「TikTok」の記事一覧

2匹の挙動不審なドーベルマン、植木鉢を倒したのはどっち?

<「こんなに分かりやすい罪悪感の表れはない」と話題に> 目に入ったものは何でも食べ、隙あらば家の中を荒らす。犬は何かと騒々しい動物だ。 ただ、彼らが得意なのは散らかしたり混乱させることだけでなく、反省するのもまた上手なのである。自分が悪いことをしたと分かっていて、許しを乞うためにひれ伏すことも珍しくない。 2匹のドーベルマンの飼い主であるアンバーリー・ザモラがTikTokに公開した映像を見れば、いたずらした後の犬がどんな表情を見せるのかがよく分かる。 @amberlyzamora Let's tak...

「彼には自分のスマホが必要だ」カメラロールで意中の相手を探すゴリラ

<ユーチューブ、ツイッター、次はTikTokでも人気者に> 私たちのDNAの約98%はゴリラと共有されている。米ケンタッキー州にあるルイビル動物園のゴリラ、ジェラーニの好奇心と一連の動作を見れば少なからず納得できるはずだ。 ガラス越しに来園者のスマホを眺めるジェラーニは、腕をわずかに動かす仕草によってカメラロールのスワイプを要求しているように見える。6月20日にTikTokに投稿されたこの動画には、(8月20日現在)170万以上の「いいね!」がついている。 @gertiemusic Wow!!!!!...

スーパーヒーローが乗り出した「政治改革」、若者層の動きが大きなうねりに

<映画スターの政治サイトがZ世代の関心を引き付けている。若い世代の有権者は今後の政治の流れを変えるかもしれない> 米連邦議会の議員ともなれば、事務所には陳情・苦情の電話が山ほどかかってくる。たいていはスタッフが丁重にお引き取り願うのだが、ある男の電話は、ほぼ確実につないでもらえるらしい。 男の名はクリス・エバンス。そう、映画『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ役で知られる人気俳優だ。この6月13日で40歳になったばかりだが、最近は連邦議会議事堂に通い詰め、上下両院の議員たちに話を聞き、今...

【動画】ハイイログマと超至近距離で遭遇、「完璧な対応」で全員無事!

<目と鼻の先を巨大なクマが歩き回るも、落ち着いた声で話し掛け続けたTikTok動画が話題に> 米アラスカ州を旅行中のグループが、森の中で巨大なハイイログマに至近距離で遭遇した動画が、大きな注目を集めている。 すぐ目の前をハイイログマが歩いているという恐ろしい状況だったが、グループは国立公園局の定めるガイドラインに従って完璧な対応をしたようだ。 問題の動画は、8月3日に@mrsb111が動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に投稿。動画はすぐにバズり、再生回数は驚きの1060万回(本記事の執...

それは言わないで…企業の裏側をネットでばらす従業員、止める術はなし?

<TikTokで根強い人気を誇る「裏話系」コンテンツだが、従業員(と元従業員)からの暴露投稿は企業の悪夢と紙一重> 有名企業の従業員や元従業員が店の舞台裏や買い物のコツを紹介する動画は、動画投稿アプリTikTok(ティックトック)で人気が高い。ただし、有名になるためであれ、勤務先への復讐であれ、「バズる」従業員は企業にとって悪夢になりかねない。動画でイタい秘密を「暴露」された企業を紹介すると......。 ■ホリスター ファッションブランドのホリスターで働いていた@annaxjamesが自分の経験を...

【閲覧注意】キラキラ光るクモのお尻、その正体は…

<うっとりしてる場合ではない?> 家の中で珍しいクモを見つけた男性が興奮気味に実況した動画がTikTok上で話題になっている。 投稿主のBamshkiは、珍しいクモを見つけた多くの人が普通そうするように退治してしまうのではなく、撮影を始めた。さまざまな角度から大きな暗色のクモを捉えている。カメラを回す男性は興奮気味に女性を呼び寄せる。 「これはすごい。君も見るべきだ。ほら、見て! キラキラしてるよ」 次のシーンに切り替わると、クモは別の場所に移動している。そして、そのクモはもう1匹ではなかった。男性...

「ホラーかよ…」人形工場の生産ラインで髪の毛、目玉を植え付ける動画が不気味すぎた

<「かわいいは作れる」と言うけれど...> 人形工場の労働者が作業風景を撮影した映像がTikTok上で物議を醸している。 ミシンのような機械で人形の頭部に淡々と髪の毛を植え付け、慣れた手つきで毛並みを揃えていく様子は職人然としているが、どこか気味悪さも漂う。 作業者はゴムボールのような人形の頭部を手で回しながら均等に髪の毛を植え付け、仕上げに頭頂部に2本の線を入れると、これが分け目となる。 @xiangmzxm ##toy ##fypシ ##foryou ##barbie ##manufacturi...

演出? 米ディズニー「アニマル・キングダム」でゴリラたちを釘付けにするヘビ

<次々と集まるゴリラたちの視線の先には...> 米フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の「アニマル・キングダム」で撮影されたとある動画がTikTokで話題を呼んでいる。 @silkystrokesurvivor Gorilla VS Snake ##disneyworld ##animalkingdom ##gorilla ##snake ##3minutes ##3minutevideo ##SilkyAF ##embracethesilk ♬ original s...

インフルエンサーってどのくらい稼いでいるの? ズバリ答えます

<TikTokのフォロワー数70万人のイギリス人女性が「お金の話はノー」という業界のタブーを破る> 今や企業のマーケティングに欠かせぬ存在になったインフルエンサー。いったい彼らはどのくらい稼いでいるのか。大いに気になるところだが、この業界ではお金の話はタブー。 そこで、イギリスのインフルエンサーがフォロワーの好奇心に応えてくれた。 その人の名はスター・ホーロイド。Tik Tok で70万人弱、インスタグラムで5万4000人超のフォロワーを抱える彼女は、今年4月から6月までの3カ月間にソーシャルメディ...

若者からも絶大な人気! TikTokを席巻するシニア世代のニュースターたち

<百戦錬磨の高齢ユーザーたちは、まさに怖いものなし。ソーシャルメディアで愛されるグランマ&グランパ> 動画投稿アプリTikTok(ティックトック)は26歳以下のZ世代のスターを次々に生み出している。アディソン・レイは20歳。チャーリー・ダミリオは16歳。野心的な若者たちがダンスや歌、リップシンク(口パク)、いたずら、寸劇など思い付く限りのことを15秒から1分程度の動画にまとめ、膨大な数の視聴者を集めている。 「ほとんどのソーシャルメディアは若者向けだ」と、TikTokのスターの1人、スティーブン・オ...