Kとは何者か

<世界を震え上がらせたあの残忍なISISが戻ってきたのか? 目的は何か?> 8月26日、アフガニスタンの首都カブールの空港付近で2回の爆発があり、米軍の兵士13人とアフガニスタン人少なくとも60人が死亡。米兵18人を含め多数が負傷した。爆発に先立ち複数の国が、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS、自称イスラム国」系の武装勢力によるテロ攻撃の可能性があると警告していた。 米軍の撤退期限を8月31日に控え、アメリカは自国民やアフガニスタン人協力者などの大規模な国外退避作戦を展開している。こう...

フィリピン滞在のサウジアラビア人男性逮捕 中東ISメンバーの入国を支援

<中東=東南アジアを結ぶキーパースン逮捕でテロ勢力弱体化へ> フィリピン国家警察犯罪捜査局が12月初旬にフィリピンに滞在しているサウジアラビア国籍の男性をテロ関連容疑で逮捕していたことが明らかになった。 この男性容疑者は、中東のテロ組織「イスラム国(IS)」と密接な関係があるIS東アジア組織の支援者として、中東からフィリピンに不法に渡航してくるIS関係者などの入国を支援していた疑いがもたれているという。 国家警察は12月9日、フィリピン南部ミンダナオ島コタバト市の自宅にいたサウジアラビア国籍のアデル...

インドネシア、人里離れた集落のキリスト教徒4人惨殺 ISとつながるイスラム系テロ組織MITの犯行

<ISと関連があるテロ組織が残虐な手法で村人が殺害された──> インドネシア・スラウェシ島中部スラウェシ州で11月27日、人里離れた集落が武装したグループに襲われ、住民4人が殺害される事件がおきた。 現地治安当局は殺害を免れた住民らの証言や殺害された4人が全員キリスト教徒であることなどから、襲撃グループは同州ポソ周辺を本拠地として活動を続けるイスラム教系テロ組織「東部インドネシアのムジャヒディン(MIT)」である可能性が極めて高いと断定して捜査を続けている。 MITは中東のテロ組織「イスラム国(IS...

比連続自爆テロ、爆弾製造の容疑者は脱出か 実行犯はイスラムの教えを逆手に利用?

<昨年1月に続き今回も女性が実行犯。未然に防げなかった理由にはイスラム教の教義も関係するという> フィリピン南部スールー州ホロ島のホロ市中心部で8月24日に発生した連続自爆テロ事件。犯行への関与が濃厚とされるフィリピンのイスラム教テロ組織「アブ・サヤフ」の爆弾製造専門家で、今回自爆テロ犯が使用した爆弾の製造にも関わったとされるムンディ・サワジャン容疑者は、仲間のインドネシア人爆弾専門家2人とともにすでにホロ島から脱出している可能性が高いことが分かった。 サワジャン容疑者は「アブ・サヤフ」のメンバーの...

フィリピン連続爆弾テロ実行犯、かつての自爆犯の妻か娘? IS系テロ組織犯行声明との情報も

<1年半ぶりの爆弾テロが発生したフィリピン。犯人は過去のテロ犯とのつながりをもつ者か──> 8月24日にフィリピン南部スールー州ホロ島のホロ市内で発生した2件の連続爆弾テロ事件を捜査している地元警察や陸軍は26日までに死者が16人、負傷者が75人に達したことを明らかにするとともに、現地スールー州全体で厳戒態勢を敷いてテロ実行犯やその背後組織の摘発を進めている。 これまでに中東のイスラム系テロ組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓い、関係が深いとされるフィリピンのイスラムテロ組織「アブ・サヤフ」の関与が...

フィリピン南部で連続爆弾テロ 兵士や市民など15人超死亡か、負傷者も多数

<最近は活動資金を得るため外国人の誘拐などをしているイスラム系テロ組織の犯行か──> フィリピン南部スールー州の州都ホロ市内で24日昼、連続して2回の爆発があり陸軍兵士や警察官、市民ら少なくとも15人が死亡し、約70人が負傷する事件があった。地元警察や陸軍によると、2回の爆発はいずれも「即席爆発装置(IED)」によるものとみられ、爆弾テロ事件として捜査を開始したとしている。 フィリピンの各メディアは速報でこのテロ事件を伝えているが、現在もなお情報が錯綜しており、死傷者数については今後も増える可能性が...

親IS系テロ組織メンバー15人逮捕 インドネシア、独立記念日前の一斉摘発

<間もなく独立記念日を迎えるインドネシア。祝賀行事での新型コロナ感染と同時にもう一つの危機の懸念が......> インドネシア国家警察の報道官は8月14日、対テロ特殊部隊「デンスス88」が中東のテロ組織「イスラム国(IS)」と関係が深い国内のテロ組織2つのネットワーク摘発作戦で15人をテロ容疑で逮捕したことを明らかにした。 インドネシアでは17日が独立記念日であることから同日の前後を狙ったテロの可能性もあるとして内偵捜査を強めた結果、一斉逮捕に踏み切ったとみられている。 国家警察のアウィ・スティヨノ...

インドネシア、IS忠誠組織がテロ 警察官刺殺、容疑者もその場で射殺

<新型コロナと断食月による混乱に乗じてテロ組織の活動が活発化するか──> インドネシアのカリマンタン島で6月1日に警察官1人が刃物で刺殺される事件が起き、容疑者はその場で他の警察官に射殺された。容疑者の遺留品に中東のテロ組織「イスラム国(IS)」の旗に酷似した旗や同志に宛てたメモ、イスラム教の聖典「コーラン」などが残されていたことから、警察ではISと関連があるインドネシアのテロ組織が関与した可能性が高いテロ事件として本格的な捜査を始めた。 マレーシアと国境を接するカリマンタン島(マレーシア名ボルネオ...