「TikTok」の記事一覧

「ホラーかよ…」人形工場の生産ラインで髪の毛、目玉を植え付ける動画が不気味すぎた

<「かわいいは作れる」と言うけれど...> 人形工場の労働者が作業風景を撮影した映像がTikTok上で物議を醸している。 ミシンのような機械で人形の頭部に淡々と髪の毛を植え付け、慣れた手つきで毛並みを揃えていく様子は職人然としているが、どこか気味悪さも漂う。 作業者はゴムボールのような人形の頭部を手で回しながら均等に髪の毛を植え付け、仕上げに頭頂部に2本の線を入れると、これが分け目となる。 @xiangmzxm ##toy ##fypシ ##foryou ##barbie ##manufacturi...

演出? 米ディズニー「アニマル・キングダム」でゴリラたちを釘付けにするヘビ

<次々と集まるゴリラたちの視線の先には...> 米フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内の「アニマル・キングダム」で撮影されたとある動画がTikTokで話題を呼んでいる。 @silkystrokesurvivor Gorilla VS Snake ##disneyworld ##animalkingdom ##gorilla ##snake ##3minutes ##3minutevideo ##SilkyAF ##embracethesilk ♬ original s...

インフルエンサーってどのくらい稼いでいるの? ズバリ答えます

<TikTokのフォロワー数70万人のイギリス人女性が「お金の話はノー」という業界のタブーを破る> 今や企業のマーケティングに欠かせぬ存在になったインフルエンサー。いったい彼らはどのくらい稼いでいるのか。大いに気になるところだが、この業界ではお金の話はタブー。 そこで、イギリスのインフルエンサーがフォロワーの好奇心に応えてくれた。 その人の名はスター・ホーロイド。Tik Tok で70万人弱、インスタグラムで5万4000人超のフォロワーを抱える彼女は、今年4月から6月までの3カ月間にソーシャルメディ...

若者からも絶大な人気! TikTokを席巻するシニア世代のニュースターたち

<百戦錬磨の高齢ユーザーたちは、まさに怖いものなし。ソーシャルメディアで愛されるグランマ&グランパ> 動画投稿アプリTikTok(ティックトック)は26歳以下のZ世代のスターを次々に生み出している。アディソン・レイは20歳。チャーリー・ダミリオは16歳。野心的な若者たちがダンスや歌、リップシンク(口パク)、いたずら、寸劇など思い付く限りのことを15秒から1分程度の動画にまとめ、膨大な数の視聴者を集めている。 「ほとんどのソーシャルメディアは若者向けだ」と、TikTokのスターの1人、スティーブン・オ...

TikTok上で「4月24日レイプの日」を呼びかけ?

<男性グループが一斉レイプを呼びかけているとして、ユーザーの警告投稿が急増。本物の脅威か、それともサイコな都市伝説か> 4月24日を「レイプの日」と称し、レイプや性的暴行を促す動画がTikTokに複数投稿されたという騒動に関し、TikTok側はそのような動画は見つかっていないと述べた。 一部のユーザーによると、ある男性グループが4月24日を「全米レイプの日」と宣言し、その日に犯行に及ぶよう促す動画をTikTokに投稿したという。 これを受けて多くのユーザーが自ら動画を投稿し、身に危険が及ぶ恐れがある...

トランプ政権、TikTok・WeChat禁止めぐる法廷争い継続へ

米アプリストアで中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の新規ダウンロードを禁止するトランプ政権の措置は、法廷での争いが続く見通しだ。 米首都ワシントンの連邦地裁は27日、同日深夜に発効する予定だったTikTokの新規ダウンロード禁止命令を一時差し止める判断を示した。 ウィーチャットについても、カリフォルニア州サンフランシスコの連邦地裁が20日に同様の判断を示している。 それぞれの訴訟で裁判所は、米ユーザーのデータに中国政府がアクセスし、米国の安...

トランプ、TikTokのオラクル提携案を支持 アプリ提供禁止は1週間延期

トランプ米大統領は、中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業について、継続を可能にする案を基本的に支持すると表明した。 また米商務省は19日、TikTokの提携案が完了できるように、20日夜に予定していたTikTokの米国内での新規ダウンロードやアップデートの禁止を1週間延期すると発表した。提携案は対米外国投資委員会(CFIUS)による承認が必要。 商務省が18日にTikTokと対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の米国内でのダウンロ...

TikTokがトランプ政権提訴 取引禁じる大統領令差し止め求める

中国の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と運営会社の北京字節跳動科技(バイトダンス)は18日夜、TikTokに関する取引を禁じる米大統領令の差し止めを求め、米ワシントンの連邦地裁に訴えを起こした。米ブルームバーグニュースが19日報じた。 米商務省は18日、国家安全保障上の懸念を理由に、TikTokと対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の米国内での新規ダウンロードを20日から禁止すると発表した。 ブルームバーグによると、TikTokとバイトダンスは訴状で、トランプ大統領が同アプリを禁...

米当局、TikTokとWeChatを20日から提供禁止 トランプ「急展開も」

米商務省は18日、国家安全保障上の懸念を理由に、中国発の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の米国内での新規ダウンロードを20日から禁止すると発表した。アップルやグーグルなど、米国内のアプリストアでの提供を禁止する。既存のユーザーにアプリの削除や利用停止を求めないものの、アップデートなどをできなくなし、アプリの機能向上阻止を目指す。商務省は「このようなアプリへのアクセスを排除し、機能性を大幅に縮小することによって米国内のユーザーを保護する」とし...

トランプ、TikTok売却めぐり「ウォルマートとオラクルと協議。近く決定する」

トランプ米大統領は17日、中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、ウォルマートとオラクルと協議したと明らかにした。ただ、状況に大きな変化はないとした。 ウィスコンシン州に向けて出発するのを前にホワイトハウスで記者団に対し「きょうウォルマートとオラクルと話した。マイクロソフトもまだ関与しているようだ」と語った。その上で「大きな変化はない。近く決定する」と述べた。 トランプ氏はTikTokの米事業を米企業に売却しなければアプリの利用を近く...