新型コロナで激増「闇バイト」 Twitterで狙われる収入減つぶやく人

「コロナで収入が減った人、稼ぎ時です」 「一日で10万円稼げる高収入のお仕事です」 Twitterで、このような投稿を見かけたことはないだろうか。 「闇バイト」の募集はTwitterで横行している(写真:筆者撮影) 雇い止めやシフト減などで収入が途絶えたり減ったりした人たちには、魅力的な誘いだ。しかし、これらは「闇バイト」への入り口に過ぎない。さらに、向こうから誘ってくるケースも増えている。 闇バイトは「生活苦な人」を狙う 大学生のAさんは「コロナで収入が減って苦しい。仕事がほしい」と書き込んだ後、...

リカバリーサンダル「ORA RECOVERY SLIDE」レビュー:考え抜かれたサンダルはこうも違うのか

Photo:ヤマダユウス型癒やしの靴(回復力+10)。「リカバリーサンダル」ってご存知でしょうか?2018年頃に日本でもジワっと話題になったのですが、ジョギングやトレランなどで疲れた足を回復させることを主眼においたサンダルで、一般的なサンダルよりも機能性を考えられているのが特徴です。運動といえば、自粛の仕事や通勤がなくなって日々の運動量がガクっと減った人もいるのでは? そうして減った筋肉を取り戻す ...

お湯を沸かせて料理もできちゃうケトルなら、パッと用意して片付けもラクラク

シロカの「おりょうりケトル ちょいなべ」は、電気ケトルのように手軽に使える小さなお鍋。1人ならシチューやラーメンを作って、そのまま容器として使って食べることも可能で用意や片付けが簡単。また、40~100度まで細かい温度調整ができ、設定した温度で保温も可能なので、食卓でできたての料理を楽しめます。 ...

米政権の人権抑圧を見た西欧諸国は、アメリカに対する幻想を捨てた

<報道の自由や平和的に抗議する権利を尊重せよと長年、他国に説いてきたアメリカはどこに行ったのか。長年抱いてきた不信が、抗議デモを暴力で蹴散らし、ホワイトハウスを高い塀で囲ったこの一週間で確かな幻滅に変わった> ドイツのアンゲラ・メルケル首相は先日、ドナルド・トランプ米大統領が6月末の開催を目指していたG7(主要7カ国)首脳会議への出席を辞退。イギリスのボリス・ジョンソン首相は、ロシアをG7に復帰させるというトランプの提案を拒絶した。これらのケースはいずれも、欧州の同盟国や友好国がいかにアメリカに幻滅...

「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救おうとする」との研究結果

<アリゾナ州立大学の研究チームは、犬60匹とその飼い主を対象に、犬が飼い主を助けようとするのかを検証した......> 「名犬ラッシー」やアニメ映画「ボルト」など、犬と飼い主との絆を描いた作品は世界中で親しまれているが、犬が「飼い主を助けたい」と思っているのかどうかについては、これまでほとんど解明されていない。 米アリゾナ州立大学(ASU)の研究チームは、犬60匹とその飼い主を対象に、犬が飼い主を助けようとするのかを検証し、2020年4月16日、その研究成果をオープンアクセスジャーナル「プロスワン」...

新型コロナでひとり勝ちのアマゾン──ポストコロナに向けた「無人配送」戦略

<コロナ禍で一変した世界で、コスト削減を進めウイルスに打ち勝つため、アマゾンは無人配送車やドローン開発に邁進する。米経済ジャーナリスト、ブライアン・ドゥメインの新著『ベゾノミクス』より一部抜粋> 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)のせいで外出もままならず、買い物をデリバリーに頼る人が増えた時期、大忙しだったのがネット通販のアマゾンだ。 もちろん、アマゾンはそれ以前からアメリカ人の暮らしに不可欠な存在だった。昨年12月時点で国内のプライム会員は推定1億1200万人。1人当たりの平均...

「Epic Games StoreをiOSとAndroid向けに導入したい」とCEOが語る

Image:ilikeyellow/Shutterstock.comほんとでござるかぁ?最近、『SidMeier'sCivilizationVI』や『GrandTheftAutoV』といった魅力的なタイトルを期間限定で無料配布してきたEpicGamesStore。5月のメガセール時にはアクセスしにくい状況になるほど賑わっていましたね。SlashGearは、このEpicGamesStoreがAndr ...

著名な写真家・起業家チェイス・ジャービスが指南する「創造を生む習慣」

<写真業界で活躍し、世界有数の学習プラットフォーム「CreativeLive」の共同設立者でもあるチェイス・ジャービス。彼はこう言う。クリエイティブになれば幸せになれる。そのために大切なのは「いま始めること」> チェイス・ジャービスは、全米で最も影響力のあるフォトグラファーのひとりとして知られている。これまでにアップルやナイキ、レッドブルといった錚々たる一流ブランドのキャンペーンを手がけ、過去にはエミー賞にノミネートされた経歴を持つ。 さらに、写真共有アプリ「Best Camera」を立ち上げたのに...

東京都、新型コロナウイルス新規感染20人 5日連続で2桁台続く

東京都は、5日都内で新たに20人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 2日に34人の陽性者が出た東京都は、小池知事が感染への警戒を都民に呼びかける「東京アラート」を発動。1日の13人から5日連続の2桁台ということで東京アラートは継続されている。 感染状況をチェックするモニタリング指数は、過去1週間の新規陽性者数の平均が18人(前日18.3人)、新規陽性者に占める感染経路不明者の割合が46.8%(前日46.9%)、週単位での陽性者の増加比が1.54(前日2.03)となっている。 これで都...

若者の現在と10年後の未来:働き方編(後編)──「不公平感の是正」に期待薄でも、女性ほど変革を求めている

<コロナ後の意識変化を独自調査から読み解く。働く場所の多様化や副業・兼業が盛んになる一方で、「仕事と育児を両立できる制度」に対する満足度や性別による不公平感は根強い> *この記事は、ニッセイ基礎研究所レポート(2020年4月20日付)からの転載です。 *「若者の現在と10年後の未来:働き方編(前編)」はこちら 2|若者の状況──30代前半の女性は「女性活躍」、男性は「長時間労働の是正」で理想と現実のギャップ 次に、若者について見ると、「働き方改革」で望まれる項目も、望まれない項目も、全体と比べて、あ...