トヨタはアメリカの民主主義を軽視している? ツイッターでボイコット呼びかけ

<1月の米連邦議会襲撃事件を受け、大統領選でのバイデン勝利を認めなかった議員に対する献金を「民主主義の敵」とみる風潮が広がっている> 昨年の米大統領選の結果を認めなかった下院議員に1000ドルの政治献金をしたことがわかり、SNSでトヨタ自動車に対する批判が起きている。 1月6日にトランプ大統領の支持者が米連邦議会を襲撃した後、トヨタは政治献金の見直しを行う意向を示していた。襲撃事件の数日後、トヨタの広報はE&Eニュースに対し、「最近の出来事や米連邦議会への恐ろしい襲撃を受け、わが社は今後の献金の基準について再検討を行っている」と述べたのだ。 だが最近になって、トヨタが2月4日に共和党のアレックス・ムーニー下院議員(ウェストバージニア州選出、共和党)に1000ドルの献金を行っていたと伝えられて問題になった。ムーニーは、議会襲撃事件の直後の上下両院合同会議で、ジョー・バイデンの勝利を認定しなかった147人の議員の1人だ。 襲撃事件を受けて、一部の共和党議員は「トランプが勝った、トランプは選挙を盗まれた」と言うのをやめた。事件を扇動したとして、トランプ前大統領は弾劾訴追された。 だが、政治ニュースレター「ポピュラー・インフォメーション」を発行しているジャド・レガムはツイッターで10日、トヨタのムーニーへの献金についてこう伝えた。「1月6日の後に『わが社は今後の献金の基準について再検討を行っている』と言っていたトヨタが、連邦選挙委員会(FEC)のデータによれば、2月に大統領選の結果認定に反対したムーニー議員に1000ドル献金していた」 UPDATE: @Toyota, which after 1/6 said it would be "assessing our future PAC criteria," donated $1000 to @RepAlexMooney, who objected to the certification of the Electoral College in February, according to a new FEC filing— Judd Legum (@JuddLegum) April 9, 2021 「反民主主義的スタンスにがっかり」 この投稿を受け、ツイッターではトヨタを批判する声がいくつも上がった。これまでずっとトヨタ車を購入してきたというあるユーザーは「(トヨタが)アメリカの民主主義を大事にしないなら、アメリカの消費者もトヨタを大事にしない」とツイート。また、「暴動は支持しない」という自らの意思を今後の購買行動を通して示すと述べた。 #Toyota making me regret my 2020 car purchase... when my kid starts driving I won't be replacing it with a Toyota!! https://t.co/FiA9fNGKbv— Pa que sepas: Mexicans are Native Americans! (@GW27571) April 10, 2021 Come on @Toyota, don't support people who tried to destroy our democracy.This will influence my next car buying decision. https://t.co/HMtUUStNSB— Khashoggi's Ghost (@UROCKlive1) April 10, 2021 .@Toyota chose profits and influence over democracy https://t.co/pt4LfxR0CO— The Lincoln Project (@ProjectLincoln) April 9, 2021 別のユーザーは、この1000ドルの献金がトヨタ車の販売減につながる可能性を指摘。「なぜなら襲撃事件を支持する企業からはものを買いたくないという人は多いはずだ。私たちは忘れない」 また、これまでトヨタを高く評価してきたという人物は「トヨタよ、暴動を扇動した者を支持するのか」とツイート。そして「この件での御社の反民主主義的なスタンスに深く失望した」と嘆いた。 トヨタは本誌へのコメントで、献金する相手の政治家は「自動車産業や弊社にとって重要な問題について、その人が取っている立場に基づいて」決めていると述べた。 またトヨタは「連邦議会議員を、選挙の結果認定に対する投票行動だけで判断するのは適切ではないと考えている」と主張。「徹底的な再評価を元に、発言や行動を通してアメリカの選挙や制度の正当性を傷つけている一部の議員に対しては献金をやめた」とした。 ===== 襲撃事件を受けて、ゼネラル・モーターズやフォードといった自動車メーカーなど多くの企業は、政治献金を一時停止して見直しを行うと発表した。 CNBCによれば、マイクロソフトやグーグル、ゼネラル・エレクトリック(GE)の政治活動委員会(PAC、政治献金などのために企業などが設立する団体)は、大統領選の結果認定に反対した議員に対する献金を22年いっぱい停止する方針を明らかにしている。 だが4月に入ってロイター通信は、フォードが1日から献金を再開する予定だと伝えた。また、大統領選の結果に異議を申し立てた議員への献金も禁止しない考えだという。

「アジア人は禿げない」神話に異変 東アジアで薄毛化加速、中国では20年早まる

<日本を含むアジアの男性は白人男性に比べ、薄毛に悩む割合がかなり小さいとされてきた。しかし、近年のデータは異変を告げている......> アジア人は若く見られるとよく言われるが、薄毛の割合が少ないことも大きな要因となっているのかもしれない。男性に多い「男性型脱毛症」の人種別・国別の状況を調べた従来の調査において、とくに日本など東アジアで発症の割合と進行度が小さいことが判明している。 男性型脱毛症とは、思春期以降に現れる脱毛のパターンとしては男女ともに最も一般的である「AGA」のうち、男性を中心に見ら...

テスラに見る株式市場の先見性、知っておくべき歴史の教訓

<日本の時代があり、中国の時代があり、今はGAFAが時価総額の上位を独占している。このアメリカ企業の時代において、テスラは単なる「世界一の電気自動車メーカー」ではない> 規制により加速する自動車の電動化 2020年9月、米カリフォルニア州は2035年までにガソリン車の新車販売を禁止して完全に電気自動車へ移行し、州内のCO2排出量を35%削減する、という声明を出しました。 全米最大の経済規模と人口を持つカリフォルニアは、歴史的に見ても世界の自動車規制に長年大きな影響を与えてきた州ですので、これによって...

ドリブルデザイナーになり、全てを手に入れた岡部将和は「夢ノート」を書いていた

<プロサッカー選手にはなれなかったが「挫折はしていない」――。今や日本代表選手にも指導を行うドリブルデザイナーが、初めて子供に向けた「マンガ本」を出した。少年少女たちに、自分の武器を見つけ、夢をかなえてもらうために> ドリブルデザイナー、岡部将和──。 あるいはその職業も名前も、初めて耳にしたという人がいるかもしれない。しかし、サッカー界で、とりわけ将来のプロサッカー選手を夢見る子供たちとその親の間では、かなり名の知れた人物だ。 現在、YouTubeをはじめとしたSNSのフォロワーは約240万人(子...

東京都12日のコロナ新規感染306人、前週比121.5% 重症者41人

東京都は12日、都内で新たに306人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 昨日の421人から115人減少したが、先週月曜5日の249人からは57人の増加となっている。7日間移動平均の新規陽性者数では476.1人で前週比121.5%に増加。感染状況はリバウンドが加速している。 この日確認された陽性者の内訳は、 10歳未満:9人(約3%) 10代:25人(約8%) 20代:88人(約29%) 30代:57人(約19%) 40代:47人(約15%) 50代:40人(約13%) 60代:21人...

【動画】インド名物のホーリー祭、今年は「平常運転」?

インド各地で3月28~29日、ヒンドゥー教の伝統的なホーリー祭が開催された。 毎年恒例の行事で、別名「愛の祭り」「色の祭り」とも言われる。 この祭りの間だけは無礼講とあって、東部コルカタ(カルカッタ)でも参加者たちが身分も年齢も性別も一切関係なくカラフルな色粉や色水を掛け合い、春の訪れを祝った。 ===== 圧倒的な濃厚接触、密状態で歌って踊る人々。伝統のホーリー祭はコロナ禍でも平常運転 News Nation-YouTube...