「M&A」の記事一覧

地銀再編、セールスフォース、ニトリ……その買収は、強者のM&Aか弱者のM&Aか

<コロナ禍で今後M&Aのニーズが高まりそうだが、その目的が「さらに強くなる」ためかどうかの見極めが投資家には求められる> (※1月5日発売の本誌「2021年に始める 投資超入門」特集より。編集部注:一部の情報は2020年12月末時点のものです) リーマン・ショック以降、活況を呈してきた「市場」の1つがM&A(合併・買収)の分野だ。日本でも2019年には、年間のM&A件数が4000を超え過去最高に。ここ10年ほど、国内外を問わずM&A件数は増えている。 さすがにコロナ禍の影響が大きかった2020年は、...

ニトリ、DCMがTOB中の島忠を買収検討 「M&Aを通じた成長の可能性を検討」

ニトリホールディングスは21日、ホームセンター大手の島忠の買収を検討しているとの一部報道について「島忠も含め、M&Aを通じた成長の可能性を日々検討しているが、現時点で決定している事実はない」とのコメントを発表した。今後、開示すべき事実を決定した場合には速やかに公表するとしている。 島忠も「具体的な提案は受領しておらず、また、決定している事項もない」とし、開示すべき事項が生じた場合は速やかに公表するとのコメントを発表した。 日本経済新聞などは20日、ニトリホールディングスが島忠の買収を検討していると報...

世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

鉱物資源が豊富なオーストラリアとカナダが、自国企業への中国国有鉱業会社による買収攻勢を警戒し、案件審査を厳しくしている。銀行関係者やアナリストによると、こうした規制強化が中国の買収熱に水を差し、産金業界の統合をもくろむ中国政府の役割にブレーキをかけるかもしれないという。 今年になって中国の山東黄金集団や紫金鉱業集団は、カナダ北極圏から南米、西アフリカに及ぶ相次ぐ事業買収を先導してきた。 カナダ政府とオーストラリア政府は最近、こうした中国政府系企業の投資への規制を強めている。新型コロナウイルス危機によ...